World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

提案書の説明

 今日は最近定例で行っている、提案書の説明の日。

 参加者は元T社のYさんと、元G社のTさん。

 もう旧知の間柄なので、いつものように和やかな雰囲気で進んで行く。

 だから私は前回も、説明が終わることになると眠気をもようして、少し休憩させて貰うほど。

 そして説明が終わると、雑談に入って行った。


 当初、二人とも私に、なぜ今までのような仕事をしないのかと聞いて来た。

 私はもうフルタイムで働くことが無理なのでそういう話をしていた。

 今回は生活がどれほど厳しいか、と言う話を二人に話している自分がいた。


 説明が終わって、帰ろうとしたとき、隣の部屋で、Tさんが立ち上げた会社の主要スタッフが集まって会議が始まるところだった。

 その中の会長とも言えるべき人にYさんは「おかげさまで仕事が決まって」と、挨拶をしていたが、そう言えば、Yさんの会社は倒産寸園に別の会社に吸収されたんだった。やっぱり、その中でやっていくのは大変だったんだろうな、と思った。

 Yさんがしきりに、私にも挨拶するように促したけれど、私にはそうする体力がもう残ってはいなかった。

 気がつかないふりををして、その場を後にした。


 その会社のビルを出ると家内が待っていた。

 家内と一緒に歩いてすぐのホテルに帰ることにして、ゆっくり歩いていたんだけれど、そのうち私がめまいに襲われて、その場に倒れ込んでしまった。

 ホテルまではすぐ目と鼻の先だったので、家内に抱きかかえられながら、なんとかホテルのエントランスに入って行った。

 エントランスに入ると、家内は私とそこに残してすぐに受付のところに走り寄った。

 実はこのホテル、1階が病院になっているんだ。

 で、私の記憶は、そこで途切れてしまった。


遠くでチチチチという音がして目が覚めた。

目覚まし音だった。

そんな夢を見た。

そして私は疲れていた。

この会社での提案書の説明の夢は、少なくとも今まで2回は見ていることに気がついた。

夢は不思議だ。







「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-27 08:12 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

赤いお揃いのリュック

 飛行機に乗ったのは久しぶりだった。

 それもVIP扱いだったから、超特等席で、待遇も超最高でした。

 ジェットは747。

 やはりこの飛行機は格好いいよ。


 で、空港について、荷物を確認することになった。

 滞在先のリゾート地では、家内とお揃いの赤いリュックを使っていたんだけど、あれ、見当たらない。

 どうだったけ、今回の旅行には持って行かなかったんだっけ。

 いや、向こうで使った覚えがある。


 でも、なんでないんだろう。

 ま、中身を確認しよう。

 あれ、普段着ない半袖シャツが沢山入っている。

 おかしいなぁ。

 そう言えば、鞄も違う気がするんだけど、ねぇ、本当にこれ私の荷物?

 あれ、周囲に誰もいないじゃないの。

 そう言えば、家族はどこに行った?

 へ、先に帰るって言ったの?



そんな夢を見た。

あー、頭が痛い。。。寒い。。。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-23 10:22 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
2015年
 02/21 36.8km/L
 01/14 36.3km/L 最後の50kmでも挽回ならずか
2014年
 11/27 34.2km/L ひえー、過去最低。
 09/29 41.1km/L
 08/02 40.3km/L 近場でこの値、まぁまぁでしょう。
 06/21 45.5km/L いい感じですよ。
 06/09 46.7km/L 過去第三位の記録です。やっぱ、あれかなー。
 05/12 42.1km/L 
 04/26 43.1km/L いい感じです。
 04/13 40.9km/L まぁまぁでしょうか。
 03/11 35.7km/L 今までで一番悪い燃費かな。
2013年
 12/28 38.4km/L 
 12/02 43.7km/L 久しぶりに中(ちゅう)出。しかもいい感じの流れで止まることが少なかった。
 10/28 39.6km/L 近場が多かったから信号で待たされて。
 09/13 42.8km/L 信号で止まることが少のうございました。
 08/02 42.5km/L まぁまぁでしょうか。
 07/09 40.7km/L あまり遠出はしてません。
 06/05 41.0km/L 遠出もしたけどね。。。
 05/04 41.4km/L 近場だけというわけでもないのだが。。。
 03/09 43.0km/L 病院にずいぶん出かけましたん
 01/20 40.2km/L 今回も近場だけ
2012年
 11/22 39.3km/L 近場しか走っていませんでしたけん
 10/15 43.6km/L 検査入院したですけん
 10/02 43.0km/L 近場ですけん
 09/10 53.3km/L 山に行きました ・・・メーカー性能値を超え
 09/05 44.6km/L
 08/20 43.7km/L 街中渋滞多め
 08/10 44.2km/L
 08/01 45.0km/L
 07/23 46.7km/L
 07/13 42.7km/L
 06/28 45.0km/L
 06/13 45.5km/L 
 05/30 39.0km/L
 4月頃 41.0km/L

ちなみに。。。

 2015/02月 80km(02/21時点)
 2015/01月 205km
 2014/12月 48km
 2014/11月 94km
 2014/10月 80km
 2014/09月 108km
 2014/08月 98km
 2014/07月 77km
 2014/06月 262km
 2014/05月 329km
 2014/04月 316km(2012/09月以来ですかね、こんなに走ったの)
 2014/03月 99km
 2014/02月 51km
 2014/01月 53km
 2013/12月 197km
 2013/11月 90km
 2013/10月 98km
 2013/09月 185km
 2013/08月 112km
 2013/07月 181km
 2013/06月 213km
 2013/05月 102km
 2013/04月 70km
 2013/03月 172km
 2013/02月 73km
 2013/01月 74km
 2012/12月 46km
 2012/11月 190km
 2012/10月 232km
 2012/09月 412km
 2012/08月 480km
 2012/07月 512km
 2012/06月 357km
 2012/02月~05月までで、約200km走行
[PR]
by WofNaka | 2015-02-21 23:38 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

長い長い雨

 私ら家族は、当時、とても裕福だったため、家族の他に下働きの者達を多く使っていた。

 家は、田舎だったから、平屋で広い家だった。すぐ近くに山があった。

 部屋数も多いが、特に居間は広々としていた。


 そして、それが来た。

 最初は、単なる長雨だった。

 それが、異常とも言えるほどの長い長い雨になっていった。

 来る日も来る日も雨が降って、雨水が、家の土間から部屋の下にも流れを作って流れていた。

 排水路は予め用意されていたが、そんなものはとうに新たに自然にできた流れの中に吸収されていて、畳と畳の隙間から部屋の下全体が川のようになっていて、それが、部屋の中にできた淵に向かってゴーゴーと流れていた。

 その川の流れのような音で、それに気がつくのが遅れた。

 最初は、下働きの人の何人かが、暫く見えないぐらいだった。

 住み込みの部屋は別になっていたから、あまり気にしていなかったが、それでも、見かける人が少なくなっていた。


 どうしたんだろうと思っていたが、終いには、下働きの人は誰も見かけなくなった。

 その頃になって、やっとなにか悪い事が起きていることに気がついた。

 でも、この長い雨の中、出かけることもできず、家の中に留まっているしかなかった。


 何が起きていたか。

 ある者は、畳と畳の間に誤って落ちてしまってそれっきりに、ある者は、その流れの中からいきなり出た何かに掴まれて、流れに引き込まれた。

 もうそれは明らかだった。

 それに気がついてもどうする事も出来なかった。


 随分と長い間雨が降り、人々は少なくなっていた。

 夜になると、小さい丸い点滅する光が、あちらこちらの窓から見えるようになっていた。

 なんだろう。ホタルにしては大きいし、ときに動く。


 ここは山の中だったなぁ、と思った瞬間、それらが動物の目であることに気がついた。

 そう、いつの間にか、人間がいなくなってしまい、今まで虐げられていた動物たちの天下になっていたんだった。


 動物と言っても、昆虫なども含まれていた。

 沢山いた田舎の人達の中で、ある者は体内に卵を産みつけられて、生きながらにして喰われていった。ある者は、単純に餌として喰われた。ある者は、喰われはしなかったが、下働きをせざるをえなかった。生きるにはそうするしかなかった。


 そのうち人間の中で、動物達から一目置かれるようになった人物が現れた。

 小柄なおばあちゃんだったが、ただ者ではない狡猾さがあった。

 たちまち人間の中の頂点に立った。


 人々は従わざるを得なかった。

 新たに下働きの人を増やすために、ひたすら子供を産み育てる役が作られた。

 数を増やすためにその役は重要で、その人数も多かった。若い女性のほとんどがその役になっていた。


 そんな中、我が家の序列も変ってしまった。

 新たな下働きは来ていたが、下働きが偉くなっていて、私たち家族が実質の下働きになっていた。


 私はその頂点に立つ女性の身の回りをやっていた。

 そして疲弊していた。

 もう間もなく、自分の命が尽きるだろうと思われた。

 その時は、その時は、この女を殺そうと心に決めていた。


 でも、それも難しいことだった。

 その女を殺せば、たちまち動物が主になり、食い殺される人が増えてしまうことになるからだった。


 もう腸が煮えくり返るほどの悔しい思いだったが、家族や、なんとか生きている人のことを考えると、それはやってはいけないことだった。



そんな悔しい思いの中で、目が覚めた。

そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-21 09:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

結果を出せない

 IT系の会社に行っているんですけれど。。。

 まず、会社に着くのがギリギリか、ちょっと遅刻するんだが、みんなはそのあたりの事情をしっているから別になんの反応もない。

 ノートパソコンを開いて仕事上のサーバにアクセスしようとするんだけれど、考えたら一週間ぶりの会社だったから、ログインする名前を忘れてしまっていたし、パスワードなんかもすっかり忘れている。しかも、そのサーバーはセキュリティーがしっかりしているので、1週間ぐらい経過していると入ることすらできないときている。

 確か、前回もこのサーバーに入るのに、すったもんだしたように思えるから、またみんなに迷惑がかかるし、何を言われるのか。。。

 そんなことを考えながら放置してしまう。

 このオフィスの作りは面白くて、普通に机を向き合わせた場所は、事務員とか役職とかの席で、技術者の席は、壁に組み込み式になっていて、いない時は、単なる壁。会社に来ると、壁の一部を倒すと底が机になる仕組み。

 そしてその倒した机の上も、技術屋さんの好みによって、時には乱雑に物が置かれていたりする。

 サーバーのアクセスができないままに午前中が終わってしまった。

 ここまでで言えないと、これからの時間も言えないし、今まで何をやっていたんだ、って言われるに決まっている。

 サーバーにアクセスできないから、やるべき仕事ができずに、どんどん時間だけが経過していってしまう。

 他に、作りかけの設計書があったから、それを作るふりをする。

 でも、サーバーにアクセスできないから、やはりそれの進捗もよくない。

 そして、そのうちに机の上にある物の整理とかをやり始めた。

 やっと3時。

 あと2時間半。

 サーバー。。。


 ここで、同僚がひょいと顔を出した。

 どう? って。

 ここぞとばかりに、実はサーバーにアクセスが。。。


 同僚は、何も言わずに、どれどれと見てくれる。

 いつから繋がっていないの、とかも言わない。黙々とセッティングなどをやっていく。

 同僚がそうやってやってくれているのに、私の気持ちはどんどんと落ちて行く。


 ちょっと休憩に出た。

 トイレにまず行かないと。

 個室に入っていると、声がした。

 さっきの同僚かな、あの声は。

 もう一人の同僚と立ちしょんしながらおしゃべりしている。

 そう言えばさぁ、あいつ(私のこと)、入社以来パッとしないよなー。まだ一度も表舞台に立ってないよなー。リーダー経験もなければ、一つプロジェクトを任されたこともないよな、あいつ。

 あー、やっぱりそういう目で見られていたんだなぁ。


そこで、遠くから微かなピピピピ音が。

それで目が覚めた。

そんな夢を見た。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-20 09:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 とても昔からお世話になっているおばあちゃんがいて、その方が出かけたいので車の運転をお願いできないかしら、とのこと。

 二つ返事でご自宅に向かうと、黒色の車が置いてありました。

 なんでも息子さんの車だとか。

 早速、おばあちゃんを後ろの席に乗せて、走り出そうとしましたが、なんと左ハンドルで、とても重厚な作りの車でした。

 当初、車だからなんとかなるだろう、という安易な気持ちで返事をしたのですが、もしかしたら運転が大変かも。

 おばあちゃんも、そんな私の不安そうな姿に気がついたのか、ここにマニュアルあるよ、と教えてくれた。

 でも、なんとかなるだろうと、発車させてしまったんだけれど、これがどうして。。。

 ハンドルが重い、しかも慣れない左ハンドル、そしてアクセルも重い。

 やっぱりマニュアル見ようかな、とか思って、止めようとしたんだけれど、ブレーキも重い。

 ブレーキを踏んでも止まらない。

 後ろにおばあちゃんを乗せているから、急ブレーキにならないように踏んでいるから余計止まらない。

 あれよあれよと言う間に、道ばたに立っていた女性にコツんと当ててしまって、やっと止まった。

 ぶつけられた女性は、エーって、一瞬驚いた表情を見せたあと、ぶつけたわねと言って、それでもそこから立ち去ってしまった。

 どうしよう。

 ともかくマニュアルを見る。

 なにこの文字?

 何語?

 全く読めないマニュアル。



そんな夢を見た。

昔、車を持っていた時も、ブレーキ踏んだけど止まらなくて、何度も踏んでいるうちに、机の足を思い切り蹴飛ばした、ってことがあるけれど、今回のようなズルズルと止まらない夢も沢山何度も見たなー。

あー、疲れた。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-19 08:31 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 今朝の地震。

 深い眠りに入っていて、全く気がつきませんでした。

a0265144_11264426.png
 津浪注意報も出たんですね。

 震源地の真正面の宮古市の潮位情報です。
a0265144_11290329.png


 その北、久慈市の潮位情報。
a0265144_11305667.png


 宮古市の南の釜石市の潮位情報。
a0265144_11323146.png


 大船渡市の潮位情報は、湾内なので、はっきりとは出ていないようです。
a0265144_11342516.png


 津波注意報は10時20分に解除されていますが、解除=津浪が来ない、ではありません。まだ最大振幅で30cmほどの津浪がきています。それだけのパワーがある津浪がまだ押し寄せていますから、継続して警戒してほしいものです。










「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by WofNaka | 2015-02-17 11:38 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(2)

しまった、ガス欠

 バイクのガソリンがあと2目盛りだけになっているのは知っていたつもりだった。

 この2目盛りだけでゆうに100km以上は走れるはずなので、知っていたけれど全く問題視していなかった。

 で、出先から戻る途中で、赤ランプに気がつき、信号で止まった後で動かなくなってしまった。

 あー、参ったな。

 仕方がないのでそこから押して行った。重さ125kgのバイクを。

 幸いな事に、その周辺で緩い坂も含めてそういう場所はほとんどないので、安心だった。


 すぐに街の中に入った。

 近くの人に、ガソリンスタンドの場所を聞いたら、すぐこの先だとのこと。

 あー、これならそんなに苦労しないで済むと安心していた。

 そうしたら、その教えてくれた人が着いて来てくれて、最後のちょっとした段差のところを手伝ってくれた。

 有り難かった。


 そうして着いたところは、実はガソリンスタンドではなく、私のバイクのメーカーのディラーだった。

 そこでニコニコして出迎えてくれたお兄さん。

 どこかで見た事があると思ったら、以前、家内と一緒に走っていた時に、家内のバイクが故障して見てもらった人だった。


 そっかー、ここはそうだったんだ、見覚えがあると思っていたから。


 で、ガス欠になってしまってって話したら、世間話をしながら部品のチェックをしだして、そのうち、何やら、この部品を交換したいなー、とか、明日なら、この部品を調達できるなー、とか、終いには、このバイクを預からせてくれとか言っている。

 いやいや、単なるガス欠だから。

 それに、ここはバスも走っていない場所だから。

 私はどうやって帰ればいいの?

 あー、この兄ちゃん、完全に自分の世界に入っちゃっている。


 そんなことを考えていたら、急に。

 このバイクで急制動をやってみて下さいって。

 そこの場所は河川敷に作られていたので、直線のコースも用意してあって。


 ただし、その場所は、直線コースの脇には車が並んでいて、ちょっと視界がよくない。

 車の脇から人に飛び出されたら避けきれない。

 そんなことを思いながら、直線コースの下見のためにバイクに乗ってゆっくりと走り始めた。

 コースを確認して、速度を上げ始めた。

 と、その時だった。

 人の気配を感じ、そこに意識を集中した時だった。


目が覚めたのは。

家内と一緒に走ったコース、出会ったお兄さん、行った先のディラーは、全て過去に見た夢の中の場所であり人であった。

そんな夢を見た。

今度バイクに乗る時は、すぐにガソリンスタンドに行こうっと。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-17 11:21 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

放電

お惚気話です。

夫婦のどちらかが出かける時や一緒に出かける時、帰って来た時は、玄関でchuするんですけどね。

以前、その瞬間に静電気で感電したことがありまして。

その後、ちょっとしばらくchuできなかったんですよ。

その時のショックが大き過ぎて。

で、最近は、放電を先にしてからchuすることにしてます。

まだ、手の方のショックの方が小さいからね。

唇同士の感電はきついからね。


だ・か・らぁ、お惚気話だって。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2015-02-15 17:46 | 日記 | Trackback | Comments(2)

広い大きな家

 ともかく広い部屋だった。

 いや、部屋が広いんではなく、一軒家として広いんだ。部屋数も多い。

 もっとも一部屋も広いか。十畳くらいの畳部屋に一人ずついるからね。

 でも、なんていうか、みんな貧乏臭いよね。部屋の片隅で暮らしている、みたいな、どの部屋に行っても。

 


 私だけ浴衣を着て出かけているんだなー。

 そして、震災で壊れた大きな建物の安全な場所から、救助のために登って行く。


あー、もっと憶えていたのに。。。

思い出せない。

そんな夢を見たんだ。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2015-02-13 10:44 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka