World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2013年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 アマチュア無線用のアンテナって、今は、50MHzのL型アンテナと、430MHzのAWXと1200MHzの借りている八木アンテナがあるのみなのです。
で、車でやっていたときは、これに21MHzのアンテナや3.5MHzのアンテナとかもあったんですけど、ここにきて、どうしても21MHzで出たい、と思うようになりまして、いろいろと試行錯誤しているのです。

 まず、場所的にアンテナを上げられるか、ということですが、21MHzだと1波長が15m。アンテナのサイズはその半分なので7.5mですね、だいたい。実際には3.75m×2になるのです。ベランダの横のサイズは約3mです。足りません。高さ的にも3mは厳しいです。

 ということで、フルサイズのアンテナはこの時点で無理、ということになります。
では他にどんな方法があるか。

 コイルを使ってというか作って短縮型にする。
これはありでしょう。でもコイルは作ったことがない。測定器はあるけれど手間がかかる。

 もう1つの手としては、車用のアンテナ(長さ2.2m)を使う。だけどアースを取らないといけない。長さ1/4波長のカウンターポイズだ。でも、これは以前も試したことがあって、うまく行かなかった。車用のアンテナ自体の性能は抜群で、これについては全く問題がないことは実証されているのね。
やはり、車のように周囲に何もないところで使うのと、家のように周囲が住宅で囲まれているところで使うのとではずいぶんと制約がでてくるあたりがネックなのかと思っています。

 簡単さで言えば、この車用のアンテナを使うのが一番簡単。スペース的にも問題は少ない。お金も掛からない。

 悩むところです。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村


[PR]
by WofNaka | 2013-03-31 22:03 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)
最近のパソコンの壁紙はこれです。

a0265144_2047745.jpg
 

震災前のです。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by WofNaka | 2013-03-30 20:47 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(4)
 最近になって、やっと悪質な自転車の取締りがされるようになってきましたけれど、今、この時にバイクの免許を取ってバイクに乗れてよかったなぁ、って思うのです。

 初めて自転車に乗ったのは小学3年生ぐらいだと思います。
その頃の田舎の小学校では自転車に乗るのに免許が必要でした。自動車学校のコースの小さい版みたいなのの白線を引いて、そこを交通ルールに則って走り、その結果で免許が与えられていたのです。
実は、全国どの小学校でも実施されているとばかり思っていたのですが、社会人になって東京に出てきてからそうでないことを知るのです。

 でも、そのおかげでルールを守った運転をしておりました。
結婚してしばらくは自転車に乗っておりましたが、そのうちこいでいるうちに股関節がはずれそうになり、そういうのが繰り返しおきて、その後、自転車には乗らなくなりました。

 自転車に乗らなくなった後、原付バイクに乗ったこともありましたけれど、それ以外は車での移動が多かったのです。
そして昨年、50の手習いで小型バイクの免許を取って、バイクに乗るようになりましたけれど、そのおかげで、交通法規を改めて勉強することになりました。

 今は前述の通り、自転車が取り締まられるようになりましたけれど、もう自転車には乗れないし、訳がわからない原付バイクにも乗らなくっていいし、こんなにいいことはありません。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ

[PR]
by WofNaka | 2013-03-27 21:03 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
まずは、ずらずらと書いてみることに。

正直なところ、この24時間は、何にも残っていないので記憶だけが頼りなのです。

なので、思いついたら加筆、修正します。

★2011/03/11 14:46 三陸沖で地震発生(M9.0)

 当時、東京都品川区大崎の22階建ての会社のビルの11階の窓際の自席にいた。
 とても大きな周期の揺れに襲われた。いつまで続くのかわからず、どこまで大きくなるのかわからずとても不安になる。
 家内に「大丈夫だ」とCメール。
 同僚から震源が三陸沖と聞かされる。
 会社のエレベータが全部(20基)停止。閉じ込められた人はいないとの報告あり。
 窓の外、眼下に流れる目黒川が、川に沿って地震の揺れで大きく波立っていた。

★2011/03/11 15:15 茨城県沖で地震発生(M7.4)

 さきほどの地震の揺れがまだ続いている最中、今度は下から突き上げられるような揺れを感じた。
 さらに揺れが続いた。揺れは40分ほども続いたのだろうか。

 会社のパソコンから自分のブログにリンクされている潮位情報サイトにアクセスする。沿岸各地に5m以上の潮位が表示され、なおも高くなりそうな気配のなか、その後沈黙してしまう。
 臨海方面から黒い煙が上がっているのが見える。
 フロアー内に作りつけの大型キャビネットが1m以上の振幅で揺れ続けている。
 作業中の大型液晶モニタが倒れそうになり押さえなければならなかった。
 同僚らは携帯のTVで情報を収集していた。私の携帯では見ることができず歯がゆい思いをした。


★証言)
 非常階段で階下のコンビニに行った人から、階段の内壁がパラパラ落ちてきていた。コンビニの食料品が買いつくされた。
 19階付近、窓の外で作業中の窓清掃の作業員が振り落とされないようにコンテナにしがみついていた。
 向かいで建設中のビルで、クレーンで吊り下げていた大きな窓枠が落下した。

★当日夕方)

 1-10階の低層階用のエレベータが1基稼動し始めた。
 それ以上の階の他社は、非常階段とエレベータホールを繋ぐドアのセキュリティのため、10階まで降りられても利用することができなかった。
 11階のラウンジにあるテレビで情報を収集することができた。
 向かいの小学校に大勢の人が入っていくのが見えた。(帰宅困難者の受け入れのようだった)
 パラパラと歩いて帰宅する人が出始めた。
 2階のコンビニに夕飯を調達しようと出かけたが、何もなく、開いていた中華料理屋さんに入り食事を摂った。
 帰宅する同僚たちにホカロンを与えたり、自分が持っているエイドステーションの情報を伝えたりした。

★当日夜間)

 11階のラウンジで一夜を明かす。
 テレビに映し出される惨劇が信じられない。
 20時頃までやりかけていた仕事を片付ける。
 結石の痛みがあったのと、ビル自体に損傷がみられないこと、ビル内が暖かかったため、泊まることにする。
 いつも持参している無線機を取り出すも、充電が不足していて悔やまれた。
 電池に代えても、その使い方を熟知していなかった。
 さらに周囲のパソコンや携帯が発するノイズのために実質的に使い物にならなかった。

★翌朝)

 自衛隊のヘリが海岸線に沿って北上し眼下の様子を伝えているのがTVで放映されていた。
  私の田舎も撮影。陸前高田市に家は見えなかった。
  米崎町上空、親友の家が見当たらなかった。足が悪い親友なので、ダメだと思った。
  小友町上空に達しそうだったので、友人に電話、TVを見ることができないとのことなので、実況した。
  友人の実家近辺(三日市、両替地区)が更地になっているのが見えた。そのまま報告。
  天涯孤独になったかもとも伝えた。
  柳沢地区は、かろうじて見れた。自宅付近は見えなかったが大丈夫らしいと思った。

 地震から津浪の到達までの時間があったのかなかったのかがわからなかった。
 すぐに襲われたのなら犠牲者が多いだろうと思った。その後30分ぐらいの余裕があったと知る。

★翌日昼)

 同じ部署の同僚はもう誰も残っていなかった。
 昼前、恵比寿駅まで歩こうと思って退社し五反田駅方面に徒歩で移動するも、途中で埼京線が動いているのを見つけ、反対側の大崎駅に向かう。
 ずいぶん待って、大崎駅始発で新宿駅まで移動する。
 頭の中が混乱していて、このまま帰宅するのが難しかったため、百合丘にあるかかりつけの病院に向かうことにする。電話をして、診療時間を過ぎてしまうが向かうと連絡する。
 知人であるその先生に、今回の震災のことを全部話をして、ちょっとだけ整理ができた後、多摩センター経由でモノレールで帰宅する。


===2016.04.18 追記===
日本の地震の地図より
http://www.japanquakemap.com/?lang=jp

6.5M, 深さ: 20km 11/3/2011 17:19
6.2M, 深さ: 28km 11/3/2011 17:15
6.2M, 深さ: 20km 11/3/2011 17:12
5.5M, 深さ: 30km 11/3/2011 17:10
5.9M, 深さ: 23km 11/3/2011 17:01
5.6M, 深さ: 34km 11/3/2011 16:56
5.7M, 深さ: 45km 11/3/2011 16:54
5.8M, 深さ: 30km 11/3/2011 16:42
5.9M, 深さ: 29km 11/3/2011 16:38
6.1M, 深さ: 24km 11/3/2011 16:28
6.1M, 深さ: 15km 11/3/2011 16:25
6.3M, 深さ: 25km 11/3/2011 16:14
5.9M, 深さ: 29km 11/3/2011 16:13
5.8M, 深さ: 30km 11/3/2011 16:10
6.3M, 深さ: 30km 11/3/2011 15:57
6.3M, 深さ: 22km 11/3/2011 15:48
7.1M, 深さ: 20km 11/3/2011 15:25
7.9M, 深さ: 39km 11/3/2011 15:15
6.4M, 深さ: 35km 11/3/2011 15:07
6.4M, 深さ: 25km 11/3/2011 15:06
 9M, 深さ: 32km 11/3/2011 14:46
===

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by WofNaka | 2013-03-27 11:36 | 震災タイムライン

謝らなくっても。。。

 お医者さんが患者に謝るシーンは、さだまさしさんの「眉山」の中に出てきますけど、これはお医者さんが患者に聞かれた失言に対するものでした。

 実は私も、お医者さんから謝られたことがあります。

 でも、それは、別に謝らなくてもいいことだったんだ。

 私の結石除去が1回目失敗した時に、主治医の先生に周囲の若手の先生らが、これは「砕く」だよ、と言ったらしい。主治医の先生はそれに押し切られるように一時は「砕く」に寄った意見でした。でも私は、何日もかけて砕く方法と、腹を割って取り出す方法と両天秤にかけておりまして、どちらかというと腹を割って取り出す方法に寄っていたのです。
でも、あまりに落胆した様子の主治医に対して、私は答えを延ばしたのです。

 もっと主治医が元気になってからこの話を持ち出そうって。

 そして、3週間後行った時に、この話を持ち出しまして、腹を切る方法でやることになったのです。


 そして、3ヶ月後の11月末、切って小指の先ほどの大きな石をやっと取り出すことができたのです。

 結論としては。。。

 この結石は砕いても落とすことができなかった。
つまりは、尿道の中でこの結石が取り込まれていたために、たとえ砕くことができても流れ出させることができない状態にあった。だから結果的には腹を切るしかなかった、というもの。

 主治医が手術前に泌尿器科の若先生らに言ったそうです。

 「この患者は教科書通りに行かないんだ、そういう患者もいるんだ」と。


 そうして、手術が終わって、退院できそうなときでしたか、若先生が私のベッドに来ましてね、

 「申し訳ございませんでした」って謝ったんですよ。

 「教科書通りにいかない」って言う先生もすごいな、って思いましたけど、謝りにきた先生もすごいなって思いました。

 そして、私は、この若先生になら、自分の命を預けられるなぁ、って即座に思いましたよ。


 本当に、ここの病院はすごいです。

 私のような患者は救われます。
 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by WofNaka | 2013-03-27 07:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

また。。。夢でした

 この夢はもう何度みたことか。

 2番目に勤めた会社に再就職できた、という話なんだ。

 今までの夢では、その会社に試験を受けに行ってダメで、その次は面接に行ってダメで、何度かそんなことをやってから、今度は仕事を貰って一緒に仕事をさせてもらっただけで天にも昇るような気持ちでうれしかったのが、そのうちに委託社員扱いで、そこのオフィスで仕事をする話になり、今回は、念願の社員に復帰できた、というものでした。毎回夢なのです。

 その会社の社長さんを信用できなくなって一度は辞めた会社なのに、なぜにこんなに何度もその夢を見てしまうのか、本当に理解できないんだけれどね。でも、年に何度かこういう夢を見てしまうんだ。夢の中では、それを心から望んでいるんだよなぁ。不思議なんだ。

 あまり広くないオフィスの端っこの陰のところから、別な小さい部屋が続いていて、そこには戦闘機のシミュレータみたいなものが置いてあって、そこには社員しか入れない超機密扱いの部屋なんだって。でも、そこに入ることができて、やっぱり社員はいいなぁ、とか思っている。

 そして、社長さんに、今回も、本当、今まで夢に何度も何度も見たんですよ、今日のこの日を、って話しかけているんだけれど、もしかしたらこれはまた夢かも、って思ったら、やっぱり夢でした。

 このむなしさは何なのだろう。

 でも、なぜ、こんなにこの夢を見るのだろうか。

 不思議でならないのよね。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-03-26 21:02 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 これは、私の親友が震災後に私に語ったことです。

 私は震災直後から、朝日新聞サイトに掲載された身元がわかった方々のお名前で、陸前高田市と大船渡市の分だけずっとリストアップし続けております。

 でも私は、どなたが行方不明のままなのかは知らないのです。

 今もしわかるのなら知りたいとさえ思うのですが。。。


 実際に、親戚等で名前がわかっている人が、このリストに見当たらないことから、その方はまだ見つかっていないのかもしれない、とは思っているのですが、不確かな情報として犠牲になられたと聞いてもいます。


 それから、震災直後、東京に居た私達は一生懸命に生存者のリストを入手することにやっきになっていた時期があります。

 でも、被災の方々は食料や衣類などの救援物資が欲しかったんですよね。


 そこに気がつくのには、ちょっと時間が必要でした。

 こういうことも反省点の一つではあるのです。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by WofNaka | 2013-03-23 19:57 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(0)
 セスナより、ちょっと大きめの双発のプロペラ機を若いお兄さんが操縦していました。私は貨物室に立っていて、その後ろに年配の男性が、やはり同じように立っておりました。

 離陸したのは調布飛行場でした。

 これから白浜(南紀白浜)に向かいます、と。

 南紀白浜かぁ、懐かしいなぁ。
 今の長い滑走路になる前のあの1000mの滑走路のときに、YS−11に乗ってよく出張に出かけたことを思い出す。みかんが美味しい土地だし、どことなく私の田舎に似ているその土地で仕事ができることが私はとても嬉しかった。こうやって、いつも山や海を眺めながら仕事をしたいと思っていたから。でも、休みがなくってね。
 JASのパイロットが、強風を突いて半ば強引に強行着陸し、その後のタクシーで散々にシェイクされた私が、出張先に着いてタクシーから降りた瞬間に倒れてしまって病院に運ばれた翌日は他のみんなに休暇が与えられたんだけど、私はホテルで寝ていることを強要されて、それが唯一の休暇だった。
それでも、串本とか新宮とかにも車で移動したりする時にいろんな景色が見られたから、それでも楽しかったけど。

 話を戻して。

 南紀白浜に到着した飛行機は、そのまま、タッチアンドゴーをして、今度は大分空港に向かいますって。大分かぁ、こりゃまたずいぶんと遠いし、これまた懐かしい場所だ。
やはり、同じ仕事で、佐伯に出張するときに使っていた空港だ。ここからJRの駅に行くのに、ホバークラフトが運行されていて。この乗り物はなかなか興味深い船だった。操縦が難しいみたいなんだよね。
佐伯の思い出は、夜、揚げたての天ぷらを食べに行ったことかな。

 大分でも燃料補給なしにタッチアンドゴーして、向かった先は、小松空港。

 ここも福井への出張でよく使った。ここは航空自衛隊と併用していて、たまたまF4ファントムがタッチアンドゴーの訓練をしているのを見かけたことがあった。
福井もいい場所だった。ここでは1日だけ休暇を貰えて、永平寺に行ったんだった。中までは入らなかったけど、そのまま中に入って修行しちゃうかも、みたいな心境の時だったなぁ。

 その後、飛行機は仙台空港に向かうと。

 仙台は学生時代を過ごした町だ。どれもみな懐かしい。

 そうして、飛行機が仙台空港を離陸した時のこと。

 年配の男性が私に言います。

 3000円ね。

 これは時給3000円でパイロットとして私を雇う、ということを言っているらしかった。

 でも、私は操縦してないんだけどなぁ。



 そうしているうちに目覚ましで目が覚めた。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


過去見た夢のリストです
[PR]
by WofNaka | 2013-03-23 09:28 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

平熱の話

 平熱をちょっと前までは、35.6度と公言しておりましたけど、最近は面倒なので、普通の人と同じ36.6度にしております。いちいち平熱が低い、という説明をするのが面倒になった、ってこともあります。
 ですが、何が変わったわけでもなく、身体的には、35.6がそのままなんですね。

 で、ここんとこ、夏みたいになったり冬みたいになったりと、春に向けての日々の気温が毎日目まぐるしく変化して行く中で、身体がついていけなくなっているようです。

 昨夜から、熱っぽくて、でも計ると36.3、4とかなんですね。

 この状態、昔なら熱があって大変、って休んだりしていましたけれど。今は、そんなことはないのです。でも、身体的にはかなりきついんですよ。調子が悪いのです。

 まぁ、なかちゃん仕様なので。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by WofNaka | 2013-03-21 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)
 きっと、きっと今日だけのランクインだと思うのですが。。。

 「原付2種・ミドルクラス」部門です。


 なかなかなれませんよ、3位は。

 4位はしょっちゅうだったんですけどね。

 因みに、自然科学部門にもエントリーしています。

 夢、とかでね。
 

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ

[PR]
by WofNaka | 2013-03-20 19:20 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka