<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

様々な経験を

 半世紀を生きてきて、そう言えば、様々な経験をさせてもらった。

 これは、全て、私の財産なのだなぁ。

<住む>
 ・両親がいる自宅(実家)に住む
 ・学生時代の下宿
 ・学生時代の兄弟でのアパート住まい
 ・就職して会社の寮で生活する
 ・寮を出て一人でアパート住まい
 ・結婚してアパート住まい
 ・マンションを購入しての住まい

<働く>
 ・学生時代のアルバイトは1つだけだったけど
 ・社員として就職
 ・課長として働く
 ・派遣社員として働く
 ・アルバイトとして1年働く
 ・嘱託職員として採用される

<職場>
 ・1つ目の会社で引っ越しを経験
 ・2つ目の会社で設立を経験、引っ越しも
 ・3つ目のよくわからない職場で、引っ越しも
 ・4つ目の会社で倒産を経験、引っ越しも
 ・5つ目の会社で合併を経験、引っ越しも
 ・6つ目の派遣先で、何度も引っ越しを
 ・7つ目のアルバイトでは引っ越しはしなかった
 ・そして8つ目の職場での初日が引っ越しで、翌日はオープンを経験

<仕事>
 ・残業最高時間210時間、いつもいるね、って言われた
 ・給料袋が立ったことがあった
 ・有給休暇がたまって60日になった
 ・新人女性に徹夜をさせてしまった、それも2回も
 ・飛行機で東京ー福井ー田辺ー東京と飛び回った
 ・片道7時間で日帰りの出張もよくあった
 ・出張先で私が倒れたために休暇を貰えた同僚たちだった
 ・福井での2泊3日の完徹の後、東京に戻ってすぐに九州出張
 ・荷物と一緒に箱詰めで納品され1週間もの間、行方知れずになったことがあった
 ・職場には車で通った
 ・歩いて通った
   ・・・
 ・出退勤さえよければ何も問題がないんだよ、と言われ
 ・杖をついて出勤するなと言われた
 ・手術後1週間で出社せよと言われた
 ・一人だけ何度も青酸燻蒸されてしまった
 ・おまえのために日程が遅れると言われた(違うのに)
 ・この報告は明日朝まででいいから、とやさしく深夜に言われた(寝るなってこと)

<会社>
 ・会社内での引っ越し経験
 ・会社設立に関わる
 ・会社倒産(寸前)に関わる
 ・会社合併に関わる
 ・職場のオープニングに関わる

<11X番の方々など>
 ・寮生の体調不良で救急車を初めて呼ぶ
 ・道端に変に腰掛けている人が体調不良で救急車を呼ぶ
 ・通りの建物で非常ベルが鳴動。いつまでたっても鳴り止まないために消防車を呼ぶ
 ・職場の防火訓練で、110番、119番への電話の仕方を学ぶ
 ・当て逃げを目撃し110番通報する
 ・私が駐車違反をして110番通報される
 ・私の正しい駐車が駐車違反と勘違いされて110番通報される
 ・私の駐車場所に他の車が駐車していたと勘違いして110番通報する 勘違いは大家だった
 ・私の駐車場所に他の車が駐車していたので110番通報する 常習犯だった
 ・家まであと一歩のところで体調を崩し、さっきまでいた病院に救急搬送される
 ・掛ってはいけない病院に救急搬送される
 ・高速道路を幼児がいて、高速警察隊に急報する
 ・高速道路におおきなソファーが落ちていて、高速警察隊に急報する
 ・退院した夜に別な病院に救急搬送される
 ・取引先での会議中、体調を崩して救急搬送され一躍有名になる
 ・ボランティア先で深夜救急搬送される

<病気?>
 ・幼年期、はしかに罹った兄の傍で無常にも遊ばされるが、果敢にも移らなかった
 ・小学2年生、角膜炎と診断され、6年生までの学校帰りをほぼ毎日眼科に通う
 ・小学6年生、強制集団歯科検診で虫歯を10本近く抜かれトラウマになる
 ・中学1年生、指に震えがある事を教師に指摘される 半世紀もかかり全身の震えに発展する
 ・中学1年生、S字結腸が1回転しているのがわかる 大腸検査ができない
 ・中学1年生、貧血と診断されるが、以降女性の基準値内と判明
 ・大学1年生、体力測定でぎっくり腰になる
 ・大学4年生、友達から風疹をうつされる
 ・25歳の秋、クラインフェルター症候群(KS)と診断される
 ・25歳の頃僧帽弁閉鎖不全と診断される
 ・26歳の夏、急性A型肝炎で入院する
 ・32歳の夏心肥大疑いありと診断される
 ・35歳の春、自転車自爆事故を起こす
 ・41歳の冬、ハウスダストアレルギーと診断される
 ・42歳の頃、尿路結石と診断される
 ・42歳の頃、胆石と診断される
 ・44歳の夏、鬱病と診断され中期療養通院する
 ・45歳の冬、胆石のため胆嚢摘出手術を受ける
 ・49歳の秋、血尿が出て半年間悩まされる
 ・50歳の春、骨密度81%の骨粗しょう症と診断される
 ・50歳の春、睡眠障害と診断される
 ・50歳の春、歯の治療のため東京歯科大に掛かる
 ・50歳の夏、頭部白癬と診断される
 ・50歳の夏、不規則抗体保持者とわかる
 ・50歳の夏、尿路結石で結石除去のため手術を受けるも失敗に終わる
 ・50歳の冬、尿路結石で結石除去のため開腹手術を受ける
 ・51歳の冬、上下15本の入れ歯が入る
 ・51歳の春、全身の震えが本態性振戦と診断されるが薬で鬱状態になる
 ・51歳の春、鬱でなく仕事の適応障害と診断される
 ・52歳の夏、右側腎臓に結石が見つかり経過観察中
 ・52歳の夏、肝機能障害がNASHと診断される
 ・52歳の秋、左足付け根の痛みであぐらが掛けなくなる
 ・52歳の秋、福島の足湯ボランティアに参加するも、深夜救急搬送される
 ・52歳の秋、手の震えのために履歴書が書けず、会社の応募を断念する
 ・53歳の夏、右側の五十肩になる
 ・54歳の夏、リウマチの初期症状と診断される
 ・54歳の夏、陳旧性肺結核と診断される
 ・54歳の夏、血尿と結石が出続ける
 ・54歳の秋、骨密度69%で骨粗しょう症と診断される

<スポーツ>
 ・小学4年〜中学3年生、卓球クラブに所属
 ・小学5年生、剣道を1年やった
 ・大学1年生、前期の体育で剣道を選択
 ・大学1年生、後期の体育でスキーを選択
 ・大学4年生、スケートを初めてやった
 ・社会人になって、最初の会社の社内の卓球同好会に入会
 ・25歳の頃、空手入門、入院で辞めた
 ・2つめの会社の時、有志で卓球練習を半年ほどやった
 ・その後、自転車で奥多摩湖、秩父の入口、二子玉、大垂水峠などに行った

<旅行>
 ・1歳、母の背中におんぶされて東京に行く。汽車に乗るところ、三浦三崎の夕暮れを覚えている。
 ・小学1年生の春、1年生なのに保育所の時の格好をされて東京に行く。
 ・子供の頃、福島のハワイアンセンターと飯坂温泉に父の会社の旅行で行く。
 ・子供の頃、秋保温泉に父の会社の旅行で行く。
 ・小学?年生、家族で東京に行く。三浦三崎と中野の伯母さんのところ、高井戸の母の知人のところに行く。
 ・小学6年生、通っていたとなりの市の眼科から自宅まで歩く。多分、10kmほどかと。
 ・大学4年生、友人と長野旅行をする。
 ・23歳の夏、家族旅行で花巻温泉に行く。
 ・25歳の夏、レンタカーで両親と日帰りで遠野に初ドライブ。
 ・26歳の夏、レンタカーで両親と日帰りで宮古ー釜石にドライブ。
 ・26歳の秋、親戚らと榛名湖に旅行に行く。
 ・27歳の夏、最初の会社の社内旅行に行く。
 ・28歳の春、両親を連れて東北旅行に行く。初めての宿泊。
 ・28歳の夏、中国人の同僚とレンタカーで東北旅行をする。
 ・29歳の秋、両親を連れてレンタカーで十和田湖に旅行をする。帰りに道を間違えて花巻温泉で一泊する。
 ・30歳の春、親戚らと両親とレンタカーで弘前の桜を見に旅行する。これが父との最後の旅行になる。
 ・32歳の春、同僚とマイカーで青森に旅行をする。
 ・33歳の秋、会社の旅行で初の海外旅行、パラオに行く。
 ・34歳の冬、阪神・淡路大震災の2日前、バスで兵庫、大阪に行く。
 ・35歳の夏、友人らと鬼怒川温泉に旅行する。
 ・35歳の冬、会社の旅行で箱根に旅行する。
 ・36歳の夏、友人と湯河原に旅行する。
 ・36歳の夏、友人と東北旅行に行く。
 ・36歳の秋、婚前旅行で家族で淡路島に旅行する。
 ・37歳の秋、家族で軽井沢に旅行する。
 ・38歳の秋、義両親と家族で東京湾クルーズに出かける。
 ・39歳の夏、義両親と家族で北海道旅行に行く。
 ・39歳の秋、義両親と家族で山梨旅行に行く。
 ・41歳の秋、家族と友人と河口湖に出かける。
 ・47歳の夏、夫婦で羽田空港ホテルに宿泊する。
 ・48歳の春、夫婦で羽田空港ホテルに宿泊する。
 ・50歳の秋、友人を三島に訪ねる。
 ・51歳の秋、家族のうち3人で帰省する。
 ・52歳の秋、友人と国見温泉に旅行する。


 まずはここまで


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

by WofNaka | 2016-04-28 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

ドローン

 私は駅前の広場にある建物の2階にある喫茶店にいた。

 外は雨。

 ロータリーを挟んだ向いには、左側から緩やかな傾斜の直線の道路が、まるで小学校の校庭に書かれた細長いトラックのようなロータリーに接している。

 ロータリーの右側には、その先の川を渡る橋まで直線の道路が続いていた。

 私は喫茶店にはいたが、右側にスクリーンがあって、そこには、ドローンが撮影している外の景色を見る事ができた。

 ドローンは、ロータリーを抜けて、まっすぐ川の方に向かって飛んでいた。

 ロータリーのすぐ横には広い公園があった。

 こんな雨の中なのに、公園で遊んでいる親子がけっこういた。

 ドローンは公園の上空からさらに橋に向かって飛んでいた。

 公園の横には大きな池があって、そこにも子供達が入って遊んでいるのが見えた。

 そして、やっと川に出た。

 さすがに川の中で泳いでいるひとはみえなかったけれど、川岸には多くの人影をみることができた。こんな天気が悪いのに。


そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-25 08:17 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

木を見て森を見てないんじゃないの?

 その施設のサーバールームはとても近代的で、一見するとのぺっとした一枚の大きな壁の前にテーブルが設置されているだけのようだった。テーブルの上には何も置いてない、キーボードさえもなかった。

 私は、権限が与えられていなかったけれど、うろ覚えのIDとパスワードでそのサーバールームに出かけた。

 サーバールームには若い女性が一人いて、最初は胡散臭い目でこちらを見たけれど、使っていいともダメとも言わずに中に通してくれた。

 大きな壁のある場所を押すと、大きな扉が開いて、キーボード付きの制御盤が現れた。

 テーブルの前にある席に座り、IDとパスワードを入れようとするんだけど、うろ覚えなので、きちんと入力できなかった。

 気がつくと、先ほどの若い女性が、近くに寄ってきて、IDはなんとかでパスワードはこれよ、なんて言いながら、ふふふって笑っている。

 そんな簡単に見知らぬ人にIDやパスワードを教えちゃいけないと、と忠告した。

 結局、3回も失敗したので、自分の記憶の悪さに悪態をついて、サーバールームを後にした。



 サーバールームを出ると、一人の男性が私を待っていた。

 ついてくるようにと。

 廊下を隔てた、これまた何も書いていない部屋のドアを開けて、その部屋に招かれた。

 中は、まばゆい光に満たされた部屋で、数人毎の島が10個ほど円状に設置されていて、内側にはその係毎のお偉いさんが腰掛けて、私が入っていくのを鋭い視線でおいかけていた。

 その横を通り過ぎて、一番奥にいる一人の年配の人の席の前まで行った。



 重要な顧客のデータが入っているので、それを覗かれたら困るんだけど。

 それは、私がサーバーにアクセスしようとしたことを言っているんですか?

 そうだ、と言わんばかりにうなずいた。



 私をどうしようと言うんですか? 首にでもしますか?

 私を首にしてもいいけど、近い将来、国民から突かれるような事態になるかもしれませんよ。

 ?

 ここの仕組みには、情報セキュリティ上のいくつかの重大な問題が隠れているから。


 まず、私がなぜサーバーをアクセスしなければならなかったか知ってますか?

 いや?

 私の下に、一台のハードディスクと、それを処分するような書類が届きました。これを廃棄して、という内容で、なんの権限もない私にそういうことを簡単に依頼する仕組みが問題ですよね。しかも、業者がもしこの内容を取り出したら情報漏洩は間違いないことになる、それを許すようなゆるゆるな話しなんですが。

 そこで考えたんですよね。

 同じ廃棄でも、復元できないようにするにはどうすべきかを。データを削除して、別なデータで埋め直して、さらにハードディスクをバラして、ドラムを破壊して、その残骸を廃棄業者に委託しようと。
こんな仕組みの会社のひとに、そんなことを言ってもわからないだろうから、仕方がない、私がやるしかないかな、って思ってね。

 で、サーバー権限でこのハードディスクに書き込みをしようと思って、上司にサーバーのIDを教えてください、って言ったら、理由も聞かずに教えてくれたんですよ。それも問題ですよ。

 そして、サーバールームに行ったら、難なく通してくれた。そこも問題。

 そしてそして、私がうろ覚えで入力してミスっていたら、こっそりと教えてくれる輩も現れた。ね、問題でしょう?

 最後の極めつけが、あなた方ですよ。

 理由も聞かずに首にして終わらせようとした。


 なんかの嫌がらせですか?
 私が情報セキュリティを知っているからって、私に罠をかけたんですか?
 


 そんなやりとりをしていて、気持が激高していく中、目が覚めた。


そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-25 08:07 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

ひとりひとりを大事にするんじやないの⁈

家内は最近、喫茶店を始めた。

ひとりひとりを大事にして、ゆっくりとくつろげる場所を作るんだ、って言って。

でも、まだ知名度が低いから、お客さんは少ない。

今日は3人。

3人が、カウンターと、窓際と、真ん中の席に座って、文字通りゆったりとしてこれからランチの時間だ。

先ずはサラダ。

大きな皿にてんこ盛りのサラダ。

お客さんが、自由に取れるようになっているんだが。

みんながそれぞれ取った後で、真ん中の席のお客さんが、何を思ったのか、一度口にしたお箸で、サラダの大皿を突き出した。

それを見ていた窓際の席の女性、側から見ていても、どんどん食欲をなくしていくのがわかる。

あー、もうサラダだけで帰り支度を始めてしまった。

家内には見えているはずなのに、何も言わない。


後日、近くの広い公園に出かけた時に、私は余りに悔しくて、コーヒーカップを砕いた欠片を、ちょっと離れた場所から家内に投げ付けていた。

ひとりひとりを大事にするんじゃなかったの?

なんであのまま、放っておいたの?

ても、家内は私の気持ちに気がつかない。

盛んに、その客の悪口を言っているだけだった。


もう、悔しくて悔しくて、それで目がさめた。



そんな夢を見た。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-23 06:49 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

えぇ!! このタイミングで次は東京か!!

 昨日は仕事は休みだったけど、色々とイベントがあって、それがみな無事に終わったので安心したのか、夜になって急に眠たくなった。

 で、早々に横になったんだけど。。。

 外や窓付近でガタガタ音がして、身体が大きく揺れた。

 あ、地震か。

 でも、すぐに収まって、ちょっとだけ安心したけど、またすぐに同じような揺れが。

 あー、このタイミングで今度は東京での直下型地震か、と思った。

 そして、眠かったけど、頑張って起きて、テレビをつけようと思ったんだけど、隣を見ると家内が寝ていた。

 そこで、「今、地震が2回あったよね」って言って、せっかく眠っていた家内を揺り起こしたんだった。

 そうしたら、揺れてないよ、との答えが。

 え?

 いや、揺れたよ、2回も。

 いんや、揺れてないよ。

 ってんで、急いでiPhoneで地震情報をチェックしたんだけど、そのちょっと前に熊本では揺れているけれど、関東ではどこでも揺れてなかった。


 って、ことは、気のせい? 夢?

 いやいやそんなことはないよ、絶対に揺れたよ。。。


 そんなことを考えながら、朝になった。


 で、昨夜の顛末を家内と話したら、実はこういうことらしい。

 私ら夫婦はダブルベッドに寝ている。
 昨夜は私が先に寝ていて、後から家内が寝た。これが1回目の揺れ。
 その後で寝返りを打った家内。これが2回目。

 そして、私が寝言で、地震が2回、って言ったそうな。



 あー、夢で良かったんだけど、なんか釈然としない。もう!!



あれは夢だった。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-18 07:55 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

大丈夫だったけど、猛省

今日は、この強風の中をバイクで出かけたのですが。

バイクに乗って、初めて怖い思いをしました。

まず、家を出ての信号待ちで周辺360度方向から、翻弄されて、立ちごけ寸前。なんとか保って、発進。
でも、予想外のところからぶんぶん振り回されて。。。後悔しましたが、引き返しても、それはそれで大変なので、慎重に前進前進。

帰りは、広い片側2車線の道路で、背後からの4WD車に同じ車線で追い抜かれそうになった。この風の中で。
風で煽られて接触したらどうすんだよぉー。
仕方がないから、車線中央を走って、相手を牽制。

何を思ったか、その後、後方から煽られた。

ま、風で煽られるのが大変だったからそれどころではなかったけれど、何を考えて走ってるんだか!!


以前、台風で風速30mの時に多摩川沿線道路を走った経験があったから、今回は大丈夫だろうと思ってましたけど、そんなことはなかった。

怖かった。超、怖かった。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村

[PR]

by WofNaka | 2016-04-17 19:41 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

日々、幼稚園児を1人

 仕事はフルタイムでないので、週の何日か出かけていきますが、職場に着くといつも幼稚園児を一人 任されます。

 でも、一日何をしてあげるわけではないのですが、一人を任されるのです。

 私以外の職員も、一人を任されているようなのです。きっと、これも仕事のひとつなんだろうと思っていました。

 でも、毎回、同じ子ではないのですね。

 日によって違って、それは毎回ランダムなんです。

 誰がどの子にあたるのかはその時にならないとわからないようです。

 仕事として、子供を預かっても、特に何をしてあげるわけでもないので、放っておいてもいいんですね。

 だから別に迷惑なことはなくて。



 そうやって4月から今日まで、なんの疑いもなく来ました、が。。。




 それが夢だったことに今朝気がつきました。



そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-14 20:48 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

夜中に針を飲み込んでいた

 昨夜、寝ていて、急になにかを飲み込んでしまった感覚があって目が覚めた。

 いつも寝ている時には入れ歯も装着されていて、その入れ歯が浮いてしまっているのはあるけれど、口の中には入れ歯は残ったままだったから、それ以外の何かを飲み込んでしまったようだった。

 でも、何を口の中に入れていたのか、どうしても思い出せなかった。

 思い出せないぐらいだから、もう考えなくてもいいか、とも思って、寝ようかとも思ったけれど、もしとんでもないものだとしたら、すぐに救急車を呼ばなければならないかも、とも思った。

 でも、やっぱり思い出せなかった。


 朝になった。

 起きてトイレに行ったら、プラスチック性の親指大の物が便器に浮かんでいた。

 あー、これを飲み込んでしまったのかもしれない。

 蓋があって、それを開けたら、とんでもないものが入っていた。

 ソケットが付いた針が3本。

 もし、プラスチックの蓋が体内で溶けてしまっていたら、とんでもない事態になっていたかと思うと、背筋が凍る思いだった。

 でも、昨日一昨日とお腹の調子が悪く、激しく下痢をしていたので、腸の中がスッキリしていて、そのお陰で、この飲み込んでしまったプラスチック性の物体が途中で止まらずに体外に出たんだと思うと、あの下痢もありがたかった。

 もし、体内に留まっていて、その間に、プラスチックの蓋が取れてしまったら。。。

 とても頭の中で考えられないことだった。



 そして、この件は、忘れてしまっていた。さっきまで。


 仕事中に、そう言えば、って思い出して、はたと気がついたんだ。


 あれが全部、夢だったことに。


そんな夢を見た。











「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-12 16:12 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

運営委員会

 今日も仕事に出かけた。

 4月からだから、まだ慣れてない。

 知らない人ばかりだから、緊張の連続だ。

 今日は、長身で細身の男性、私よりちょっとだけ年配の人に声をかけられて、一緒に外出することになった。

 初めての外出。


 連れて行かれた場所は、20人ほど座れる四角く机が並べられた会議室。

 私たちが最初に着席していたら、年配の方々がどんどん入室してきて、7人ほどになったところで会議が始った。

 一緒に出かけた男性が、開口一番、「今度の委員長を連れてきました」って、いきなり私を振り向いた。


 え?

 何も聞いてないんですけど。

 っじゃ、後はよろしく、って、さっさと退室してしまった。


 あっけに取られているうちに、ざわざわして議題に入っていってしまったんだけど、何も決まらない。

 みんなが言いたいことを言いたい放題して、さっぱり前に進まない。


 そうして、何も決まらないまま、閉会した。





そんな夢を見た。

そう言えば、さっきの男性、見た事がある人だ。それも、従兄弟だ、ちょっと前に亡くなった。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-11 14:05 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

バイクが奪われた

 急に呼び出されて、バイクで出かけました。

 山の上にあるその指定された場所に行くには、アップダウンの激しい道を何度も走っていかなければなりません。

 そうして、やっと到着して、用事を済ませて帰ることになりました。

 帰りは、なんかちょっとおかしな感覚で帰ってきたのですが、途中の登り坂で、ギアをチェンジしたり、一生懸命こいだり、って、あれ、これってもしかして自転車?

 来る時は、バイクだったことを思い出して、慌てて帰り道を戻ります。

 指定された場所の手前にある広場には、人だかりがしていて、私は、そこにいたある男性に呼び止められます。

 そして言われた言葉が。。。

 申し訳ないけど、帰りはこの自転車で帰って欲しいんだ。

 いやいや、私はバイクで来たんだから、帰りもバイクだよ。

 私のバイクをどうしたっていうんだ。

 制止を振り切って、中にずかずかと靴のまま上がり込んだ。

 そこにいたのは、さっきまで打合せをしていた、小柄で横柄な態度の女性だった。

 そこから、手に持っていたバイクのキーの奪い合いになった。

 最後には、相手からキーをむしり取ったんだけど、果たして、バイクはどこにあるんだろう。


そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

by WofNaka | 2016-04-06 15:30 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)