<   2012年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

もしかして

 幸せな死とは、名誉も地位も財産も無い状態での死を言うのではないだろうか、って突然 思ってしまった。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-10-30 17:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

津浪について。。。

 昨年の震災の1年前にチリ地震津浪がありました。その際には、日本の太平洋沿岸に津浪警報が出て実際に津浪が押し寄せました。
この時の津浪は、北海道の根室半島にある花咲で最初に観測し、時間の経過と共に日本の南岸にその波が伝わっていく様子が見て取れました。

 今年の8/31のフィリッピンの地震の津浪の時には、はやばやと気象庁の津浪注意報が解除になって、その後で、津浪が来襲いたしました。その時は、やはり沖縄の観測所からの情報が刻々とあがってきて、日本の南岸に沿って波が伝わりましたけれど、三陸沿岸付近になると、普段の波の乱れとの区別がつきませんでした。


そして、今回のカナダの地震による津浪ですが、気象庁からは「津浪の影響なし」とはやばやと報道されました。花咲からの情報を見ていきましたけれど、普段の波の乱れとの区別がつきませんで、津浪との判断ができませんでした。逆に三陸沿岸においては、あきらかに津浪とわかる潮位の異常がみられました。
カナダの地震の影響でしょうか。。。津浪のような。。。


 これらのことから推察ですが、地震の震源地と正対する場所に津浪が襲ってきているのかと。なんか、書いていて、当たり前じゃんって言われそうですけれど、つまり、チリの正対する場所は、日本全体であり、カナダと正対する場所は三陸沿岸だったのか、ということです。もちろん、津浪の規模に差があるから、こういう風に見えたのだとは思うのですけれど。

 何度も書きますが、津浪の恐ろしさは、例え1m未満であっても恐ろしい破壊力であることは、もうわかるでしょう。表面からは見えない海の中でも養殖棚には相当の被害が出ると、昔、幼馴染から聞いたことがあります。例え10cmの津浪でも被害が大きいのだ、と。

 災害を侮ってはいけませんね。



<2011/3/10 東日本大震災前日の三陸沖を震源とする地震の津浪のブログ>
畳み掛けるような災害

<2010/2/28 チリ地震津浪の時のブログ>
津波警報発令
潮位-根室市花先
潮位-根室花先 その2
潮位- 津波は高さだけではない 岩手県久慈
「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
お見舞い申し上げます
今となっては、参考値ですが。。。

<2012/8/31 フィリッピン地震の津浪のブログ>
フィリッピンの地震による津波 津波注意報が解除になってから津波が来た?


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]

by WofNaka | 2012-10-29 09:26 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(2)  

カナダの地震の影響でしょうか。。。津浪のような。。。

 潮位は大した幅ではありませんが、太平洋沿岸で潮位に異常がみられます。

八丈島
a0265144_2333457.jpg


千葉県銚子
a0265144_233446100.jpg


岩手県大船渡市
a0265144_23363839.jpg


岩手県久慈市
a0265144_2338593.jpg


千葉県布良
a0265144_2342015.jpg


千葉県勝浦
a0265144_23442859.jpg


神津島
a0265144_2350646.jpg






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]

by WofNaka | 2012-10-28 23:42 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(0)  

震えが夢に

 私の身を按じてくれる親族が計画してくれたのか、私は、狭いところに押し込められた飛行機で大海原の上空を飛んでいた。そこのリゾート地までの17時間の飛行だそうだ。

 着いた先のリゾート地。確かに文明の利器がない場所はリゾート地というにふさわしい土地なのかもしれず、海のそばに小さい建物が1軒あるだけだった。そこに送られた大勢の若者の中に、若い自分もいて、そこでの生活をするための準備をすることになった。リーダーは決まっていない。
私の身を按じてくれた人の意図とはきっと全く違うこの世界。きっと彼らは、私に身も心もゆっくりとくつろいで欲しかったに違いないのだけれど、着いたこの場所は、最初の食事さえままならぬ状況であり、按じた人には楽園に見えたかもしれないけれど、正直、ここは地獄に近い。

 まずはリーダーが必要だと考えた人が集まった。リーダーを誰にするか。ふとジャンヌダルクのような若い女性が立ち上がった。あ、この人を知っている。私の幼馴染。しかも、30歳の初めに他界している人。たしかに彼女であれば、リーダーとしてはふさわしい。
次は参謀か。情報を集めるのなら私が得意、ということで、まず私が名乗りを上げた。もう一人は、こいつも知っている。高校生の時の応援団長だったやつだ。実行部隊の指揮は俺がやると言っている。たしかに任せられる。

 そうして出来上がった執行部。それからは忙しい日々が続いた。楽園にするため、というより、みんなが死なずに生きていけるようにするために。

 そうやって活動して、夕方に水平線に沈む夕日をのんびりと眺められるほどの余裕ができてきたある晩のこと。リーダーから、参謀の2人が突然に解雇される。これから皆で、もっと良くしていこう、と思っていた矢先の解雇だった。変わりに来たのは長身の若い女性二人。
解雇された参謀の2人は、仕方なく、反発するでもなく、その場を引き下がった。

 その意味がわかったのは、その後に行われた文化祭のこと。

 長身の若い女性陣2人の透き通るような高音の歌を聴いた。リーダーは、それを歌わせたかったらしい。確かに昔の参謀では無理だ。

 その文化祭の後で、さすがに気まずいと思ったのかリーダーから歩み寄りの姿勢が見えた。解雇された私たち旧参謀も、もう一度話し合いの場を設け、結果的に参謀の地位に戻ることができた。


 まぁ、そういう単純な夢だったのに、私は、目が覚めるころに悲しすぎて寝ながら泣いていた。
寝言でも泣いていたのかもしれなかった。体もなぜか痛かったし。

 なぜ悲しかったのか。

 それは、夢の中でも、というか寝ていても、体の震えが起きたから。
私の震えは、寝ているときには起きません。例えば腰掛けているときは、立っていれば震える足が椅子によって支えられるため震えません。背中も背もたれで支えられるため震えず、肩よりも上が震えて見えるのです。したがって、寝ているときは手も足も布団についているために震えるはずがないのです。そして、今までは、そういうことはなかった。気がつかなかっただけかもしれませんけれど。
でも、今晩、手が、体が震えていた。寒い時は、それはふるえますけれど、その震え方は、本態性振戦のものとは明らかに違うのです。そのことを知った自分がショックだったのです。

 震えが止まらないどころかひどくなっている。つまりは、2つめの薬が効いていない。
1つめの薬は、痒みが出てしまったから泣く泣く止めたけれど、あれは即効だった。もう私は震えることを忘れて、生きる活力さえ得て自信に満ち溢れたものだった。でも痒みには勝てなかった。そして次の処方であるこの薬。実はてんかんの薬なんだ。私はてんかんはもっていないけれど、それようの薬で震えが止まるらしい。多くを飲めないことも知っているけれど、この薬は、私には合わないし、効かない。

 薬が合わないとか、効かないとか、試行錯誤だ、とかいうのはつらいなぁ。

 核心から離れた円の縁でどんぱちやっているようにしか思えない。

 全く関係のないところで無駄な時間とお金を費やしているようにしかみえない。

 腕に力が入らないから、何もする気にならない。バイクさえ、乗る気にならない、外出したくない。












「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2012-10-28 09:38 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

新しいと言えば、もう1軒。近くにコンビニがオープン

 私が住んでいるここの周辺で、一番近いコンビニは、100円均一のお店でした。
きちんとしたコンビニは、信号の数でいうと3つほど(駅から離れる)東に行ったところと、その近くに「いい気分」と歌うコンビニがあります。でも駅から離れた方向になるので、あるかどうかわからない物を買いたい場合には決死の覚悟で出かけなければなりません。

 10年ほど前には、信号の数で2つ駅よりのところに1軒ありましたし、さらにもうちょっと駅よりに1軒ありまして、結構便利でした。私が懇意にしていただいている銀行のキャッシュディスペンサー(CD)がありましたから便利でした。
でも、次々に潰れていきました。

 話は遡りますが、私は、コンビニの上の階によく住んでおりました。最初は国立のあそこ。住み始めた頃はまだ酒屋さんでしたが、いつの間にか、下だけ大幅改装されて「いい気分」になってました。最初の頃は、私のベッドの頭の所で深夜中「いい気分」の歌を聞かされて、全くいい気分ではなくって、お店と交渉して、11時から翌朝7時まではそのテーマソング等の店内放送を止めていただきまして、やっと「いい気分」になれたとか、その経緯を知らないバイトに文句を言いに行ったりとか、懐かしい思い出です。今はそのお店はありませんけれど。

 そして、今回できたコンビニの上にも住んでおりました。
今回できたコンビニは目の前を通っただけで感謝されているような気分になるようなお店です。

 でも、そこは、もともとコンビニでありました。数字をカタカナにしたような店名でしたけれど、そこも元々は酒屋さんでしたので、お酒だけは潤沢にございましたし、住んでいた頃は大家さんでもありました。ただ、なんと言いますか、行くのを憚ってしまいたいような「いい気分」には決してならないお店で、私の中ではコンビニの数には入れられないお店だったんですね。なんて言いますかね、商品管理の問題でしょうか。一度溶けたアイスを固めなおしたような感じですよ。

 さて、ここに感謝されているような名前のコンビニが今日オープンいたしました。
開店時だけかどうかはわかりませんが、100円均一のお店よりも安いものも多くありましたし、野菜が買える。果物が買える。CDはついている。まぁ、いいお店のように見えましたよ。

 いつまでこの状態でいられるか、というのももちろんありますけれど、ちょっと期待しちゃいますよね。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-10-26 12:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

新しい病院での混乱。。。見えちゃって。。。

 今日は、季節毎とか2ヶ月毎に行っている糖尿病のための血液検査をしに、最寄の掛かりつけの病院に行ってまいりました。(そうです、あの公園の側の)
ここんところ、病院のすぐ脇で、改築工事が行われておりましたけれど、入院患者もいたりして、果たしてこんな状態で入院患者は治るのだろうか、という心配をするような状況ではありました。

 さて、久しぶりに行ってみましたところ、第一期工事というのでしょうか、今まで駐車場だったところに大きな建物が建っておりまして、そこですでに営業を開始しておりました。

 まず、当然のことながら綺麗です。汚れていません。

 全敷地内を縦長にした建物ですので、幅、という点で非常に使いづらそうな状態でした。
まず、廊下が狭い。旧病院の方が広かったかもしれません。車椅子同士がすれ違いできません。
縦に並んだ診察室の前に廊下があって、診察室の反対側の窓側に椅子が並べてあります。
今日はとてもよい天気で、空は雲ひとつありません。日差しも結構ありましたけれど、きっと背中から当たる日差しは、体調を変えるほどに強いでありましょう。逆に寒かったら、凍えるほどでありましょう。もちろん二重ガラスとか使っているんでしょうけどね。(日差しは遮れないと思いますけど)。

 診察室の入り口は一軒ほどの幅で入り口の扉の横に、17インチほどの液晶モニタがありまして、診察室に入ってきてほしい患者さんの番号がでかく表示されておりました。そう、お年寄りにも見えるように大きくね。以前は、患者さんを番号で呼んでおりました。もちろん、患者さんには高齢の方が圧倒的に多いので、看護婦さんも飛び回りながら対応しておりましたけれど、今、飛び回りそうなのはお医者さんです。そりゃそうですよ。診察室の幅が狭いし、廊下の待合室に座れる人数は限られるし、呼びたい患者の番号はそこにしか表示されておりません。液晶で正面なら見えるけど、ちょっと外れると見えません。放送も使っていない。患者が気づく確率は非常に低いと思いました。
痺れをきらした(であろう)お医者さんが、ほとんど毎回、自ら廊下まで出向いて患者さんを呼ぶ始末です。あー可哀想なお医者さん。

 訳のわからない番号の窓口がありました。「予約受付」と書かれたとの窓口なのですが、正直、機能していませんでした。受付が済むと、ほとんどの人がそこに回されてました。まだ診察をしていないのに「予約受け」に回されます。当然、私は予約して検査に来ておりますけれど、また今日の検査のための予約が必要なのかと、かなり不安になりました。私だけではありません。そこに回された方々のほとんどが窓口で「ここに来いと言われたけど」と問合せをする始末。当然、そこの事務員の仕事は捗りません。人の動線に問題があるような気がしました。

 「予約受付」の看板を下ろして「内科受付」とするだけで、患者の戸惑いは減るはずではないかと思いましたよ。


 旧い建物でも、まだ検査とかはやっておりましてね、今日は、そこで採血していただいたのですが、まぁ、いつもの場所なので、ホッといたしました。患者さんの数は非常に少ないので、まるで、休日の病院のような有様でしたけれど、なんかね、ホッといたしました。採血してくれる看護婦さんともいろんな話で盛り上がりましたし。いつもの風景でした。

 まぁ、全館完成するときまで、この混雑は続くのでしょうけれど、大変だなぁ。

 その大変な部分の尻拭いは、結局のところ、患者が負担するんだよなぁ、ってね、かなり醒めた目で見て参りました。

 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-10-26 12:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

そして、車編

 レンタカーまで入れると膨大な台数になりますし、思い出せません。

a0265144_22521030.jpg


 上から、ブルーバードMAXIMA、プレーリー、カローラスパシオ、イプサム。

 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-10-24 22:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

パソコンでやっちゃうとぉ、無線でもやりたくなるぅぅ。【追記】

 1972/10/9のジャコビニジンナ彗星をきっかけに、アマチュア無線の世界に入ったのが1974/10月頃です。今から38年も前のことになりますか。

 こんなに長いことやっているんだから、いっぱい無線機とも出会っていますよねぇ、ってことで、昨日は、パソコンの廃棄の話の中で今まで所有したパソコンの話をしたので、今回は無線機やアンテナの話をしようと思います。

まずは、そのリストから。。。

 凡例)譲:譲られた、買:購入、借:借りた、作:作った

無線機)
a0265144_21155744.jpg


無線機のサイズとして、割合はこんな感じです。
a0265144_21413369.jpg


アンテナ)
 作 IV×4本(3.5、7×3)、
 作 DP×3本(50×3)、
 買 モービルホイップ×いっぱい(3.5、21、50×2、430+144)、
 作 ヘンテナ×5(50、144、430)、
 買 8エレ八木(430)、
 買 10エレ八木(430)、
 買 15エレ八木(430)、
 買 V(HF)、
 作 L×2(50、144)。
 作 変形AWX(144,430,1200)


  変形AWXアンテナと出会わなかったら、今自宅で無線を続けていたでしょうか。

このほか、インターネットを介したしくみとして。。。

 Echolink、CQ100なども利用しています。


 まだまだやってみたいことばかりが、たくさんあるのです。が、なかなか考えるだけで行動に移せないのも事実。環境がそれをさせてくれない、というのもありますが、そこはほれ、アマチュア精神でチャレンジしたいところではあります。








「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村


[PR]

by WofNaka | 2012-10-24 14:49 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)  

積年の。。。

 思えば。。。

 初めて買ったのは、ハンドヘルドコンピュータの①HC-20でした。今の押入れの奥底に眠っていて、でも動きますよ。完動品です。そして次に買ったのが②PC-9801VM2でした。
あの頃のコンピュータってパーソナルと言えども、技術者の物でした。今のように購入してすぐに何かできる代物ではありませんでした。

 そうしているうちに、アマチュア無線の業務日誌を入力するために買ったのがMacの③SE-30でした。これは、技術者の物でしたけれど、購入してすぐに何かはできました。しかも、PC-9801VM2と大きく違ったのはノイズでした。Macは無線機にノイズが全く入りませんでしたので、無線機のそばで可動させていても快適でした。でもPC-9801はダメでした。やりたいこと(業務日誌つけ)と無線が同時にできなければ意味がありません。

 そのうちにPC-9801VM2は仕事で使うようになり会社に持っていって使うようになりました。そのうちラップトップパソコンというのが登場します。④PC-9801NEこれでWindows3.1まで使ったような気がします。これも、押入れに入っていてまだ完動品です。

 その後、MacでTVが見れるということで、⑤Performaを購入します。そうこうしているうちに、Windows95が登場します。ここで大きく迷います。MacにするかWindowsを取るか。でも、仕事柄Windowsを選択し、デスクトップ型の⑥FM-Vを購入します。
この頃、実は結婚して、パソコンが一気に8台、ということになります。つまり私は①~⑥までのうちの5台と、家内が3台持っていたのです。結婚してパソコンが8台って、すごいですよ。

 パソコンがあまりに多いということで、1台を知人にあげます。

 でも、夫婦で同じ趣味でしたからこれで収まるわけがありません。その後、私は仕事柄⑦Libretto70を中古で購入。でもやっぱりあまりに小さいので、⑧FM-V LOOXを購入します。

 また我が家では家族4人が一人1台ずつ持っていました。
 子供がまだ小学生の時は、⑤Performaを使ってもらっていましたけれど、中学生になってからは、長女が⑨NECのデスクトップ。高校卒業後に入ったゲーム系の専門学校のためにDellの⑩ハイスペックモデルになりました。次女は、私のお下がりの誰かに作ってもらった⑪デスクトップPCでしたが、実は次女のPCはTVを見たりするのでハイスペックになっていきました。何年か置きにDELLを2台⑫⑬購入します。
もうぐちゃぐちゃで訳がわかりませんが、こののち、私は、癇癪を起こしてしまって、⑧FM-V LOOXの液晶ディスプレイを粉々に砕いてしまいます。でもその代償は自分で払うことになり、FMVのとても重い安い⑭ノートブックを購入します。それも数年で、液晶がダメになり、今使っているレンタル屋さんから安く購入した⑮OPTIPLEX 760SFへ。家内は仕事柄Macになり、⑯MacMiniを購入。そして、ノートタイプの⑰AirMacを購入するのです。

 並べてみましょうね。

 ①HC-20、②PC-9801VM2、③SE-30、④PC-9801NE、⑤Performa、⑥FM-V、⑦Libretto70、⑧FM-V LOOX、⑨NECのデスクトップ、Dellの⑩ハイスペックモデル、⑪デスクトップPC、DELLを2台⑫⑬、⑭FM-Vノートブック、⑮OPTIPLEX 760SF、⑯MacMini、⑰AirMac。これに実は、⑱Libretto20を拡張した50っていうのがあります。

a0265144_21423141.jpg

 さてさて、大変な量です。これを単純に1台20万円としても、400万円ほどになります。高級車が買えてしまいます。

 でだ、ここからが本題ですが。

 積年の、使えなくなったデスクトップPCとモニタを処分する日が来たのです。それも超安価で。
それを、さきほど梱包いたしまして、宅急便の引き取りを待つのみ、ということなのです。
これで、我が家のベランダや押入れ、廊下がすっきりするのは言うまでもありませんが、感慨深いものがあります。

 積年の。。。わかっていただけますか。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2012-10-23 21:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

こっちへは行けません 交通規制のためグジャグジャ走りに

 昨夜は、調布で季節外れの花火大会があり、狛江に住む友人宅に花火後の鍋囲み会に招待されました。花火大会も招待されてましたけれど、家内が仕事だったので、鍋会からの参加になったのです。

 今回は、出発から帰宅まで「夜」という初めてのケースでして、夜道が怖いのは十分に承知しておりましたので、交通量が変に多かったり、無謀な運転が少ない道を使おうということで、いつもの道(笑、結局、そこかい)を使って向かいました。
花火の終了が19時だったのは知っていたので、20時くらいまでは混むだろうから、到着直前の道は大きく迂回しようと頭では考えておりました。

まず地図を。(青矢印は、普段の走行経路です)
a0265144_10255595.jpg

地図中の破線円が今回の問題の場所です。

そして、そこを拡大したのが次の地図。迂回路と、実際に走ってしまった道です。
a0265144_10273515.jpg


そして、さらに、迷ってしまった道をトレースした地図です。
a0265144_10303475.jpg


 当初の予定の迂回路は、京王線の調布駅から狛江にある病院に行くときに使うバス路線で、信号が多く交通量も多いのですが、確実だし、川からもかなり離れているので影響は少ないと思ったのでした。でも、出発がちょっと遅くなってしまったのです。時間短縮したい、という悪魔の囁きが聞こえた気がしました。この稲城のインターチェンジから鶴川街道までの直線で時間短縮になる方法を選んでしまいました。実は、その先も、規制をやっているとは思っていませんでした。

 ところが、鶴川街道の橋のたもとで交通規制のために20号線方向に強制的に曲げられます。
それでもまだ余裕がありました。さきほどの迂回路の道に出られる確信があったからです。
どこかで必ず右折レーンが現れるはずだと思ったのです。

①ところがどっこい。右折レーンはありましたけれど、曲がったらいきなり細い道でした。あー、って思いました。間違えた。ここはどこ、みたいな。

②仕方が無く、どんどん進みます。ええい、ままよ。

③狭い路地をどんどん行ったら、なんか開けた道に出ました。
そこで警備員に止められます。

 なか:狛江方面に行きたいんですけど。
 警備:狛江方面は花火のために交通規制で行けません。
    鶴川街道に出て20号を使ってください。

 仕方なくそこを左折。

④次の大通りも規制してましたので、仕方なく鶴川街道に戻ることに。

⑤でも鶴川街道の多摩川方面への車線が超混雑していたので、この道の車も超渋滞していました。
見ていると次々と車が路地に入っていきます。きっと抜け道があるのかも。しかも20号に出られるかもしれない。行ってみよう。

⑥やはり狭い路地を入っていきます。このあたりまでは、自分が向かっている方向はわかっていました。このままこの方向に進めれば、なんとかなるだろうと思っていました。
ところがここでも、一方通行に阻まれます。元来た道に強制的に戻されてしまいます。

⑦この辺りから、方向感覚がおかしくなってきます。

⑧なんか広い通りに出ました。本当は、そこで、左折すればいいのですが、規制がかかっていて行けません。まっすぐにしか進めませんでした。

⑨川の方に向かって走ってしまっているのですが、自分では、狛江方向に進んでいると信じています。

⑩とうとう、わからなくなりました。近くに地図があったのですが、災害時の避難経路図でした。でも、今いる場所がその地図にはプロットされておらず、結局、自分たちがどこにいるのかがわかりませんでした。
近くに警備員さんがおりましたので、道を尋ねます。

 なか:狛江方面はあっちだと思うのですが、ここからどう行ったらいいんでしょう。
 警備:狛江は、あっちではなく、こっちですよ。

 なか:えっ。(自分が指す方向と90度も違う)
    (この時点で大混乱になりました)

 警備:こっちに行くと広い通りに出ますから、そこでもう一度考えたらどうですか。

⑪また先ほどの交差点に出たのですが、二度目だ、ということに全く気がついていないのです。
で、やはり20号線を使うしかないのかと途方に暮れていて、もう目的地は難しいからと、帰ろうかとか考えているのですが、多分、帰ろうとしたら、また泥沼になったかもしれません。
道端にバイクを止めて、休憩。

⑫後ろの交差点を振り返ると、なにやら撤去の模様。
もしかしたら交通規制は20時までかも。あと3分待ってみよう。

⑬まずはUターンして、他の車の進み具合を確認。後ろから来る車がその交差点を抜けられたら、こちらも続こう。って家内と無線で話した。
車が規制で止められることもなく、進んだのを見た。

規制解除だぁ、行ける行ける。

⑭しばらく走った後で、あれ、この道知っている。しかも良く知っている道だぁ。でもなんで、こんなにあっさりとよく知っている道で出たんだろう。わからなかった。


 私は根っからの方向音痴ですが、家内はそうではないらしく、私たちが、同じところでぐるぐる回っていることや、同じ交差点を何度も通っていたことに気がついていたらしいのですが、私が、無線をあまり使わずに、どんどん進むものだから、放っておかれたようでした。

 まぁ、私の中では、こんなところぐらいわかる、っていう甘い考えがあったのですが、もし、これが日中だったら、もう少しましな走りだったと思うのです。というか、もうちょっと冷静に考えていれば、京王閣の裏にいたことに気がついたはずだったのですが。。。



 さて、鍋はおいしかったです。話もはずんで、帰宅の途についたのは零時を回っておりました。
もちろん、帰宅コースはいつもの道です。道路は空いているし、信号はほとんど青で止まりませんでした。約20kmの道のりに30分掛かりませんでした。早すぎます。

 ただ、めちゃくちゃ寒かったです。もう冬ですね。

 大変でしたけれど、新たな道も覚えたし、道の癖も覚えたし、いい勉強になったはずです。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ

[PR]

by WofNaka | 2012-10-21 11:07 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)