<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

飲んだかどうだか忘れちゃって、また飲んだ

毎日夜に薬を何種類か飲んでいて、飲んだかどうかつけていたのですが、今日はやっちまいました。

どうしても思い出せません。ほんのちょっと前らしいのですが。

で、結局、飲んでいないことにして、もう1回分飲んでしまいました。

一番やばいのが眠剤。もし間違って多く飲んでいたとしたら2倍ですからね。

もっとも、2倍っていっても普通の人の10分の1ぐらいなんですけどね。


それよりも、ちょっと前のことを思い出せないことのほうがもっと恐かったりしますね。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-29 22:30 | 病気 | Trackback | Comments(2)  

今月後半にFacebookで言ったこと

関東上空に隕石? 大きな音と光、目撃情報相次ぐ - 朝日新聞デジタル

私も過去に火球を見た事がありました。東から真西に飛びました。凄かったですよ。


F35、実戦配備不可能に 初期納入4機 防衛省性能満たさず(産経新聞) - Y!ニュース

ついでにオスプレイも性能検査してみたらいいんでないかなぁ。


イラン、サルの宇宙打ち上げに成功=ロケット技術向上に警戒も(時事通信) - goo ニュース

アメリカもかつてマーキュリー計画の中で、訓練していた7人の候補者より先にチンパンジーを上げたんですよね。で直後にロシアがガガーリンを人類最初に宇宙に上げたのです。「地球は青かった」は有名な言葉です。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-29 21:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

ちょっと、その持ち方は。。。まずいんでないの

 本当はもっともっと長い長いものなのに、どうしてもね、思い出せないんですよ。

 大きな水路のようなところを、私は上司といっしょにそれぞれのヘリを操縦して飛んでいたのです。
と、どこからともなく大きなヘリが飛んできましてね。それはロシア製らしいごっついヘリなんです。で、機体の下に、長さが3mほどの20エレメントほどのアンテナをつけていまして、そのアンテナから長い同軸ケーブルが機体の中におさめられておりました。

 私たちは小さいヘリなので水路が大きいとはいっても飛んでますからぶつかったら危ないので、ちょっとした坂道みたいなところにヘリを移動させて着陸したのです。もう、私もそんなせまいところへの着陸なんてお手の物なんですね。

 ヘリを降りてそのでかいヘリが見えるところまで出かけていきましたら、その機体の下につけているアンテナを一生懸命にいろんな方向に向けようとヘリ自体をぐるぐるまわしているんです。つまりは、その地域のテレビの入り具合をアンテナをまわしながら調べているみたいなんです。
危なっかしいのは、時々、飛んでいるヘリから作業員がヘリの外側に張り付いてケーブルを移動させたりしているのです。

 さて、場面は変わって、私たちの部屋にその技術者とその彼女らしき人が来ておりました。
私はベッドから半身を起こして眠気をこらえながら対応しているのです。

 あまり共通の話題が見つからなかったので、ヘリで使っているアンテナの同軸ケーブルの太さは10Dですか、なんて聞いているんです。10Dというと親指ほどの太さになりますか。そうしたら、技術者は、いやいやそれぐらいのだったらいいんでしょうけれど、って言うので、じゃら、5Dぐらいですか、って聞いたら、そんなぐらいだね、って言うんです。
と、私のベッドのそばに24Dのケーブルが見えました。ものすごく太いのですこのケーブル。しかも黒くてグロテスクだったんですが、その技術者の彼女さん、そのケーブルを手に取って見ているのですが、なんかね、何を考えているのか。。。私にはわかりませんけれど。。。ちょっちょっとその手つきはちょっとヤバいでしょう。その触り方はだからまずいってよ。いくら逞しそうなケーブルだからって。。。


と言ったところで、眠気をもようしてしまい、急速に眠りの中に落ちていってしまった、という夢を見ました。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by wofnaka | 2013-01-28 22:27 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

Mac使い

 最近はMacな私です。
 我が家のパソコン構成は、家内がMacでそれ以外はみなWindowsXPなんですが、それ以外に今使っているMacBookAirがあります。

 実は私は元々はMac派なのです。

 なぜか。

 それは無線機にノイズが入らないからなのです。WindowsのPCはノイズが無線機に入り込むために無線機と一緒に使いたいのに、その置き場を離さなければいけないという矛盾したものになってしまいます。で、無線用のログもHamLogというソフトがあるのですが、私はMacのFileMakerを使ってつけておりました。ところがWindows95が出たときに迷ってしまいました。
それは仕事でもパソコンを使うからなのです。で、迷ったあげく、Windowsを採用。Macから遠のいたのでした。
でも、家内は仕事でMacを使うので最近になってMacを購入。我が家では一人だけのMac使いになっていたのでした。

 最近のMacは使いやすいですよね。昔のも痒い所に手が届くマシンでしたけれど、日本語入力のことえりが使いづらくて閉口いたしました。

 で、このMacBookAirなのですが、今日のようにベッドに一日中いるときは楽なのです。わざわざ机まで行ってパソコンを立ち上げるのが億劫なときはなおのことです。

 で、まぁ、Macを復活させるのもいいかな、とかね、思い始めた訳です。

 ただね、Macでは使えないソフトがいくつかありましてね、主に無線に関係するソフトですけどね。
だから仕方がないかなぁ、とか思っていますけれど。魅力的ですよね、Mac。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by wofnaka | 2013-01-28 21:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

ライブって緊張します

 何ででしょうかね。

 いっつも不思議なんです。

 始まる前はそんなでもないのにね。不思議なんですよ。


 とは言っても、私は聴く側なんですけどね。

 常連と言われるほどライブの度にわくわくして出かけているのに、演奏が始まるととっても緊張してしまうのです。


 話は変わるのですが、中学生の時にアマチュア無線の免許を取得したのを機に、周囲が機械に詳しいんだろうと勝手に判断して放送委員を押し付けてきた。おかげで、普段生徒が関わらなくてもいいイベントに先生方の変わりとして裏方としてよくかり出された。高校生になってもそれはあって、裏方としてイベントを支えるということに使命感をもって取り組んでいた。

 そうかぁ、この頃からなんだなぁ、私が裏方の方が居心地がよくなったの。

 だから、学校の行事の時には事前の準備を勉強よりもしっかりやった。大変だったけれど楽しかったものだ。で、行事の当日何もしなくて良くなったときなどは、客席側にいても落ち着かずに、行かなくてもいい放送室に居たりしたのだ。

 そうなのかも。客席は落ち着かない場所なのかもしれない。




 だから目を瞑っていることが多い。寝ているわけではない。こんなに緊張しているんだから、寝れないしね。しかも寝たら失礼だしね。寝るほどの下手な人の場合は、敬意を表して表に出ちゃうしね。何回かあるけど。

イベントが終わるまでの緊張は、仕方がないかな。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-27 15:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

私は 何を聴き、何を感じたかったのだろうか

 昨夜は、アコギのライブがありましたけれど、他の予定とぶつかってしまって、正直聴きにいけるとは思っていませんでした。それが、他の予定が少し早く終わったのと雨が降っていなかったのでバイクで駆けつけ、なんとか聴くことができました。

 家内が先に駆けつけておりましたので、座席は確保されていました。それも歌い手さんのまん前。手が届くような距離でした。
零下の外から逃げ込むようにライブ会場の「ばくだん畑」に到着。もうヘルメットを外しただけの格好でステージ正面の席へ。

 昨夜は、久しぶりに都内で活躍している(?)グループが来ていた性か、客席の雰囲気が全く今まで(立川風)とは違ったのですが、違ったのはそればかりではなかった。

 立川風な和気藹々な雰囲気が好きなのか、と聞かれたら、それも違うと答えるだろうし、では昨夜の雰囲気がいいの、と聞かれたら、どうなんだろうと、結局わけのわからない答えにしかならないんだと思う。

 入っていったら最後のグループの麻衣子さんが歌っていた。間に合った。

 パンフレットでは、今までの「May-ka」にはなっていなかったので、想像はついていましたが、麻衣子さんが一人で歌っておりました。もちろんアカペラではありません。
座席の関係からか、ぼわーんとした音でしたけれど、演奏が聞こえてきていました。そのもの自体は悪くないでしたよ。歌もいろいろとアレンジされていて、いろんなことに挑戦してんだなぁ、ってのが伝わってきました。

 もう何回も、この「May-ka企画」でのアコギライブを聴きにきていますので、いろんなところでの参加者の努力や挑戦をみてきました。ま、今回のもきっと大きな挑戦だったのかもしれませんね。もちろん、照明や音響などをライブ会場が変わってもうまくやってみせるのは相当な技術が必要なのだと思います。そういうところは、温かく見守っていくスタンスには変わりはありません。

 って書いていると、なんかなぁ、どうも批判的に見えるですかね。

 なにか言いたいことがあるでしょう。みたいな。




 ま、あるのですよ。

 リアルタイム性があったか。


 ライブって何? で調べてみましたが、最初にヒットしたのが。。。

 「録音や録画ではなくリアルタイムであることを強調した演奏会」。


 前述しましたが、音響や照明、その他の前面には出てこないところでは、リアルタイム性が発揮されていたとは思うのです。私も、少しはわかります。


 ま、そんなところでしたね。






 私はよく、小説を読んでその映画化されたのを観たり、逆に映画を観てその原作を読んだりするのが好きなのですけれど、今までのライブが小説で、登場人物も背景もよくわかる。昨夜のが映画に見えたかなと。
はらはらさんのギターのフレーズのところは、前回まで一生懸命に麻衣子さんをフォローしながら弾いていたのを思い出しながら聴きました。あれはとても素敵なんですよ。麻衣子さんへの愛情さえ伝わってきます。



 ま、遅れて会場について、背景を知らずに聴いた、ひとりの感想ということで。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-27 09:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

本の処分

 今までにも購入した本を処分することがありましたけれど、今回はかなりの量になります。
 なぜ処分するのか。本棚に入りきらないからです。本棚に入りきらないけれど持っていたい本は、段ボール箱の中に入れておりました。
昔は、本は、探せばかならず見つかる、それも簡単に見つかると思っていましたけれど、最近、売れない本はどんどん処分されるようで、店頭に残らないものなようなのです。それで、これは貴重な本だ、ということで後生大事に持っていたりしておりました。
それでも、もう絶対に読まない、という本や、ボロボロになってしまったもの、あとあと文庫本が出そうなハードカバーの本などは、今回処分することにしました。

とりあえず、ボロさ加減で廃棄するものと、古書として売るものとに分けまして、結果、2箱あった本を1箱に、つまりは1箱分を処分しました。

意外に意外だったのは、好きで多く買った吉村昭さんの本、市川拓司さんの本、が多かった。
好きなんだけれど、愛読書にならなかった本たちですね。市川さんの本には、本当にボロボロになるまで読んでいる本と、全く勘弁してよ、という本との差が激しいですね。先日買ったばかりの本でも、もう読むのを諦めてしまったもったいないものもあります。本当にもったいない話です。
でも、まぁ、仕方がないですよ、これだけは、相性だと思うので。

また、第2弾をやるかもです。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-26 09:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

題名をつけられない夢

 昔ぃセブンイレブンの2階に住んでおりましたけれど、昨夜はそこが舞台でした。
何やら外は台風が来ているみたいで、雨風ともすごくてごーごーざーざーいっていました。
で、私は、その部屋の中で、なんの不安もなく、外を眺めたり、しておりました。
しばらくして、外が静かになったようなので、買い物に出かけるために外に出たのですが、すぐ下に行くからっていうんで、ドアに鍵もかけずにでましてね、でも結局、不安になって部屋の前まで戻ってきたり、そんな夢でした。


 もう1本。

 若い漫才師が、なぜか部屋におりまして、一人は、寝起きがとてもいいのか、すっきりとしゃっきりと起き上がって、仕事に出かける準備をしているのですが、もう一人は、朝に弱いらしく、いくら起きようとしても起きられないんですよね。相方がいろいろと世話を焼いてくれているのですが、どうにもダメで。。。


 そんなところで目が覚めました。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]

by WofNaka | 2013-01-21 22:10 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

PCX 燃費報告(2013/1/20) 2ヶ月ぶりの給油

スタンドが2月に危機に遭遇するらしい、という噂があったので、早めにガソリンを入れてきた。

 4月頃 41.0km/L
 5/30 39.0km/L
 6/13 45.5km/L 
 6/28 45.0km/L
 7/13 42.7km/L
 7/23 46.7km/L
 8/01 45.0km/L
 8/10 44.2km/L
 8/20 43.7km/L 街中渋滞多め
 9/05 44.6km/L
 9/10 53.3km/L 山に行きました ・・・メーカー性能値を超え
 10/2 43.0km/L 近場ですけん
 10/15 43.6km/L 検査入院したですけん
 11/22 39.3km/L 近場しか走っていませんでしたけん
2013年
 01/20 40.2km/L 今回も近場だけ

 ちなみに。。。

 2012/02月~05月までで、約200km走行
 2012/06月        357km
 2012/07月        512km
 2012/08月        480km
 2012/09月        412km
 2012/10月        232km
 2012/11月        190km
 2012/12月         46km
 2013/01月  1/20現在  51km

 となっています。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ

[PR]

by WofNaka | 2013-01-20 18:46 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

田舎とは有難きものなり

 母が逝って2年を過ぎ、盆正月にも帰省しなくなってしまって久しい今日この頃。

 田舎より果物が送られてきました。

 私がこの世に生まれ出てくることが縁で、実家の近所に住むことになった小母さんからの贈りものでした。近所に住んでいても、私の東京での住所がわからなかったので、送れなかったと、手紙も添えられておりました。

 まるで、母からの手紙のようでした。

 早速電話。

 懐かしい小母さんの声。いつもの声でした。

 りんごだけだと思って箱を開いていくと、中からキウイもたくさん出てきました。そして、お手紙も添えられておりました。慣れないらしい手紙を、一生懸命書いてくださったようでした。

 実は、陸前高田のりんごは美味いのです。
 以前、青森のりんごが美味しいからって、青森に出かけた折、わざわざ青森のりんごを買おうとした方がいたそうです。りんごやさんと話をしているうちに、どこから来たのか、という話になり、その青森のりんご屋さんが言ったそうです。「青森のりんごも美味しいけれど、陸前高田のりんごの方がもっと美味しい」。

 私もそう思います。

 写真を載せます。
 早速切ったりんごと、キウイ。もっといっぱい頂いたんですよ。
a0265144_17242152.jpg


そういえば、今日は母の月の命日でした。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]

by WofNaka | 2013-01-19 17:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)