World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2013年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 時間をつぶそうとしていたんだ。

 電車に乗って、時間をつぶそうと思って中央線に乗ったつもりだったのに、どうやら南武線に乗ったらしい。しかも、次の駅で何を思ったのかおりてしまった。ここには何もないよ。
それでも、駅前の小道を歩いていたらあまり大きくない百貨店があった。
時間を潰そうとしていたので中に入って、そうだ時計を見ようと。

 時計を見たんだけれど、私が欲しい時計はない。みんなごつい男物の時計ばかりだ。
では、自分が欲しい時計は何なんだろうと思いを巡らせるも、結局どんな時計を欲しいのかは頭に浮かばなかった。結局、そこもすぐに出て、山の方に続く裏道を歩いて行った。

 突然、周囲が開けた場所に出た。目の前に、1本の長い道が見える。山裾をなだらかに隣町まで続く砂利道が。そして、もう1本。道とは言えない、単に、今いる尾根から原っぱを通じて駅方面に戻る道だ。

 と、前方から、どどどど、って音がする。

 親子熊が、何かから逃げるように走ってこちらに来るのが見えた。

 やばいじゃん。

 私も逃げなければ。

 でも身体が動かなかったので、物陰に隠れてやり過ごそうと思った。

 熊の親子が目の前に着たときに、すぐ近くから、男性二人が「熊だぁ、熊が出たぞぉ」って一生懸命騒ぎ始めた。私だけではなかったのか、ここにいたのは。
私も一緒になって叫び始めた。

 すると熊の親が、突然、こちらを見据えた。瞬間、男性二人の姿は掻き消えてしまって、私と熊がほんの1mほどの間隔で対峙することに。

 やばいじゃん。

 私は熊にむかって「お前がこのあたりで最強と恐れられているあの熊か」と言っている。

 通じているとは思えないんだけれど、その熊の顔だけはある女性の芸人の顔にそっくりだった。

 当然ながら反応がない。

 あまりに距離が近いので、こちらから仕掛けた。

 熊の両腕をつかんで、原っぱの方に放り投げた。

 でも、熊って登りに強いんだったことに気がついた。なんか形勢が不利。

 今度は足蹴りを。

 なんか、隣で寝ていた家内がうめき声を。

 あれ、現実で蹴飛ばしたかな。そのあたりから、夢かもしれない、と思うようになり、いつのまにか目覚めていた。夢で良かった。あのままだったら、確実にやばかったんだ。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by wofnaka | 2013-02-28 06:59 | 夢の話 | Trackback | Comments(2)

発掘作業

私の今の仕事は、恰かも恐竜の発掘作業に似ている。刷毛で土の上を少しずつ掃いては、そこに確かにあるはずの骨を探している。

ここに埋まっているのは経験からくる勘でわかるものの、見つけた骨が体のどの部分かまでは、残念ながらわからない。でも、確かにあるのだ。
顔を上に上げた時に風が吹いて、せっかく掃いた砂を元の場所に戻してしまったり、骨かと思ったのに岩で遮られていたりすることもある。
そんな時でも焦らずに自分を信じてまた刷毛を動かす。

なかなか結果が出ない作業で、時として聞こえない声を聞いてしまって暴走したり、考えが頭の中を巡って苦しむこともある。
以前は、なかなかそれに気がつかず悩み苦しんだけど、今は気がつくのがいくぶん早くなった気がする。

今の仕事に比べたら、前の仕事は、箱に入った骨を整理していたに過ぎないかも。最もそれも大事な仕事だったんだけどね。

まだまだこの作業には時間がかかるけど、やっぱりそろそろ形にしないとね。

自分を忘れずに。

牛が確実に前に進むように。
[PR]
by WofNaka | 2013-02-27 19:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)
 過去に連載(?)された小説で愛読書となっているのは、かなり多いのですが、3回連載となると片手に余る。すぐに思い出すのは、ジュラシックパークかなぁ。でも、年にそうそう何度も手に取ることはない。せいぜい、何年かに1回程度だ。

 で、今回、「神様のカルテ」に嵌っています。

神様のカルテ (小学館文庫)

夏川 草介 / 小学館

スコア:



神様のカルテ2 (小学館文庫)

夏川 草介 / 小学館

スコア:



神様のカルテ 3

夏川 草介 / 小学館

スコア:



 珍しく、最初は映画で観ました。
 主演が、桜井翔、と、私がファンの 宮崎あおい。

 最初、宮崎あおい の動きがぎこちなくって、役柄が合わないのではないかと不満だった。
で、原作を読みたくなって買ってしまったのが「神様のカルテ2」だった。
2冊とも似ているので、間違えてしまったんだ。

 で、この二人を思い出しながらの「2」は感動ものでした。本を読んでいると、確かに、宮崎あおい の役でぴったりなんですね。それから「1」を読んで、続けて「2」そして映画を観て「1」を読んで。。。もうこうなると「3」を読みたくなるのですが、文庫本では出ていないのです、まだ。書店の前を文字通り、何日も行ったり来たりした後で、「3」を買いました。
そしてまた「1」を読んでいます。

 嵌りますよ。本当に。夏目漱石風の台詞が小気味いい。文章がだらだらしていなくて、しかも小説全体の雰囲気がやさしさに包まれておりますので、私はずいぶんと癒されております。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by WofNaka | 2013-02-26 22:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)
 しばらく休んで出社しようとした日の朝にこんな夢を見た。ちょっと不謹慎かな。

 大きなガラス張りで、朝の光がさんさんと降り注ぐ見慣れないオフィスの中で、パソコンに向かってなにやら仕事をしている私。かつての同僚が作った新しい会社だ。
新しい会社で社員も若々しくって活気があるんだけど、でも新しい仕事の受注はまだできていないようなんだな。その中で、私自身も社員というよりも、「どう、仲間に入らない」的な乗りで誘われたみたいな感じ。まだ契約もそこそこに、周囲の雰囲気に溶け込みそうで、溶け込めていない。

 それはそうだ、今派遣で行っている会社には何も話してないからな。

 つまりは二股かけているってことだ。

 こんな中途半端はいやだぁ、って思っていたら、目覚ましで起こされた。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-02-26 21:58 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの44km

 実は昨日の5カ所目の通院時に、バイクで出かけました。
 4日で5カ所の通院は、さすがに「うげ」だったのですが、家内が、ここで行かないと後悔するというのです。まぁ、私もその意味はわかっていましたけど。ここで行かないと、何れにしても行かなければならないいつの日かまで、長い間苦しむ、ということだからですね。

 なぜ、行きたくなかったか、というと、前日にも他の科の診療のために同じ病院に出かけていたからです。往復の交通費が千円もかかる病院に。
前日は、眠剤が効きすぎていたので、ふらつくは、気持ちが悪いは、眠いは、寒いは、でしたから、当然バイクは無理なのです。ただ、家内がお休みだったので、家内と一緒に出かけられるし、前日の診療は半年の定期検診だったし、そこの病院では半年を越えると初心扱いになる、という制限があったから、行かないわけにはいかなかったのですね。

 で、その翌日。また同じところに出かけなければ行けない。それも一人で。
でも、幸いなことに、薬が抜けていることはわかっていたので、前日のあの不快感がなかったんですね。会社にでも行けそうなほどの元気だったのですよ。つまりは。
で、自分へのご褒美も含めて、バイクで出かけたのです。

 寒かったです。当時の気温は2度。日中は7度まで上がる予定でしたが、南からの風が強いという予報でしたから、そこにかけました。片道20kmなんです。
2/3ほどのところで、寒すぎましてね。失敗したかと思ったのですが、もう引き返せませんし、行くしかなかったのです。

 予定通りに病院に着いたのですが、予約もなしで出かけていますから、きっと待たされるだろうと思ったのですが、そんなことはなく、1時間ほどで診察していただけました。

 帰りは、それほど寒くなくって、久しぶりに長い距離を存分に走って参りました。
多摩川沿いの道は信号がほとんどないので、5kmほどを全く止まらずに走れたりするのです。都会ではないみたいですよ。もちろん、法廷速度内ですが、すり抜けもしませんし。

1回追い越されたかな。急いでいるようだったから、追い越させてあげちゃった。
まぁ、技術を持っていれば追い抜けばいいし、できないんなら煽らず付いて来い、みたいな感じですかね。
 久しぶりでした、44km。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ

[PR]
by WofNaka | 2013-02-23 11:31 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

バックアップ&リストア

 昨夜はあれとこれを1/4ずつにして併用したために、ここんところとしてはよく眠れたと思います。もう少し少なくしたいところですが、これ以上、分割は無理です。あとは粉末にするしかありませんが、そうなると量を測らないといけなくなります。何をやっているのかわからなくなりますね、こうなると。

 さて、仕事の夢が続いていますが、今日もそうでした。しかもここんところの一連の夢に出てくるのはみな、いつも見慣れている同僚たちです。

 今日は「バックアップとリストア」です。

 バックアップの仕組みを作ってバックアップのテストはするけど、リストアのテストをどうするか、というのが、今までの仕事でも多くぶつかる作業上の問題ではあります。答えは簡単。「やる」ですが、現場の人たちがいやがるのです。
なぜか。
元に戻す環境をもう1セット作らなければいけないからでして、そのための費用が馬鹿にならないからですね。もっとも1セット内で両方できてしまえば、全く問題ないのですが、このバックアップ&リストアなんて、総合テストでの項目で、開発当初には慣れていないと頭には浮かばないものなのです。
で、過去にもこういうことは多くありましてね、結論から言えば、やらずに済ましたときは、後で大きな問題になって、大変なことになりました。やった場合、当然、なんの問題にもなりませんでした。
つまりは、やらなければいけないことはやらなければいけない、ということなのです。

 さて、夢の話でしたね。

 今回も、まさにリストアをやる、やらないで大揉めになったという内容でした。
なぜ、リストアをやらなければならないかのリストアップを、私が夢の中で思い出すという役割でした。メモする場所がありませんから、何度も何度も同じことを思い出して、目が覚めても同じことを思い出してしまいました。

 きっと、来週出社してもこのことは、解決せずにいるのかな、とか思いながら。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-02-23 10:09 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

寝息でこの夢かよ

 ここんところ仕事の夢を多く見ていますが、今朝もそうでした。

 お客様からの電話に珍しく出てしまって、事情がよくわからないのに出てしまったために、謝ることになるのですが、その謝り方が悪いとまた怒られて。。。
会社のビルのフロアの端っこの眺めがいいところに立って、一生懸命謝っているのでした。
そのお客様、女性の方だったんですが、ちょっとどもってしまうところがあって、なかなかうまくしゃべれないのです。そのうち自分の名前も話せなくなって、壊れたレコードみたいに同じ音が聞こえてきたのです。何度も何度も、何度も何度も。

 そうしているうちに目が覚めたんですけれど、まだ聞こえました。

 よくよく聞いていると、家内の寝息でした。

 まったく紛らわしいことこの上ない。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-02-22 21:05 | 夢の話 | Trackback | Comments(4)
 このうち、定期検診っぽいのは2カ所。

 糖尿病は前回診察していなかったので、ちょっといやなんだけど診察を受けて、次回の検査と診察の予約を。もう1つは、結石の経過観察。
主治医の先生に、暮れに術後1年経過した話をブログに載せたら、忘れるなと言わんばかりに痛みがあって2回石が出た話をいたしましたら「えーせっかく全部取ったんだぞ」との残念そうなお言葉を。
まぁ、検査結果は良好なので、また半年後の再会を約束して終わりました。

 残りの3カ所が問題です。
 三者三様でしたけれど、結果から言って、今までの薬と変更する薬をしばらくは併用することに。
お医者さんからは半分ずつ併用と言われたのですが、とりあえず、1/4ずつの併用から始めることにしました。で、さきほど、薬を1/4に割る作業をやりました。ニッパで。なかなか骨が折れる作業でした。
 水曜日に飲んだ薬が結局30時間ほど効いてしまったのですが、今朝はやっと薬が全部切れて、爽快感の中で目覚めることができました。ふらつきも眠気もなくって、久しぶりにリセットされたいい気分でした。でも、薬を飲んでいない状態ですので振り出しに戻っただけなんですよね。

 また今晩から試行錯誤(人体実験)の再開です。

 これで、今週末を乗り越えれば、週明けから仕事に復帰できます。


 そのはず。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by WofNaka | 2013-02-22 20:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)
 今回の一連のことを思い返してみてみようと思った。

 12月から仕事をするようになって、2月から身体的な症状が出てきた。

 まず精神的な焦りはあった。
 そろそろ結果を出さなければ、みたいな、根拠のない焦り。
仕事に関して今までとは違う分野だということもあり、あまりに仕事への理解に時間がかかりすぎているような強迫観念に襲われていた。新しいものに挑戦したことへの疲れもあったかな。今までのやり方ではできないかもしれない、というストレスやら、時給やら。。。

 新しい身体的な症状があった。
 頭痛、首痛、目の疲れ。
眼鏡は通常用と読書用とを持っていて、読書用はパソコンやiPhone系の携帯を使うときに有効な眼鏡であった。今まで利用度は9:1にも満たないほどだった。それが、一日平均7:3、仕事時間内では4:5とか、3:7以上の時もあった。日によっても差があって、8:2で行ける時と、2:8という日もあった。
 首痛は、16時半を過ぎると出てきて、それ以上どうにもならないという日もあった。
今までは睡眠障害による身体のだるさがあっても、首痛や頭痛はあまりなかったから、それへの対処方法を持っていなかった。

 正直なところ、19時まで仕事をして帰る、というのが厳しい状態だったが、仕事の量はそれ以上だった。というよりヘルプデスク関係の仕事が定時頃に集中するのが首痛に拍車をかけていたように思える。

 でも、でもでもだ、どの仕事も過去の出荷判定作業から比べれば、それほど過酷な仕事ではなかったはず。そう、あれが1日2件も入ったとき、3件になったときの過酷さから言えば、それほどのことはない。もちろん、毎日がそんな状況ではなかったけど。

 そこで、はた、と気がついたことがある。使用しているディスプレイの輝度だ。
輝度が目に与える影響が大きかったり、睡眠に与える影響が大きかったりするということ。
実は、当初はノートパソコンを使用していたが、仕事の関係からシンクライアントでも十分ということになって、大きなモニターを使うようになった、ところまでは良いのだけれど、そのモニターの輝度をどうしても調整できずに最大輝度のまま仕事をしていたんだった。
初めは慣れずにまぶしさを感じていたけれど、最近は、ほとんど気にならなくなっていたんだった。
あんなにも眩しかった高輝度を気にしないぐらい身体に鞭を打っていた可能性があることい気がついた。

 意外に意外、もしかしたら、今回の根本的な原因はこれかもしれない。

 それからやはりiPhone系の携帯。字のサイズが小さすぎる。
電車の中での読書。読書用の眼鏡は、本当は、電車の中での読書のために作ったのだったけれど、実際にその利用は難しい。眼鏡を朝の混雑した車中で交換することは難しいのだよ。かと言って読書用の眼鏡で歩くことはできない。見えないから危なすぎる。結果、本を離して読むことになる。それなら読めるけど。通勤時の読書は必須なのです、私の中では。携帯は不要だけれども本は必要。


 さて、眠剤は、ともかく量を減らして望むしかないか。寝られるはずなのだ。今回の眠剤の変更は、この件の検証ではないから。
なんとか、週末までに調整して、出社後にモニターの輝度を下げて仕事をしてみよう。きっと首の痛みは出なくなるはず。頭痛もなくなるはずなのだ。

たぶん。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by WofNaka | 2013-02-21 18:56 | 日記 | Trackback | Comments(2)
 大型バスに乗った高校生の遠足に同乗した。
 行った先は、小さい会社が入った工場のビル。

 1フロアの高さが20mもあるほどの空間の中に、小さい会社の工場がいくつもあって、それが何フロアもあるみたいなの。それぞれの工場はフロアの床にあるだけではなく、組まれた足場の途中にあったりして、歩いて足場を踏み抜いたら、真っ逆さまに落ちて命を落としそうなほど危険な場所。しかも、足場に手をかけると外れてきたりして、とっても怖い場所なのです。

 バスの運転手は相当その駐車場になれているらしく、バス1台がギリギリはいるほどの空間に、凄いスピードでバスを突っ込んだりして、方向転換をしている。まるで夢のようだった。夢なんだけどね。

 ビルの最上階に案内された。

 そこには手荷物程度の様々な箱が堆(うずたか)く積み上げられていた。
それは、工場の小さい会社へのお土産だとのこと。すごい学校だ。全部の会社にお土産を用意しているんだって。そして、生徒たちが思い思いにお土産を持って会社へと散らばって行った。

 私も小さい箱を2つ持って他の生徒2人とともに、ほとんど空中に浮かんでいるような会社の工場を目指して足場を登って行った。でも、なかなか部品や足場が邪魔でたどり着けないんだな。

 そうしているうちに目が覚めた。

 今回の眠剤は、今までの眠剤のようにがっつりとした時間を寝れるのではなく、起こされたと思うと眠りに引きずり込まれ、また目覚めると、引きずり込まれ、それを一晩の中で十回ほどもやらされるような薬だ。これはこれで大変だ。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-02-21 13:44 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka