World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

空が鏡

 今日は仕事。

 都内の薬品を研究開発している会社にきている。

 最初のうちは私専用の部屋を充てがわれていて、時々そこに通っては仕事をしていたんだけど、今日行ったら、急に態度が変っていて、誰も私のことを相手にしてくれない。なんでも、例年通りの季節ものの仕事が入ったので、社員一丸となってやるんだとのこと。

 今まで休憩所だったところや、トイレだった場所までも部屋を改築して研究所にしてしまっている。

 ところで、ここの会社の階段はとても芸術的な物で、平らな透明な板を階段状に並べただけのものなんだ。それも、ビルの真ん中にしたまで吹き抜けになっているところにある。だから高所恐怖症の人は、この階段を使えない。しかも、一カ所は、階段と階段の隙間が大きく開いているから恐ろしい。

 私は、いつも、この階段では苦労させられる。一段一段慎重に登っていって、最後の開いているところは、背をかがめて次の階段に手を伸ばして、やっとのことで渡るんだけれど、社員の中には、そこまで一気に走って飛び越えてしまったり、足だけついて横に飛んだりしていく。誰もしたまで落ちた人はいないんだろうか。

 私はトイレを探していたんだけれど、どこの部屋に入ろうとしても入れてもらえずにいた。

 また、この会社は、東京駅の駅ビルの中にあるから、すぐ隣はショッピングセンターになっている。

 この会社の研究発表や開発した製品は、このショッピングセンター内のディスプレイで公開されているんだ。

 そして、ここにくるお客さんの中には、それを見るのが目当てと言う人も少なくない。

 大抵が、小さい子供を連れたお父さんなんだ。


 ところで私は、もうトイレは諦めて家に帰ろうとしていた。東京駅まで行って、列車の時刻表を貰おうとしたんだけれど、なかなか駅員が要領を得なくって教えてくれない、っていうか駅員もわからないみたいだった。

 仕方がないので、暫くショッピングセンター内をウロウロすることにした。ショッピングセンター内にだったらトイレぐらいあるだろうと思ったからだった。でも、子連れが多いから、なかなかトイレも空いているところがなくって、結局、ここでもつまはじきされていた。

 ショッピングセンターから外に出た。

 もう夕暮れだった。

 さっき、駅に行った時は、まだお昼時間だったのに、もうこんな時間になっていた。



 今日は午後には別の場所に行く事になっていたからだ。

 慌てて車を見つけて1kmほど離れた場所に行ってもらった。

 そこは広い広い平野の中にポツンとあるお店。

 周辺には何もないから、車で走り始めてすぐに、遠くにその店があるのがわかったし、上空を見上げると、その地上での光景が鏡になって映し出されていたから、その店での状況が手に取るようにわかった。

 上空にはそれ以外にも、建設中だという空中の飛行場が2カ所見えた。

 つまりは、その空は、地上の鏡でもあり、空自体でもあるという不思議なものだった。


 その店の道路脇に車を止めてもらった。

 店の真ん中には鉄パイプとシートで作った大きな生け簀があった。また別の一角では、チューリップや、いろんな様々なカラフルな花が置いてあった。そして、その全てが上空に反射して見上げる事で見る事ができた。不思議な光景だった。


 ふと、私は、強い尿意を思い出した。

 そして、そこに意識を集中したときだった。目が覚めたのは。




そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-31 09:58 | 夢の話 | Trackback | Comments(2)
 今日は、3月下旬並の暖かさで、明日からまた寒くなるとの予報だったので、ちょっと下見に、岩倉温泉まで行ってきました。

 でも、瑞穂あたりから急に風が強くなって、気温も下がってきて、岩倉温泉まで小雨混じりでした。

 だれ、暖かいって言ったの。
 


  本館かな?
a0265144_15344632.jpg
 こっちが別館かな。
a0265144_15353557.jpg
 でも、お風呂だけの利用はダメなんですって。

 経路は、こちら。
a0265144_15384626.png
 往路(青+緑)は、昔のうろ覚えのために、あえて青梅街道から岩倉街道を使用。所要時間はほぼ1時間。距離は23kmでした。
 復路(緑+赤)は、ともかく寒かったので、早く帰りたかったから、16号線を利用。距離24kmを約40分で走ってきました。

 走行距離47km、所要時間は休憩も入れて約2時間でした。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2015-01-27 15:40 | バイク&無線 | Trackback | Comments(4)

やっと、7000km

 PCXですが、やっと、7000kmになりました。

 次の目標は、7777kmですかね、やっぱり。

 夏ぐらいにはいくかな。
a0265144_14422981.jpg


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2015-01-25 14:42 | バイク&無線 | Trackback | Comments(2)

部屋掃除

 自分用の部屋を別な階に2つ用意してもらっているんだけど、さっき久しぶりに行ったら、両方ともめちゃくちゃ汚いでやんの。

 一つは、もう掃除をしないで、部屋を封印してしまいたくなるような、そんな汚さ。

 んで、もう一つは、そこまではいかないまでも、かなり汚い。


 しかも、まずいことに、今日はそのうちの1部屋に来客がある。

 ヤバいじゃんよぉ。


 取り敢えず、一番汚い部屋を、同僚と一緒に片付けてもらうことにした。

 やっぱり一人じゃないと片付けは楽だよね。

 めげなくっていいもの。


 そして、なんとか半分はやってもらって、残りの汚れ、ほとんどが食べ物の汚れなんだけれど、片付けることができた。

 問題は、もう一つの部屋だな。


 そんなことを考えていたら、来ましたよ〜って。声がかかった。

 ヤバいじゃん。


 玄関に出てみると、来客というのが兄だったってわかった。

 しかも、息子をつれてきている。

 トヨタのピックアップトラックで、玄関に後ろから着けようとしているんだけれど、あー、見てられない。

 あー、やっちまっただよ。

 玄関の柱に、思いっきりバックで突っ込んじゃったよ。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-24 14:16 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

やったのはお前か!!

 マンションの奥の方で、なんか変な塊があるっていうので、行った。

 それは、口で表すのがはばかれるような惨殺死体だった。

 すぐに警察を呼んだ。

 私は管理人として事情聴取を受けたんだけれど、殺された人が私の知っている人で、このあたりに住んでいる人ではない、ということで、疑われてしまった。

 もちろん、私ではないんだけれど、状況からみてとても不利だった。

 何度も何度も事情を聞かれていき、終いには、警察で事情を聞くからとまで言われてしまった。



そんな夢をみた。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-24 08:59 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

子供たち

 袋小路の奥の突き当たる手前左側の建物の2階に、私が住んでいる部屋がある。

 部屋の前には、人が1人しか通れないぐらいの狭い道があって、向かいには屋上が平の1階建ての建物がある。

 だから私は、近所に出かけて帰る時は、その屋上から自分の部屋の窓に飛びついて入るのを常としていた。

 でも、簡単には入れない。

 タイミングと、窓が開いているという条件つきだ。


 今日も近所に出かけた後で、向かいの屋上から自分の部屋に入ろうとして、どこにすがりつこうかを考えて、いざ飛びつこうとした瞬間に、一番奥の家の奥さんから声をかけられた。驚いた私は、間の道に落ちてしまった。

 ニコニコしながら、いつも見てるわよん、って近づいて来た。

 そして肩越しに見える、その家の窓からは、小さい子供達も、これまたニコニコしながら手をふってきた。

 あれれれ、バレてましたかね。

・・・・・

 そして、今日は、ついにこの地を離れることになったのでした。

 慣れ親しんだ土地から一人離れるのは辛いものです。

 駅に向かうバスに乗ったら、バスがなかなか発車しない。

 どうしたのかと、バスの窓越しに前方を見ると、例の家の子供達が、バスを通せんぼするように一列に並んで、私に向かってさよならの手を振っているところだった。

 私は、急に嬉しくなって、笑顔で手を振返した。

 バスが発車する寸前に、子供達が飛び退いてくれて、私は、子供達に見送られながら出発したのでした。


・・・

 駐車場で私が乗っていたバンは、後ろの荷物を積むドアが取り外されてなかっただけでなく、後ろの両サイドのドアもなかった。

 今日は風がとても強い日だったから、後ろから入ってくる風で、車体が揺さぶられている。

 大きな音がして、後ろのずっと先を見ると、やっぱり大きなバンが、風で巻き上げられて、垂直に倒れていた。

 今日はそんな風が強い日なんだ。


・・・

 駐車上に止めたバイクの鍵がまだついたままだったような気がして、駐車上に行ったら、不審な人と出くわした。あきらかに胡散臭い人だったんで、睨んでやったんだけれど、不審な人物は、その場所には全く用事がない人なので、すごすごと引き下がった。

 ま、当然だろうよ。



そんな夢を見た。

 この4つの夢は実は繋がっているんだけれど、つなぎ目は、もう思い出す事はできません。 


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-23 09:06 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

記憶に無い街

 私は、若い時によく山に出かけたらしい。

 自分の事なのに、らしい、って。。。

 そう、随分前のことなので、すっかり忘れてしまっていたみたい。

 私には、8年という長い間、封印されている期間があるため、そこには、もう自分自身でも記憶としてたどり着けないんだった。

 だから、今回も友達に言われるまでは、そのことに気がつかなかった。

 そして、その山へ出かけるきっかけになったのは、その友達に誘われてのことだった。


 どういう場所に行ったのか。

 出発地点は、全て東京だったから、社会人になってから出かけたらしい。

 そしてほとんどが、長野方面だったことから、北アルプスだったのかもしれない。


 そんな記憶だったから、何度も出かけていると信じて疑わなかったんだけれど、実は、似たような地名がもっと近くにあることをさっき知ってしまった。

 場所は山梨だった。

 しかも車で出かけられる場所。

 東京から北アルプスまでを10としたら、2か3ぐらいの場所。笑っちゃうくらい近い。


 そして、それを確認すべく、今回は一人で出かけて来た。


 その街は、坂が多いところだけれども、まるで原宿みたいに店が多く立ち並ぶ。

 だけれど、街中に体育施設があって、平日ながらも多くの人達で賑わっていた。

 今日は卓球をやっていた。

 普段のピンポン玉よりも二回りぐらい大きくて、ちょっと柔らかいボールで、みんなピンクのTシャツを着て、所狭しと練習に励んでいた。

 私は昔、卓球をやっていたから、一緒に入れてもらおうと、体育館に近づくのだけれど、なかなか中には入れさせてもらえない。

 仕方がないから、体育館の外に飛んでくるボールを拾い集めていた。

 凄いよね、昔の勘が働いて、どんなに早く飛んでくるボールも素早くキャッチしてしまうんだよ自分。

 とうとう持てないくらいになったんだけれど、どうしても中には入れてもらえず、仕方がないからボールを置いて、帰って来た。


 そして喫茶店に入ることにした。

 ちょっと暗くて、中が広いの。

 なんか懐かしさも漂って、お店の人達が私に会釈をしてくる。

 どんどん店の奥に入って行くと、ある店員さんに、さらに奥に案内された。

 喫茶室を通り過ぎて、廊下に出ると、上に続く階段があって、その上を指で指された。

 何があるんだろうか。

 言われるままに上がって行くと。。。なんと。。。


 そこには懐かしい物が沢山置いてあった。

 いきなり記憶が甦った。

 そこにあったのは自分の部屋だった。

 どうやら、私はこの街に暫く住んでいたみたいだった。

 そう、この部屋に。

 そんなことさえも、あの封印した期間に置き去りにして来たみたいだった。

 なんということだろう。


 その部屋の隣には同じような部屋が、あと2つあった。

 そしてそこから出て来た人達をみて、さらに驚いた。

 あ、この人達を知っている。


 一人は、不良っぽい人相なんだけれど、口数が少ないけれど、私には優しくしてくれる人だ。

 もう一人は、その人の周囲をウロウロしている人で、私には鋭い視線を投げかけてくるけれど、不良っぽい人が、何もしないので、私になにかを仕掛けてくる事はない。


 なんなのだろうか、こんな自分が生きて来た空白の世界がここにあった。



そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-22 08:40 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

43-210-256-346

 この数字は、震災後、仕事の契約が切られてから、次の仕事に就くまでの、仕事がない日数です。

 そして、次の数字は、仕事に就いた日数です。

 50ー184ー14

 これらの数字にはそれぞれ関連はありません。

 でも。。。長い。


 長い。

 でも4転び4起き。

 今までの人生も入れると、7転び7起き。

 そう言えば、7転び8起き、っていうけど、あれって。。。おかしいよね。

 ま、いいんだけど。結果的に起きているから。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2015-01-21 18:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

自転車を越える

 今年に入って、先日は思いつきでの中出(ちゅうで)で80km走ってきましたが、今月に入ってすでに150km弱走っています。

 そして、こんな寒い時期にも関わらず、海が見たいとか、山にも行きたいとか、そんなことを寝る前に思っていたりしています。

 なんせ、ことしのスローガンは、自転車を越える、ですからね。

 若い頃に出かけた自転車の範囲を越えていない方面があるんですよね。

 北と西ですけど。

 で、なんで、こんな寒い時期でも、そんなことを考えているのか、ってことですが。。。

 昨年まで家内が着ていたバイク用のジャンパーがあるんですけれど、それがお下がりで私のところにきた、っていうのが大きい理由です。

 今まで着ていたのも家内のお下がりですけれど、それだと、先日の80km走行だと20kmほどの距離で限界でした。

 今回のお下がりでは、60kmぐらいまで全く寒くなかったんですよね。

 もっとも距離の問題でもないんですよ、私がもっとちゃんと休憩をとれば、もう少し距離も延びるっていうもんです。


 それと、先日の大崎まで行けた、というのが私の中で大きかったんですよね。

 地図なしで行ける場所の一つではあるんですけれど、例えば湘南あたりも、地図要らないし、山中湖だって道志道を使えば地図は要らない。秩父だってそう。裏道を使えば、埼玉の岩槻付近だって行けちゃうかも、ってそこは25年ぐらい前によく使った道だから、ちょっと無理があるけど。

 加えて、家内が、福島に行きたい、と言っているのもある。

 自分のバイクで自分の田舎を走ってみたい、っていうのも夢の一つではありますよ。


 今年は、そんな年、かな。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2015-01-21 09:12 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

二重売り

 仕組みはよくわからないんだけど、悪徳業者がいて、一度売った道路の交差点を通過する権利を、二重に売っていたことがわかったというもの。つまりは、二回めに売られた人は、お金を払ったけれど通過できない、という、言わば詐欺ですな。

それが発覚した、という夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-01-21 08:28 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka