World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今までの登山歴

 自分の足で登った山や高所、車やロープウェイで登った山、山じゃないけど高所を挙げてみた。

<自分の足で登った山または高所>
 252m:小学校の遠足で登った、陸前高田市の仁田山
 446m:中学校の遠足で登った、陸前高田市の箱根山。
 874m:高校生の遠足で登った、陸前高田市の氷上山。
1,320m:大学生の時、下宿の方々と登った宮城県の大東岳。これが最高峰。

<車やロープウェイで登った山>
 599m:八王子の高尾山。
 756m:いつ行ったのかは覚えていないけど、大船渡市の今出山。
 876m:無線仲間と出かけた、埼玉県ときがわ町の堂平山。
 895m:10年ぐらい前に行った、大東町の室根山。
1,560m:大学生の体育のスキー合宿で無理矢理、連れて行かれた、山形蔵王のロープウェイ頂上。

<山じゃないけど高所>
 860m:車で旅行に行った、岩手県国見温泉。
 900m:車で救助犬の合宿で出かけた、新潟県津南キャンプ場。
2,034m:大学4年の友人との旅行で最後は歩いて行った、長野県の美ヶ原の王ヶ頭。
2,305m:車で行った、富士山の五合目(富士スバルライン側)。
    (富士山は登山口毎に五合目の高さが違うらしい)


それぞれの場所)
 252m:小学校の遠足で登った、陸前高田市の仁田山
 446m:中学校の遠足で登った、陸前高田市の箱根山。
a0265144_22383396.png

 599m:八王子の高尾山。
a0265144_22462074.png
 756m:いつ行ったのかは覚えていないけど、大船渡市の今出山。
 874m:高校生の遠足で登った、陸前高田市の氷上山。
a0265144_22392986.png

 860m:車で旅行に行った、岩手県国見温泉。
a0265144_22412084.png

 876m:無線仲間と出かけた、埼玉県ときがわ町の堂平山。
a0265144_22415725.png
 895m:10年ぐらい前に行った、大東町の室根山。
a0265144_22424839.png
 900m:車で救助犬の合宿で出かけた、新潟県津南キャンプ場。
a0265144_22432775.png

1,320m:大学生の時、下宿の方々と登った宮城県の大東岳。
a0265144_22441759.png
1,560m:大学生の体育のスキー合宿で無理矢理、連れて行かれた、山形蔵王のロープウェイ頂上。
a0265144_22480638.png
2,034m:大学4年の友人との旅行で最後は歩いて行った、長野県の美ヶ原の王ヶ頭。
a0265144_22484515.png
2,305m:車で行った、富士山の五合目(富士スバルライン側)。
a0265144_22492023.png


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2016-06-28 22:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

U18の会

 ○心○全という言葉を最近よく聞くんだが。。。

 今日は、その言葉の部署で、集まりがあるらしい。

 私は、他の部署での打合せがあっていけないから、自分の方ので作成した資料を持ってノートも持って出かける準備をしていたんだった。

 すると同僚が何人か来て、さぁ、行くよ、って私に声を掛けた。

 さて、仕事だ仕事だぁ、って張り切って出かけたら、着いたところは○心○全の集まりの方だった。

 集まっている人は皆若い。

 嫌な予感を感じつつも、めいめい勝手に坐り出す。

 座席が埋まる頃に、主催者と思われる人が現れて、ここは18歳未満の人が集まる合コンの会です、と言ったんだ。18歳って。。。途方も無く過去じゃん。

 私は、本当に途方に暮れて、その場を後にした。

 そして、建物を出てフラフラ歩いて行くと、一軒のバーにたどり着いた。

 そのカウンターには、さっきの主催者と思われる人がすでに来ていて、私に問いかけた。

  なんであんたがあの場所にいるんだ。会員証を見せてみろよ。

 私はよくわからないけれど、最近渡された会員証みたいなものを見せた。

  これ、もう切れているじゃん。ダメだよ、更新しないと。

 おいおい、そんなことを言ったって、俺はあんな会は知らないし、ここだって知らない。初めて来る店だ。どうやって更新しろっていうんだ!!

 主催者は、しどろもどろになっていなくなってしまった。


 私は外に出た。

 どうやら立川の歓楽街に迷いこんでいるみたいだ。

 ともかく駅の方に向かう事にしたんだけれど、そこまでの間に、暗い場所がある。嫌な予感。

 案の定、歩いて行くと声を掛けてくるやつがいる。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-06-28 08:59 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 最近、たまーに、こっそり職場にバイクで出かけている私です。

 昨日の日曜日は気分転換にと、久しぶりにバイクで出勤。今日は、迷いながらも月曜日の朝、バイクで出勤。

 下の地図の赤いコースを走りました。途中の青いコースは今までのコースです。
a0265144_21593501.png
 途中の是政橋から対岸の稲城市に移動し、ひたすら川沿いの道を走るんですけどね。この2日間は、鶴川街道の多摩河原橋を使わずに、そのまま多摩沿線通りを使って世田谷通りに出て、多摩水道橋を使います。

 日曜日にこのコースを使った時は、渋滞もなくスムーズに職場までたどり着きました。しかも距離が青色のコースよりも短いんですよね。この多摩沿線通りの特徴は、長所は混んでいなければ気持よく止まらずに走れるけど、短所は、一旦混み出すと手がつけられない、ということで、月曜の今日は、この後者になってしまいました。それでも川下に向かう時は、1km10分ぐらいの渋滞でしたけど、朝の川上に向かう方は、2、3kmの渋滞になってました。

 青色のコースの特徴は、確実にたどり着けるのですが、信号が多い。しかもしょっちゅう止められる。このストレスをどうするか、というところです。今日の帰りも、赤色のコースを逆に辿りましたが、さすがに渋滞する時間じゃなかったので、スムーズに走ることができました。

 雨さえ降っていなければ、信号は少ないし、うまくいけば10kmほど停止せずに走ることができるコースです。

 

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2016-06-27 22:10 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

山の中の家

 なんとか遅れて、打合せをする相手のお宅に着いた。

 大きな平屋の一軒家なんだ。山の中腹に建っているんだけど。

 山肌のでこぼこは、高床式になっていて、大きなリビングを実現させている。

 天井は、屋根に沿って、中央付近から緩やかに下がっている。


 そんな中、大きなテーブルを挟んで打合せが始ったのはよかったが、私は、あることに気がついてしまって、気が気ではなかった。

 なんか、目の端に、小さいものが走って行くのがさっきから気になっていた。

 よく見てみると、それは昆虫。いや、蜘蛛で、大きな蜘蛛が小さい蜘蛛を追いかけていたり、昆虫がガサゴソと家の中を動いていたり。

 誰もそのことに気を止めてはいなかったみたいだけど、私は打合せどころではなかった。

 その家の主が、私のそれに気がついて、おくのソファーに移動すると言ってくれた。

 でも、家の中の状況がこんなだから、あまり期待したくなかったんだけどね。

 そしてソファーに移動して、暫くして、今度は体長3mほどの大きな白い毛に包まれた動物がやってきた。

 新種か? なんだかわからないその動物。

 部屋の途中の子供たちが寝ていた布団の上で、おしっこなんかしたりして。

 そして、またあることに気がついた私。

 あっちこっちに水溜りができている。

 何かと思って天井を見上げて驚いた。

 あっちこっちで雨漏りがしていて、しかもその漏れているところから黴なのかコケなのかが盛大に茂っているんだ。

 この家は、もう長くない時間の間に、この山に埋もれてしまう事だろう、と思った。


 当然、こんなだから打合せどころではなかった。


そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-06-24 10:10 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

なに走ってんの?

 夕方、これから10kmほど離れたある方の家で打合せをするために、バイクで移動しようとしていた。

 一人は別ルートで向かう事になっていて、私と、もう一人はバイクだった。

 信号が変わって、私が先陣を切って交差点を右折し、緩い坂を登ったんだけど、そこで、はた、と気がついた。

 なんか私、自分の足で走ってない?

 でもライトが正面を照らしている。

 そこに後で追いついてきたバイクの人が声を掛けた。

 なかちゃんさんもバイクかと思ったら、いきなり懐中電灯持って走り出すんだもの、びっくりしたわー、って。



そんな夢をみた。

ちょっと惨めすぎるだろう。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-06-24 10:00 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

航空ショウか?

 今日は、外が賑やか。

 街でお祭りをやっているみたい。

 そして夜になった。

 今度は、ゴーっていうものすごい音がしてた。

 なんだろうと思って外にでたら、何十機もの戦闘機が、下から上に向かって白煙を出しながら急上昇しているところだった。

 そして、ある程度のところまで行くと、今度は機体を下に転じて急降下してくる。

 その中のある機は、もう地上に激突するばかりの急降下で。。。

 また、ある機は、宇宙にでも飛び出す勢いで、ズンズン登って行って、ついには見えなくなった。

 下の方で、お腹に響くような爆発音がした。

 あー、さっきのだな。



そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-06-23 22:14 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 昨日、居間で家内と一緒にテレビを見ていた時のこと。

 子供たちが自分の部屋に居たのをいいことに、ちょっとだけチューをしたのね。

 そうしたらさぁ、今日、職場に行ったらね、同僚から言われたんだよね。

 「昨日チューしてたでしょう」って。

 なんで知っているの?

 あー、昨日の帰りに、我が家に寄ってったんだなぁ。そこで盗み見たんだろう。

 ってね。


 でもさ、それこそ自体に無理があるってもんよ。

 私の家に、なんで来るの? 家も知らないはずだのに。

 で、暫く考えて、夢の中でそれが夢だと気がついたのでした。


そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-06-17 23:53 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

職場の飲み会

 今日は、職場での歓送迎会がありました。

 えぇ、今!? って思いますよね。

 私もそんな感じでした。


 参加者の内訳は、3月で離れた方が数人と、新たに入った方10数人で、総勢60人ほどの方が一同に会しましてね。
 しかも、時間前にほとんどの方が来た、というのも凄いらしいんです今回。


 多くの方は、前職も福祉関係の仕事がほとんどで、私はやはり異色でした。

 みんなの趣味を聞く機会もあって、走る、登る、野球球団の応援、料理、など、多趣味の人と無趣味の人とはっきりと別れる感じでしたね。

 レアなところでは、格闘技系で大会に参加するレベルの人、私のようなアマチュア無線も2人、茶道、鉄道のジオラマのボランティアやっていたり、畑で野菜を作ったり、などでした。

 座席は、クジで場所が決まるのですけどね、なかなか趣向が凝らしてあって、飽きない感満載で楽しかったです。



 そう言えば。。。

 いくつも会社を変えた私ですが、宴会で楽しかった会社は3つめのこじんまりとした会社でした。

 2つめの会社もこじんまりしてましたけど、皆でお金を貯めて海外旅行に行きましたっけ。3つめの会社で幹事になった時は、2ヶ月に1回宴会を行うと公約。それほど金額は掛らないけれども、芸者さん見習いが来るお店だったり、社員の家族も参加する宴会だったりと、楽しかったでした。もうないけど。

 なんかね、今までにない雰囲気の職場で、まったりと仕事させてもらってます。


 

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2016-06-10 22:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

想定外ではないけれど

 今年ほど(アマチュア)無線をやらない年はないな、とは思っていましたが、まさかこんなことが起きて、無線をまたやり始めることになるとは。。。

 それは何か。

 それは、住んでいるマンションに隣接する家が取り壊されたことによります。

 今まではこんな状況の中でアンテナを建ててました。
a0265144_23090629.jpg
 こんな虐げられた環境に、沢山のアンテナを上げていたのです。

 ところが。。。ある日、いきなりこんなことになったと思ったら。

 翌日には。。。なんていう事でしょう。
a0265144_22583255.jpg
 いままで、不本意ながらもローカル各局から「穴蔵」と言われ続けてきたこの環境でしたが、いやー、開けましたよ東側が。

 そこで、今まで押し入れに眠っておりました無線機の何台かを引っ張り出してきて、電源を入れてみました。

 ところがどっこい。

 やっぱり、普段から電源をいれておかないとダメですね。

 電源は入りますが、受信系統がダメでした。加えて無線機の文字盤が見えません。

 見えないのは無線機の性ではありません。これは私の視力の問題です。

 あー、なんていうことでしょう。


 ということで、この土地に次なる建物が建つまでのつかの間ですよ。でも、無線を再開したいという思いに火をつけるには十分な出来事でした。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。


[PR]
by WofNaka | 2016-06-09 23:10 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)

二人乗り

 二人乗り歴について書いてみる。もちろんバイクの話です。

 人生初二人乗りは、物心が付いた幼少期。近所のおばさんが運転するカブの運転席の前に小さい子ども用の椅子がついていて、近所に出かけるのにのせてもらったっけ。恐怖感はなかったように思える。

 次は、大学時代。友達の家に行くのに、ナナハンの後部座席に友達に抱きつくように乗った。もうまな板の上の鯉だった。任せるしかないっしょ。

 その次は、取引先の方に会社の帰りに乗せてもらいました。後部座席なのに、運転席よりも頭一つ分上に出ていて、結構怖かった。

 そしてその次は、家内のバイクに乗せられた時のこと。お姉さん腰掛けをしたら、めちゃ怖くて、走行中に飛び降りてしまった。その後は、跨がって、恐怖に震えながら乗って帰ったらしい。

 それから暫く時間が空いた後、やはり家内の運転するバイクの後ろに乗った。まだバイクの免許を取る前のことだし、まさか自分が免許を取得するとは思っていなかった時代。

 ところで、バイクの後部座席での乗り方っていうものがある。。。

 ・たとえどんな状況になっても、運転手のヘルメットにぶつけない。
 ・自分の身体は自分で支える。
    私は、右手でバイクの横のバーをしっかり掴み、左手は、背中にやって、後ろのボックス
    との間のクッションにしている。
 ・荷物と化す。
    カーブで体重移動をしない。
 ・運転手が後方確認をするために振り向いても、何? って聞かない。
 ・後方確認を妨げない。
 ・周囲の安全を確認して運転の補助をする。
 ・走行中、予め、道路のでこぼこが予想される場合は、足を踏ん張って、揺れを最小限にする。

  などなど。もうプロですよ。


 さて、ここからは、自分が二人乗りをした経験になります。

 まず、小さい方のバイクで下の娘を乗せました。これが人生初二人乗り運転でした。
 近場を一周してきましたが、あまりに娘が軽かったために、ぐんぐんどんどん走ってしまい、娘は怖かったみたいでした。

 次に、私のPCXで上の娘を乗せました。1、2km走って、娘は大丈夫だったみたいでした。もちろん私も。

 そして今夜、小さい方のバイクで家内を後ろに乗せようとしたのです。
 全くダメでした。走る、までいきませんでした。走り始めてすぐに体重を支えきれずふらついて、そこで中止になりました。もう二度と家内を乗せることはないでしょう。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2016-06-03 21:27 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka