<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

30数年ぶりに

いやー、インターネットがあるからできるってことですが。
高校の友人と30数年ぶりにSkypeでお話することができました。
ちょっとトラブったけどね。
途中まで住所がわかっていて年賀状のやりとりはしていたんだけれど、あるときから全く連絡がとれなくなってしまって。。。
年賀状を送る時期がくると、もう会えないんかなー、って思っていました。
 
嬉しいです。丁度、友達100人めでもありますし。
見つけてくれて、本当にうれしい、ありがとう。
 
そう言えば、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」だけどね、何十回も練習を聞かされたので、もう嫌になってしまいましたよ。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2015-03-31 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

一度きりの人生を楽しむ

一度きりの人生を楽しむ、なんてことをよく聞きますが。。。
考えた事はないですね。考えられないですな。
人生を楽しむって、楽しめるもんなんだ(みんなは)、って。
それだけ。
 
でも、病気で苦しい時に、一生懸命取り組みながら、できれば楽しんで、その病気を乗り切りたい、ってことはあるかな。

もっとも毎日ですけど。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2015-03-31 09:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

掃けども掃けども

掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども掃けども。。。
人が通っただけでふんわり浮くような、黒いゴミ。
藁を燃やした時にできるらしいものが、あっちこっちに落ちていて。。。
掃いてもまだあって、宙に漂っていたりして、あーしんどかった。
普段の2倍は掃いたと思う。
 
ヘトヘトです。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2015-03-30 16:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

いきなり春

昔、この季節は、2月ぐらいから、田辺、福井、北九州、佐伯のいずれかに出張していて、帰ってくるのが年度末。
出かける時はコートは必需品だけど、帰りは洗濯物といっしょに段ボールに詰めて送ってた。
東京に戻ると、いきなり春なんだわ。


途中、福井の駅で、急行電車に乗った若い男の子と、ホームにいるその家族。
昔なら当たり前にいつでも見る光景なのかもしれないんだけれどね。
これから都会に出て行くんだね。

そんな春でした。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2015-03-30 10:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

そんなに高かったら

 何も無い野っ原が。。。

 まるであの世の中にある広い広い野原のような場所。

 そこに天井から細い鉄パイプが降りてきていて。。。

 でも地面にはついていない。


 そこに登ったり、降りたりしている、私の無線仲間のSさん。

 ひょうひょうとしたおじさんです。


 私に何やら話しかけてきて、アンテナ上げない?

 って言っているんだよね。

 そこで、車用のマルチバンドアンテナを持ってきて、Sさんに託した。

 だったら、これを上げてくれませんか。


 どの辺りまで上げるんですか?

 だいたい60mぐらいかな。


 えー、60mもあげるのー。

 ケーブルがないんだけど。



 そんな会話をのんびりとしていた。

 もしかしたら、あの世でも、アンテナ上げたり下ろしたりしているかもな私です。


そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-03-30 09:13 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

とうとう犯罪者に

 ずっと社会の裏街道は走らずにここまできた私でしたが、とうとう手が後ろにまわることに。

 五十肩治ったの!!

 っていう突っ込みは無しね。


 私の知り合いが、なんか裏の方でコソコソなんかやっているのは知っていたんだけど、まさかね。

 で、それを知っていたのに匿ったとかで、捕まっちゃったのよ。


 当初ね、そんなことでね、お縄になるとは思っても見ないから、ヘラヘラしながらお巡りさんに聞かれたことをしゃべっていたんだよね。

 そうしたらいきなり。。。


 でも、2週間ぐらいだって、番号で呼ばれるのが。


 それでもなー、前科一犯だよ。

 傷物になっちまっただよー。



そんな夢を見た。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-03-30 09:06 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

復興フラッグの神秘

復興フラッグ、というのをご存じだろうか。
私も深くは知らなかったんですけどね、最後に、Wikipedia(2015/3/29時点)でのを引用しておきます。

旗はこんな感じです。

そして、この中にある【①有志が復興フラッグを持って、全国各地のライダー仲間のもとを訪問する。】の活動の一環の集いが昨夜横浜で行われ、私も参加してきました。

今回、仙台からモーターサイクルショーに合わせて上京した私と同年代の方が、この旗を持ってきて下さいました。
実は、Facebookやブログではすでに知っている☆ぞうさんでしたけれど、生でお会いするのが初めてでした。

見た目はね、とっても近寄りがたい感じでして、きっとバイクで後ろから煽られでもしたら、ごめんなさい、って謝りながら道を空けてしまいそうになるほどの風格を備えた方です。

でもね、サングラスを外して、道を歩いている姿は、とても優しいおじさん風なんでございます。しかもね、超礼儀が正しいんですよ。驚きました。そして、バイクに対して、そしてこの復興フラッグへの熱い思いを強く感じました。

ご本人は、世界制覇を密かに目論んでいると言われてましたが、私には、天下布武(武=鉄馬=バイク)を掲げた信長と重なりましたね。

ま、ともかく熱い思いを胸に秘めた、いやいや表にも出したそのお方。


昨夜は、貸し切りではありましたが、隣のグループは、うら若き女性が大半を占めた保育士さんらのグループでした。こちらの平均年齢の半分くらいなんではと思われたそのグループ。園長先生が、こちらの意図をお店のマスターから聞くと、自らの思いも話して下さいました。

 震災後、福島への思いはあるのだけれど、どうしたらよいのかわからない。。。旨。

その後、二つのグループが一つになりました。

お店のマスターも二つのグループの間にあった小さい仕切りを外したのでした。

そしてその場にいた全員が、園長先生の言葉に聞き入ります。

ないですよね、飲み屋さんで、数十人の人達が、しーーーーーーんって静まりかえることって。

あり得ないですよね。

でも、園長先生の思いと、あの方の思いが重なった瞬間でした。

感動でした。

いいものを見せてもらいました。


こんなことを書くとね、叱られちゃうかもしれないんですけれど、あの震災の後、今まで音信不通だった多くの人達と繋がることができたんですよね。私は、その半年前に母を亡くしてして、田舎には家族はいませんで、もう田舎への思いが少なくなってきていた時でした。それが、あの震災で、一度に田舎への故郷への思いが戻った感じでした。

今回の震災は、地球規模での元に戻ろうとする力によって引き起こされた災害でしたけれど、やはりその上で生きる私達にとっても、何かを思い出して、絆を取り戻そうとする自然の力が働いたような気がしてならないのです。ただそこに、多くの犠牲があってなんですけどね。

なんかね、とても不思議な感じを持ちながら、帰宅いたしました。

私も福島に行きたい。当然バイクで家内と一緒に。昨夜の仲間にとってはちょっとしたツーリングで可能なことが、私には難しいのです。新幹線や車でなら可能かもしれませんけどね。やっぱり自分のバイクでないと、っていうところがあって、なかなか会えないなー、って思っていたところ、だったら上京したときに会えばいいじゃん、って言って下さった方がおりまして、今回の参加になったのです。

結局、できないことを考えることより、できることを、できるところから、ってことなんでしょうね。

でも、行きたい、出かけたい、自分のバイクで福島へ、いやいや、仙台へも陸前高田へも。

===

復興フラッグ(ふっこうフラッグ)は、福島県新地町の海沿いの釣師地区に掲示されている

平成23年3月11日に発生した東日本大震災において大きな被害を受けた新地町の沿岸部で捜索活動を行っていた自衛隊隊員が、瓦礫の中から4つに折りたたまれた小学校の名前の入った日の丸を見つけ、変わり果てた新地の街に掲げたのが始まり。(初代)

その後、同じ仲間の隊員がもっと大きい旗をと、隊にあった日の丸に言葉を添えて掲げた。(2代目)


平成25年末、風雨により劣化した旗を見かねた地元ライダーを中心としたメンバーが、福島県あったかふくしま観光交流大使の「おくさん」デザインにより新しい旗を作成、平成26年1月1日より「復興フラッグ」として掲げた。(3代目)


平成26年中に復興工事のため、道路向かい側の現在地に移設。また、海風による劣化のため同デザイン(4代目)の旗に替わっている。

その時に回収した復興フラッグ(3代目)は、九州のバイク乗りの手によりツーリングイベント的に九州各地に掲示されていた。


平成27年1月1日、同デザインで一回り大きいサイズ(5代目)の旗に替わった。

また、新しいプロジェクトとして、

①有志が復興フラッグを持って、全国各地のライダー仲間のもとを訪問する。

②全国のライダー仲間に復興フラッグを送り、各地でツーリングを企画してもらう。

が企画されている。

===


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村

[PR]

by WofNaka | 2015-03-29 22:17 | バイク&無線 | Trackback | Comments(2)  

ひしめき合うバックステージ

 今日は無名の人だけど長年いい歌を歌っている歌い手の演奏会がある、というので来て見た。

 学校の体育館というよりも旅館の宴会場みたいなところで、前方にステージがあって、後方にも前方の7割ほどのスペースのステージがある。

 誰が作ったのか、下手な手書きで出演者の名前がデカく書きなぐってあった。

 実は今日、その演奏会のサブ行事としてバイク仲間の集会も行われるということで、後方ステージに掲げられた旗を一目見ようと多くのライダーも集まっていた。

 あまりに大勢だったので、後方ステージは人であふれんばかりで、立錐の余地がないほど。

 私もその中にいて、ステージから落とされまいと懸命に人の中にいた。

 開会の時刻になり、その歌い手さんがエレキギターを持ってステージのそでに現れた。

 今時分、こんな格好は流行らないというような、いわゆるださい格好で現れたその歌い手さん。長身で髪の毛はぼさぼさ。一人だけハイテンションだった。

 でも、長年の彼のファンもいて、メインステージの方では、盛大に歌い手さんを歓迎する行事が行われているはずで、その声が聞こえてくる。

 聞こえてくる。。。って?

 そうなんです、私たちバックステージ組は、サブ行事の方に気を取られていて、メイン行事に関心がなかったから。

 開会しても、バックステージの賑やかな事。

 隣の人なんて「実際、あの歌い手のことはよく知らないんだよな」って囁いているほどだから。

 周囲を見渡しても同じ。

 みな、旗の方を見て入るけれど、だれもメインステージを見ている人がいない。


 そのバックステージの雑踏の中からかろうじてメインステージでの声が聞こえたので、始まったらしい。私もメインステージの方を見た。

 そして笑ってしまった。



 例えばこんな風だった。。。

 メインステージでの歓迎行事こそはそこそこの人数でやっていたけれど、バックステージまでの畳の観客席には数人しかいない。

 そしてサブのバックステージにはなんと百人を越える人がひしめき合っていたんだから。

 なんだー。

 そしてもう一つ気がついた。

 身体の上半身が人の波に押されて痛かったこと。

そこで目が覚めた。

なんか知らないけれど、上半身が筋肉痛、首から上も痛くて頭痛がする。あー。

そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-03-21 08:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

肉料理

 最近、ひき肉を使う時は、買ってきた肉のかたまりをフードプロセッサーを使って引いているんですが、昨日も1Kgほどの肉をやるのに1時間ちかくかかってしまいました。

 そしてその大量のひき肉にタマネギと卵を加えてこね合わせて、餃子の皮を家族総出で餃子にして焼いて食べたのですが、今回は肉の量が多かった方、ハンバーグになったり肉団子になったりと、肉づくしになったんですよね。

 さて、今日も、フードプロセッサーを使っています。

 あれは、結構慎重に動かさなければなりません。

 なぜって、刃がグルグル回っていますからね。

 電源の入り切りを確実にやらないと、大事故に繋がりかねません。


 そういう中で。。。

 別な野菜などを切ったり並べたりしていたんです。

 平行作業なのでとても難度が高い調理になっているんですね。

 ちょっと気を抜くと、その刃に掛かってしまいます。

 眠いからさらにその難度は高くなってしまいます。


 ふと気がつくと、両手の指先1cmほどが切られてしまってました。

 しかも切断。

 あっというまで、痛みすら感じませんでした。

 そして他の引かれた肉の中に混ざって行ってしまいました。


 げ、気持ち悪い。

 最初に思ったのは自分の怪我よりもそっちの方でした。

 でも、指先の爪の部分がどの指の先にも見えません。

 ふと気がつくと、それが夢だってわかりました。

 だから痛みがなかったのね。


 危ない危ない、気をつけないと、夢だけでは済まなくなってしまうし、どだい、とても気持ちが悪くなるじゃん、この料理。


 そんなことを思いながら、何度となく、フードプロセッサーが回っている上で、食材を移動させたりしてました。

 痛みもなく、無事調理が終わり、お皿に載せたお料理を並べて、さて食べようとしたときでした。


 なんか違和感があるなー、って思ったのでした。


 なんだろうこの違和感。


 なんと指先がありませんでした。




そんな夢をみた。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2015-03-19 08:51 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

啓蟄を過ぎて

 日々暖かくなってきておりますが。。。

 啓蟄(3/6頃)を過ぎて、マンションのお掃除にも変化がでてきました。

 マンションの廊下の掃き掃除の主は塵や髪の毛なんですが、啓蟄を過ぎた頃から、小さい羽根がある虫が非常に多くなってきました。

 全14戸の小さい4階建てのマンションですけれど、1フロア当たりの虫の数は約100匹ぐらいにはなると思います。

 そうなると、当然、捕食者も現れるわけで、蜘蛛の巣も多くなってきました。


 ちりとりに掃き込まれていく虫たちは、捕食者も当然のように掃き込まれていくわけで、ちりとりの中で、あらたな弱肉強食の争いが起こるのかも、とかいう発想がちらほらありますが、そこは「南無」と祈って、掃き進めていくのであります。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2015-03-17 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)