World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 アマチュア無線をやっている友達の車に一緒に乗っていると、当然のように無線の話で花が咲くというものよ。

 今日も、コンテストがあるっていうのに、友達と一緒に車で出かけていた。

 私はつい話に夢中になってしまい、自分が持っている無線機の自慢話をしてしまっていた。

 そしてコンテスト開始時刻になった時、その友達の車についているアンテナに、私の無線機を接続して、コンテストに勝手に参加してしまったんだよね。

 そうしたらさ、これは至極当たり前の話なんだけれど、いきなり友達が車を停めて、後ろに回ってトランクを開けて、自分の無線機を取り出して戻ってきた。

 そりゃそうだよね、自分が日頃使っている無線機の方が使い勝手がいいに決まっている。

そんな夢を見た。

しかし、一日にこんなに大量に夢を見るだなんて。

今日だけで夢の話は4本もブログ化しているんだけれど、実は、もう2本ぐらい見ている。もう思い出せないんだよな。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-30 21:07 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

会員制ホテルでの飲み会

 どうしても昨夜の飲み会が気になって仕方がなかったようです。

 飲み会があるって言うんで出かけたんですけれど、そこは会員制のホテルだったんですね。

 今日の飲み会のはずだったのに、Tケさんがすでに酔っぱらってホテルの中をウロウロしているんですよ。

 あー、もう1週間も飲み続けているよー、ってね。

 そして、私はトイレに行きたっくってホテルの中をウロウロしているんですね。

 一階のロビーのところが石畳で丸くなっていて、その向こう側に別館があったんですけれど、入り口の両側にトイレって書いてありました。

 あー、やっとトイレに行ける、と思って入ろうとしたら、会員ナンバーを入れて下さい、って。

 えー、トイレまで制限があるのかよー。

 隣にあるトイレも、言わずもがな会員ナンバーを聞かれてしまいました。

 ダメだこりゃ。

 もう諦めて会場に戻ろうとして目が覚めました。

 昨夜は寝る前にお茶を1Lほど飲みましたから、夜中にトイレに行くのは覚悟してましたけれど、まさか、こんな形で夢を見るとは思いませんでした。

で、自宅のトイレで無事に用を足す事ができました。


そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-30 19:56 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

包丁が折れた

 私はよく夢を見るんですけれど、夢であってもとても危険な、すぐに対応しなければいけないものに関しては、無理矢理目を覚ましてでも状況確認をする、という癖がついてしまっているんです。

 いつぞやは、情報セキュリティーに関することで、これは実際にもとてもヤバかったんですけれど、すぐにそのヤバさ加減に気がついて、起きてパソコンを起動してリモートで対応したことがありました。

 でも、全く夢そのものというのもあります。

 そんな現実的でないものについては、夢の中で判断してこれは夢以外ではあり得ないと判断して、対処してしまうこともあります。ただ、あんまり考え過ぎているので目は覚めてしまうんですよね。

 で、今回は、包丁が真ん中から折れてしまったんです。

 しかも折れた先は、文字通り刃物のように尖っているんですね。

 そして、これも今までと同じように、現実なのかどうかを確認するんだよ俺は的なことを考えて、結局は起きずに夢の中で対処してしまった、という夢だったんですよ。

 わかりますか?

 現実かどうかを確認しますよ、起きて、って思いながら寝ているってことですよ。

 いくら夢を見て満足するって言っても、こんな夢じゃ寝た気がしません。

 今朝のはこんなのばっかりでした。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-30 19:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

山登り

 昨日はバイク友達での忘年会だったのに、行けなくなってしまって気になっていたからでしょうかね。

 前回の飲み会でご一緒したN山さんと一緒に御嶽山に登ることになったんです。

 昼過ぎに待ち合わせして、出かけるんですけれど、予定としては日帰りなんですね。ケーブルカーを使いますからそれが可能なんです。

 で、夕飯は有名で超人気があるラーメン屋に行く事になっていて、出かける前にラーメン屋の店主に予約を確認したんです。
店は混んでいて、大声で店主を呼んで確認しようとしたんですけれど、今いきなり注文かよ、みたいな不満気だったんですよ。
でも、すでに予約済みだって言って名前を言ったんだけど、私の名前ではなくって、N山さんの名前だったんで、ちょっと色々とあって、店主は超不機嫌。なんか登る前から嫌な感じでした。

 さて、出かけるんですけれど、ケーブルカーがある場所までは自転車で行くんだそうです。N山さんは自前の自転車で、私はレンタサイクルでサイクリング車を借りました。自転車は久しぶりです。結構な急な山道でしたけれど、色々と技術を駆使して登って行きます。そしてコンビニで休憩。自転車はそこに置いて行きます。

 実は、ここのコンビニに入ったときまで一緒だったN山さんとはこの後はぐれてしまったんです。携帯電話も使えない場所だったので、とりあえず私はケーブルカーの出発地点を目指して進む事にしました。

 で、雑居ビルのような建物に入って行くんです。なぜかはわからないんですけれど、明らかに登山をした人達がそこから出てくるんです。そうして私も入って行ったんです。

 いろんなお店が所狭しと入っているんですけれど、どこを通ればケーブルカーの出発点に行けるのか段々わからなくなってしまいました。で、ビルの中を登ったり下ったりしながら、もう何回も同じところを歩いているような気がして、なんか奇麗なレストランに足を踏み入れてしまいました。

 いらっしゃいませ、って正装したウエイターが出迎えてくれました。でも私はお腹は空いていませんでした。それよりも先を急ぎたかったんです。でも、入ってしまったので、社交辞令で言葉を並べ立てながら、それでも、ケーブルカーへの道を聞き出します。そして、お礼を言って、その店を後にしたのです。今度来ますって。

 やっとケーブルカーの出発点にたどり着きました。

 時刻はもう夕方でした。6時40分のケーブルカーに乗る人は搭乗手続きを急いで下さい、って声が聞こえました。料金は600円。私はあまりお金を持っていなかったので、できればカードで済ませたかったんですね。それで、カードを差し出したら、このカードは使えないので税務署への書類を出して下さい、と沢山の書類の山を貰ってしまいます。これを書いて提出しなければカードが使えないのです。見ると、私の前の人も書類の山を手に持って呆然としています。

 もう仕方が無いので、財布から600円を出して切符を貰いました。でも、6時40分のケーブルカーは出た後でした。次のまでは22分待ちとのこと。仕方が無いので待合室に行きました。

 4人がけの椅子があって、3人まで座っていたのでその横に座ることにしました。あー、ちょっと出遅れたなーって思いながら。ふと、横に座っている人を見ると、ずーっと前に仕事でご一緒した人でしたけれど、どうしても名前が思い出せませんでした。

 そのうちに出発時刻になりました。やっと頂上を目指せます。そして頂上に着いた時にはもう帰りのケーブルカーはありませんでした。N山さんももう下山したと聞きました。

 途方に暮れてしまいました。


そんな夢をみた。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-30 19:05 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 今やっている『NHKスペシャル 東日本大震災「大川小学校・遺族たちの3年8か月」』を見たのですが、やはりアメリカをはじめとする諸外国で行われている免責による証言の導入が壁になっているのだと、思わざるを得ませんでした。

 また教育委員会からきちんとした回答が得られなかったのは想定内としても、第三者検証委員会をわざわざ立てたにもかかわらず、壁になっているこのことを理由付けしただけで、さらに踏み込んで証言を取らなかったのは、とてもとても残念なことで、検証委員会を立てただけ無駄になったと言わざるを得ません。

 もっと言えば「証言による責任追及」を恐れてと仮定して調査しなかった(証言を取らなかった)ということは、他にも仮定をして調査しないことがあったのではないか、ということが容易に想像できてしまうということです。この調査委員会には、阪神淡路大震災に遭った専門家や、日航機墜落事故の犠牲者の遺族で様々な事故の調査委員を勤めたことがある人も入っている、とのことでしたが、遺族の気持ちをわかる人達が、過去に自分たちが相手にしてきた行政らと同じ過ちを、自分たちが繰り返してしまっていることに気がつくべきだと思うのです。

 今後日本がこれを導入しなかったら、これから起きる事故や事件の原因のそのほとんどがうやむやにされて、決して正しい対策は立てられないと思います。技術はあってもです。

 いやー。。。


 本当に、残念ですね。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by wofnaka | 2014-11-28 22:56 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(5)
転院したり廃業したりで遠出通院がなくなってきたし、医療費の値上げで、行く回数を減らしているからなー。

2014年
 11/27 34.2km/L ひえー、過去最低。
 09/29 41.1km/L
 08/02 40.3km/L 近場でこの値、まぁまぁでしょう。
 06/21 45.5km/L いい感じですよ。
 06/09 46.7km/L 過去第三位の記録です。やっぱ、あれかなー。
 05/12 42.1km/L 
 04/26 43.1km/L いい感じです。
 04/13 40.9km/L まぁまぁでしょうか。
 03/11 35.7km/L 今までで一番悪い燃費かな。
2013年
 12/28 38.4km/L 
 12/02 43.7km/L 久しぶりに中(ちゅう)出。しかもいい感じの流れで止まることが少なかった。
 10/28 39.6km/L 近場が多かったから信号で待たされて。
 09/13 42.8km/L 信号で止まることが少のうございました。
 08/02 42.5km/L まぁまぁでしょうか。
 07/09 40.7km/L あまり遠出はしてません。
 06/05 41.0km/L 遠出もしたけどね。。。
 05/04 41.4km/L 近場だけというわけでもないのだが。。。
 03/09 43.0km/L 病院にずいぶん出かけましたん
 01/20 40.2km/L 今回も近場だけ
2012年
 11/22 39.3km/L 近場しか走っていませんでしたけん
 10/15 43.6km/L 検査入院したですけん
 10/02 43.0km/L 近場ですけん
 09/10 53.3km/L 山に行きました ・・・メーカー性能値を超え
 09/05 44.6km/L
 08/20 43.7km/L 街中渋滞多め
 08/10 44.2km/L
 08/01 45.0km/L
 07/23 46.7km/L
 07/13 42.7km/L
 06/28 45.0km/L
 06/13 45.5km/L 
 05/30 39.0km/L
 4月頃 41.0km/L

ちなみに。。。

 2014/11月 84km(11/27時点)
 2014/10月 80km
 2014/09月 108km
 2014/08月 98km
 2014/07月 77km
 2014/06月 262km
 2014/05月 329km
 2014/04月 316km(2012/09月以来ですかね、こんなに走ったの)
 2014/03月 99km
 2014/02月 51km
 2014/01月 53km
 2013/12月 197km
 2013/11月 90km
 2013/10月 98km
 2013/09月 185km
 2013/08月 112km
 2013/07月 181km
 2013/06月 213km
 2013/05月 102km
 2013/04月 70km
 2013/03月 172km
 2013/02月 73km
 2013/01月 74km
 2012/12月 46km
 2012/11月 190km
 2012/10月 232km
 2012/09月 412km
 2012/08月 480km
 2012/07月 512km
 2012/06月 357km
 2012/02月~05月までで、約200km走行

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

[PR]
by wofnaka | 2014-11-27 17:13 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
 この世界で行くと決めた途端に、いきなりこう言われた。

 えー、そんなこと言われたって。。。

 そっちのそれは、なんたるかはわかっているけど、やったことないぞー。

 でもね、やってみることにしました。

 まずはメール環境から。

 サーバーをどれにしようかなー。。。

    :     :

 がさごそがさごそ。。。

 ぶー、ぶー、ぶー。。。

 いきなり携帯への着信で目が覚めました。


こんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-27 08:45 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

今日は娘の誕生日

 
a0265144_18453161.jpg
 これは何でしょう。

 リラックマケーキなんですが、解凍で失敗したのか、何がなんだかわからないケーキになってしまった今日の娘の誕生日です。

 いつものケーキ購入担当大臣の私としては、今回は不本意でした。

 家内らがネット注文したからです。

 でも、ま、娘が好きなコリラックマは、私の技では入手できないため、仕方がありません。

 で、インターネットのイメージ通りにはなりませんでしたけれど、なかなかの味でした。飽きずに自分の割当て以上に食べられましたから。



 さて、娘の誕生日というと、思い出があります。

 家内と出会って、結婚をいつにするかという時に、娘の誕生日を迎えました。ま、様々な事情の中で、その時の娘の状況で、即結婚しなければいけないと思い、そのようにいたしましたっけ。

 なので、結婚記念日も近い訳です。

 あれから、随分と大きく大人に育ちました。

 本当に嬉しい事です。



 娘の誕生日の度に、あの当時のことを色々と思い出します。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by wofnaka | 2014-11-20 18:51 | 日記 | Trackback | Comments(2)

中□でトイレ探し?

 今日は大きな野外音楽堂みたいなところで集会がある、って言われて、友人に誘われて出かけた。出かけたくなかったけど、そんないかがわしいところ。

 バスに乗って行くんだけど、みな中□語表記、でもお金は日本円でも使えるみたい。

 そうやって、現地にたどり着いた。

 もう若者達であふれんばかりで、友人に誘われるままに、左側の方に進んで座った。友人は、ちょっと用があるって言って、前の方に行ってしまった。

 私は、話には全く興味がなかった。

 それどころか、早く立ち去りたかった。

 しかも、トイレに行きたかったんだよね。



 もう私はしびれを切らして、トイレ探しを始めた。

 ま、知らない場所だから探すのは大変よ。

 でもリミットもある。ともかくトイレに行きたかったんだから。

 何度も行ったり来たりして、やっと見つけて、そこで用を足した。

 そして、さっきの会場に戻った。

 次は何を口実にしようと思っていたら、また尿意が。

 さっき行ったばかりなのに。。。

 またトイレに。

 そして、開放感にあふれた気持ちで会場に戻ったんだけれど、やっぱり尿意がある。

 そして三度トイレへ。

 こんどこそ、と思ってはたと気がついた。

 これは夢だ。


 そこで目が覚めて、ちゃんとトイレに行く事ができました。


そんな夢をみた。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-17 10:51 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

神秘的な儀式

 お昼に昔の同僚に誘われて、寿司屋さんに行った。

 大きな、広い寿司屋さんで、お料理もいろんな種類があって、なんとメニューにはチャーハンもあるんだ。

 私は、そんなには食べられないからレディース用の6巻ぐらいのを頼んだんだけれど、他の人達は、それ以外にもお寿司の盛りを頼んだ後、最後はチャーハンにたどり着いていた。

 私は、考え事をしていて、ふとテーブルの上を見ると、食べ終わったお皿が置いてあるだけだった。しかも周囲には同僚もいない。ただ広いところにポツンと座って一点を見つめているだけだった。

 遠くで会計待ちの同僚から声がした。オーイ、って。

 あー、今行くよ。

 そして、同僚の後ろに並んだ。

 財布を出して。。。

 五千円札が出てきたけど、なんか1枚に感じられなくって、すりすりしていると、後ろに一万円札が隠れてた。それを財布に戻して五千円札を出した。

 会計をしているのは板前さんの大柄のお爺ちゃんだった。

 私の財布の中にあった紙切れを全部広げてしまって、何やらチェックしている。

 そして、その中にあった、河岸で働いていたことを証明する書類を見て、一瞬、遠い目になったあと、領収書の金額を安い方向に書き換えていった。つまりは、同業者なら安くする、ということらしかった。

 でも、私は実際には河岸では働いてはいない。

 働く前の日に、行かなくてよくなったからだった。

 そして、みなにお土産もあった。

 他の人にはトートバッグみたいので、私だけ、ストールだった。なぜか。


 そして、店を出た。

 外はみぞれまじりの雪だった。私は貰ったばかりのストールを羽織った。薄着だったから助かった。そういう心遣いができている(けど、チャーハンもメニューにある)寿司屋だったのだ。

 中央分離帯がある道の真ん中付近を徒歩で歩いて行く。途中から坂になっていて、後ろから車が来る道を皆で歩いて登って行く。足元を見て驚いた。私はスカートを履いていた。

 坂を上りきったところがT字路になっていて、そこで、皆と別れて、私だけ、右側に歩いて行った。



 なんかあるって聞いていたから。

 土俵ほどの広さで四隅に柱があって屋根がある、そんなところの真ん中に大きな四角柱の中に透明な液体が入っていて、その中に男の子が入っている。治療中だ。

 私はその男の子とは親友だ。

 そして、その子の正面に、同い年くらいの女の子が合掌して座っている、着物姿で。
 私はその子も知っている。昨日会った。男の子の恋人だ。


 その周囲に人々が並んで、合掌しながらクルクル回るらしい。何かを唱えながら。私も後ろにいた女性に促されるように押されて、その輪の中に入って行った。

 この治療中の男の子、いや男の人のために祈る儀式らしい。そう信じているみたいなんだ。これで、よくなると、救われると思っているんだ。

 指導役の人が、皆に忘れないように常に声をかけている。

 口の中の氷は、溶けないうちに補充して下さいって。

 私は、訳がわからない儀式のルールを知らないから、溶けちゃうかもー、って言った。

 すかさず、後ろの女性が、あなたはずいぶんとおもしろい子ね、ふふふ、って不気味に笑った。

 どうやら、一人でもその口の中の氷が溶けてしまうと、この儀式自体が成り立たなくなるみたいなんだった。

 そんな危険な事をいう私を、明らかに警戒している。

 でも、私は知っている。

 こんな儀式に何の意味もないことを。

 だって、私とその男の子(人)とは、親友なんだ。もう長い長い付き合いなんだ。こんな儀式でなんか治らない。そんな簡単には治らないんだから。もっと言えば、良くも悪くもならないよ、この儀式。


 
そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by wofnaka | 2014-11-17 10:35 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka