World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蜘蛛の糸

晃の家は平屋で、昔の家だったので部屋数が多かった。

当然、普段入らない部屋もあった。

今日はそんな家の中の掃除をしようと思った。

奥の方にある本棚の右脇に扉があってさらに奥にも部屋があるけれど、本棚の前にはなぜか襖が横に置いてあった。

まるで奥の部屋には来るな、と言っているようだった。

そう聞こえると、わくわくして、さらに入ってみたくなる晃だった。

今日は時間もあるしね。探検するつもりで、その中に入って行った。


襖を跨いで奥の部屋に行こうとしたところで何か違和感を覚えた。

本棚の手前の視界の中を、斜めによぎる光の線があることに気がついた。

線は3本。

幅が5mmほどの平べったい線だった。

それが透けて見えるために、そこだけ光の屈折が違って違和感を覚えたらしかった。

なんだろう、その線は。

晃は慎重に襖を跨いでその線の側に近づいた時だった。

今度は、天井の方からの沢山の視線を感じた。

不気味だった。

身の危険を感じて、恐る恐る上を見上げて、さらに驚いた。

丸い蛍光灯を覆うように綿がぎっしりと付いていて、何かが蠢いているようだった。


綿の中から覗かれているような気がした。


暗闇の中で晃の目が慣れてきて、そこに現れたのは、大きさが2、3cmの黒い蜘蛛の群れだった。




次の瞬間だった。

思い思いの速度で、糸を引いた蜘蛛たちが、一斉に晃めがけて落ちてきたのだった。

晃は気がつかなかったが、斜めに張られていた線は、太くて頑丈な蜘蛛の糸だった。

足に糸が絡み付いて、動けなくなっていることにも気がつかず、落ちてくる蜘蛛の群れを眺めているしかできない晃だった。




どこかで、ジリジリと音がする。

晃はとっさに音の方に手を伸ばした。





そんな夢を見た。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-29 00:09 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
今日は、用事があって電車で都心に来ているんです。

珍しく、高いビルの最上階にまで登って。

ここは屋上まで出られるっていうんで、用事とは関係なかったんだけどね、興味本位でつい来てしまった。

確かに、ここは外だ。

あの、東京タワーでも、高い展望台までは来る事ができても、所詮、建物の中よ。

でも、ここは完全に外だ。

さらに高いところにヘリポートがあるけどね。

強い風が吹いているのがわかるよ。


今日はもうここから自宅まで帰るだけなんだけどね、遥か遠くに自宅の最寄りにあるビル群が見えるわけで、あー空でも飛べたらね、渋滞も通勤電車の混雑もなく帰れるなー、とか思っているんですよ。

今回、この屋上まで上がってきた人は少なくって、ま、さすがにウイークデイだしね、こんな暇な人いないよね、ってことで人は少ないです。

ちょっと物陰に入って、誰も見ていないところで、背伸びをする。

両腕を伸ばして、「すーぱー」って言った後で、さらに両腕を突き出すようにして「まーーーーーん」って言っても、飛ぶ訳がない。

でもなぁ、恥ずかしいけどやってみるか。

「すーぱー」「まーーーーーーん」。

あれれ、飛んじゃったよこれ。

少なくともビルの屋上にはいない。

もうビルと他のビルとの間の空間に出てしまっている。

下からの風に煽られて飛んでいるわけではなく、明らかに自分の身体から推進力があって空に飛び出したみたいだった。

眼下に車や人の流れが見えるけど、ちょっとずつだけど、それが大きくなってきたように思える。

ビルから落下しているわけではないけれど、明らかに高度が落ちているのがわかる。

どうやら、姿勢が悪いから落ちてきているみたい。

あわてて、身体をまっすぐにして、腕を前に突き出した。

徐々に速度が上がってきて、まっすぐに飛べるようになった。

操縦はどうするか。

身体全体を捻れば、捻った方向に曲がる。

戦闘機が方向を変えるのと同じ。

前進するにはひたすら腕を伸ばすんだけど、ちょっとだけ右腕の方を前に出すとよいみたい。

止まる時には身体を起こす。



さてさて、さっきから右腕を一生懸命に前に突き出しているんだけど、なんか速度が出ないような気がしてきた。

横風にも流されてきていて、どうも海の方に流されているみたいだ。

海に落ちたら、さすがに大変なので、少なくとも海岸線ぐらいの上空はキープしておきたいところだ。

もう速度と高度がどんどん落ち始めた。ヤバい。

なんとかかろうじて、船着場のあたりに着地できた。


ここから自分のアジトまでは、もうちょっとなんだけど。

少し休憩をして、もう一度やってみる。

周囲は薄暗いから、目立たないよな、とか思いながら、「すーぱー」「まーーーーーん」って腕を伸ばした。

さっきよりは、速度も出て、また上空に登ることができたけど。

すぐにまた落ち始めた。

あー、もう少しなんだけどなぁ。

なんとか騙し騙ししながら、やっとアジトのビルの真上まで来る事ができた。

っと、そこで安心してしまったためか、いきなり真っ逆さまに落下してしまった。

腕を伸ばしに伸ばして、やっとこさビルの端っこにすがりつく事ができた。

なんとか力を振り絞って、屋上に這い上がったんだけど、こんなに力を使うんだったら、電車で揉まれた方がまだ楽なんじゃないのかな、とか思っているうちに、目が覚めた。


当然のこと、寝て体力を回復できない私です。

あー寝た、ってならない。あー疲れた、と言って起きたのは言うまでもありません。



そんな夢を見た。

2009/4/17 の夢の記事から。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-28 23:52 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

腐った黴びたキッチン2

母が認知症になっていたのに、私ら兄弟は暫く気がつかなかった。

それは、日帰りで帰省する兄と、2泊もせずに帰省する私だったため。

近所の方々は随分前から知っていたんだけれど、こういうことは子供らが知るまでは教えてくれないものなんだね。

そしてある日のこと、それを知ってしまった。


それから頻繁に帰省することになった。

私は東京に住んでいるから毎週、というわけには行かなかったけれど、最後の方には月に1、2回は母の元へ通ったかな。兄は週末には帰っていて、それ以外はヘルパーさんにお願いしていた。

最初は、そんなことを考えもしなかったんだけど、今まではせいぜい、正月とお盆、それにGW程度しか帰省しなかったのが、毎月帰省して、その季節季節の田舎の風景や匂いで懐かしい思いをたくさん味わう事ができた。

これは、母が認知症になったからできたことで、心から親はどんな時でもありがたいものだなぁ、としみじみ思ったものだった。

ある日、私は朝から台所に籠りきっていた。

実家に泊まった時は、気になるところの掃除をしたいと思っていたから。

ちょっと黴(か)びている引き出しを見つけ、軽い気持で掃除をしようと思ったからだが、甘かった。

引き出しは全体的に黴びていて、簡単には済みそうになかったからだ。

しかも、黴びていたのは(当然のことながら、)引き出しだけではなかった。

引き出しの中からも黴(かび)だらけの何かが出てきた。ちょっと気持が悪いので何かまでの確認はしなかったけど。

そうして、昼時間になったのも忘れて黙々と黴だらけの引き出しと格闘していたんだ。




何かの拍子で、人の気配に気がついた。

強引なわけでもなく、控えめで、かと言って気づかない風でもなく。



ふと顔を上げると、そこには柔らかい表情の母ちゃんがいた。

ちょっとだけ申し訳なさそうに笑って座って。


でも、私の手は休まずに動いている。それが当たり前かのように。


いいんだよ、いいんだよ。















そんな夢を見た。

2008/9/30 の夢の記事から。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-28 23:49 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

夢にまで見たことが

私は今まで多くの会社に勤めたり、派遣されたりしてきましたが、その全てはIT業界の会社でした。
(アルバイトは除きます)

社員として勤めた会社は4社。

派遣された会社は2社。

6社にも行っていながら、本当の意味での上司は3人でした。

最初と次の会社ではKu社長が、3社めと4社めではYa部長、そして一番長く派遣された会社ではKoさん。

どの方も心を許せる方でしたし、時に厳しくご指導下さいました。


この3人の中で一番長い付き合いはKuさんでした。

社会人1年めから実に14年の付き合いでした。

コンピューターを1から教えて下さり、仕事だけでなく私の兄のような存在でもあったのです。

でも。。。

一度勘違いされたことがあって、酷く叱られて、そして私も疑問に思ってしまって、そうして信じられなくなって、溝が埋まることはなく、結局、最後には逃げるように会社を辞めてしまいました。

でも、それ以降、いろんな仕事をするにあたり、越えられるかどうかという問題にぶつかった時に、このKuさんからの教えられたことを思い出して、なんとか乗り越えることができていました。
離れて初めてこのKuさんの偉大さに気がついた次第です。

辞めてから何年かした時に、偶然、町でバッタリ会った事がありました。また電車で偶然となりだったこともあったのですが、降りる直前まで気がつかず、声をかけそびれてしまったこともありました。

そんな喧嘩分かれしたこのKuさんと、もう一度会う事があったら、今までのことを謝って、また一緒に仕事をさせて欲しい、そういうことをずーーーっと思っていました。


そうしたら、また町中で、偶然出会うことができました。

嬉しかったぁ。

思いが通じたと思いました。

今までのことを謝って、もう一度仕事がしたい、って伝えようと思ったのに、もったいなくもKuさんの方から、今どうしてるの、って聞かれ、今度、うちの仕事を1ヶ月手伝ってくれないかなぁ、と仕事の話しを持ちかけられたのです。

もう天にも昇る気持でした。

あー、夢が実現する。嬉しい。今までの恩をここで返そう、っていろいろな考えが頭を巡りました。

そして、初日に、Ku社長の席の前に行って。。。

 ずーっと夢見てきた事が実現しました。よろしくお願いします。


















そんな夢を見た。

2008/2/11 の夢の記事より。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-28 23:47 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

観音様に救われた?

ここは砂浜がきれいな海岸を前にした会社の寮だ。

今日は気持がいいほどに海が凪いでいて、海面が日の光でキラキラしている。

こんなことはめったにないから、とても満ち足りた気分の中、会社の同僚らと3人で寮の玄関でおしゃべりをしていた。

と、それはいきなりだった。

どこからともなくゴゴゴゴ、っていう地鳴りの後で、建物が揺れた。

地震だ!!

短い揺れだったけど大きかった。

とっさに身構えたけど、寮の中は何が倒れるでもなく、被害はなさそうだった。

管理人さんがTVを付けたらしく、アナウンサーの緊迫した声が聞こえてきた。

 千島列島かぁ、でかいな。

いつものように誰かが聞いているのを明らかに意識したつぶやきだった。

 ここは海のそばだから津浪がきたら大変だね。

そうだね。まぁ、ここまでは来ないと思うけど、念のために上に上がろうか。
誰ともなしにそんなことを言いながら階段を登った。

実はこの寮、観音様が隣接している。
観音様の横に平屋建ての寮がくっついていて、玄関は、観音様の足元にある。
2階以上は観音様の中にあって螺旋階段で登ることができた。変な構造だ。

4階までは窓がないので、下で物音がしたけれど一気に4階まで上がって窓を開けた。


外は一変していた。

さっきまでの凪いでいた海はそこにはなかった。

どす黒い波が押し寄せてきていて、どうやら私らは間一髪だったみたい。

平屋の寮からはワーワーと叫び声が聞こえてくる。波は平屋の寮の屋根を越えているから、空気を求めて逃げ惑っているんだろう、というのは想像できる。建物は頑丈だけど、出入り口があまりないから、閉じ込められたということは容易に想像ができた。

そのうちに静かになった。

私らにはどうにもできなかった。

波が引いて行き、そこいら中に片付けずに置いてあった資材を一緒に海に連れ去ってしまった。

私らは、動けなかった。

次の波がくるかもしれないのに、ここを降りて救助に行く気はしなかった。

と、階段を駆け上る音がしたかと思うと、「わっ」って叫び声がした。

階段に一番近い部屋の若い兄ちゃんの声だった。

なんか訳がわからないことを叫んでた。

「呂」に首を突っ込んでいて助かった、とか言ってる。

「呂」? 「炉」じゃなくて?

頭に「呂」の字が浮かんだ。

何言ってんだこいつは。

でも、何はともあれ助かって良かった。



そして次の瞬間、非常ベルのような音でまた驚かされた。

目覚まし時計だった。



そんな夢を見た。


「呂」は誰かの名前、地震の周期は阪神淡路大震災と同じもの、千島列島の地震は先日のだな。この助かった兄ちゃんは、警察に追われる身だって、昨日の朝、喫茶店の隣の席で言ってた兄ちゃんだろう。

2007/1/20の夢の記事より。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-28 23:43 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

どうしても止まらない

 今日は同僚らと車何台かに分乗してのお出かけ。

 車が5台あって、私は、はなから助手席に乗る思いでいたんだけれど、なかなか皆さん、おしゃべりに夢中で乗らない。

 仕方がないので、運転するのもいいかと思って、一台の車に乗り込んでエンジンをかけた。

 ちょっとだけ動かそうと思っていたんだけれど、ブレーキを踏んでも止まらない。

 時速2、3キロほどの本当にゆっくりとした速度なんだけど、どうしても止まらない。

 ぶつけて止めるわけにもいかないので、仕方がないから、ぶつけない程度に走っていようと表通りに出た。

 いや、出てしまったんだが。

 なにせユーターンもできないよね、止まれないんだから。

 だからどんどん離れて行って、しかもこの辺りの道を知らないし。

 どうすんだよー。

 って、結局、みんなとははぐれてしまった。


そんな夢を見た。

そんな日だったから、今日は大人しく助手席に乗っていたのは言うまでもない。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-28 19:20 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 今月は仕事はいつものように週3日で、残りの4日は休みではあるんだけれど。

 なぜか、休みの日には出勤して、出の日に強制夏休みを取ったりしている変な月です。

 今日は、お休みなんですが、でもやっぱり出かけていて、でも、今日はさらに変な日。

 出だけれど、仕事はせずに寝てばかりいる。

 受付の前にある私の席で寝る訳にはいかないから、奥の部屋で寝ているんだけどね。

 なんか、何度も何度も目が覚めて、それでもまた深い眠りの中に沈み込んで行く。

 相当疲れているのはわかるけど、なんでこんな日に出社しているんだか。


 そんな中で、打ちわせがありまして。10人ぐらいで、思い思いの席にゆったり座って、和気あいあいな雰囲気の中で打合せが進行していきました。

 一通り打合せが終わって、私はふと天井を見上げてしまった。

 さっきから気にはなっていたんだけど、赤いLEDが点滅しているボックスが見えた。その横には緑のLEDもあって、それは点いてない。

 赤い点滅がさっきよりも早くなったような気もしていた。

 ふと、窓側に人がいるのに気がついた。

 なんか小さいボックスを持っていて、そのボックスを弄んでいる。

 この人だれだっけ。

 少なくとも打ち合わせの時にはいなかった。


 もしかして。

 慌てて、その窓側の人に飛びついて、ボックスを奪い取った。

 そう、それは起爆装置だった。

 危なかった。

 天井を見ると、あっちこっちに見え隠れしているダイナマイトの束。

 本当に危なかった。


 ふと、さっきまで打合せをしていた場所を見ると、人影がいなかった。私だけそこに取り残されていた。

 仕方がない。

 私もボックスをその場において、立ち去った。



あれは、どこの建物だったんだろうか。

そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-27 23:29 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 その声は、まるで風に流れるように波打って遠くから聞こえた。

 胚って。。。

 誘われるように、そこに近づいていった。

 数人の人がある一点を覗き込み囲みながらヒソヒソ話をしていた。

 そこにあったのは、手の指くらいの人の形をしたつがいだった。


 私は、彼らからは少し離れた位置で、そっと聞いていたつもりだったが、同じように誘われて、人がまた一人とやってきては囲いに吸い込まれて行った。

 一度、それを見てしまったら、いろいろな疑問が沸いて来た。

 どうやって、なんのために、そもそもこれは何?

 いつのまにか、私も囲いの人となった。

 かなり大きく成長するらしいこと、言葉は教えないこと、勉強も教えないこと、何を楽しむのかは教えてくれない。でも、それはかなりかなり興味を惹くらしいことらしかったこと。

 みんなニヤニヤしている。そしてかなり極秘の趣味らしかった。


 だれかが、フライパンに油を引いたものを持って来た。

 まさか食べるのか?

 いやいやそうではないらしいけど、こんな展開であれば、焼かれるってことか?

 しかし、こんなに大きく成長するとしたら、そして服を着せたとしたら、街中を歩かれたとしたら、この世の中は混乱してしまうんじゃないのか。

 あ、そう言えば、先日、変な人がいたなぁ。

 もしかして、あれは、これか。

 なんなのだ、これは。

 あー。



そんな夢を見た。

超気持悪い。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-24 08:37 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

実家

 秋の長雨の一日を故郷で過ごした。

 あらためて思うのは実家の広いこと。

 ほんと、ゆったりできるわー。

 でも、外はずっと雨が降り続いている。

 雨だから家の中で寝ていたんだけど、目が覚めて床を見てビックリした。

 廊下との襖の床が水で浸っている。

 こんなところまで雨が吹き込んでいるのかと廊下に出てびっくり。

 吹き込むどころか、庭が池になっていて、水が溢れて床上浸水している。

 これはやばいと思って、タオル地のものを押し入れから引っ張り出してきて、柵を作った。

 少しは進行が遅れるだろうかと思ってだが。

 庭の中の池を覗くと、中に墓石が水没していた。

 庭の景色が今や湖底の景色になってしまっている。

 そんな状況を見ながら、廊下を辿って行くと、普段使わない滅多にいかない家の端っこに着いた。

 同じように床上浸水している上に、ゴミがそのままになっていて、どうにもいけない。

 こういう時にこそ整理できるとかを思ったわけではないけれども、なんとはなしに、片付け始めた。

 ビニール袋があっちこっちにあって、その中では、大きい虫が蠢いている。

 そこにやっとこさたどり着いた小さい虫が、あっという間に餌食になってたり。

 上を見上げれば、今私の顔をかすめて飛んでいた蜂が蜘蛛の巣に引っ掛かってしまった。

 もがいているところに、ちょっとだけ大きな蜘蛛が現れて、さっさと処理して行く。

 手慣れたものだ。

 そんなのを、排除したいと辺りを物色していたら、長い柄の靴べらを見つけたので、それで、蜘蛛の巣も払ってしまった。さっきの蜂がどうなったかなんてことは知らない。

 汚いビニール袋は、中に入っているペットボトルなんかもひっくるめて大きなゴミ袋に放り込んでしまう。

 ふと、塀の向こうから人の声がするので、振り向くと、庭の水はもうなくなっていた。

 人声は大きく、何を言っているのかわからない。

 どちらかというと、関わりたくない人だったから、表に行くのをためらった。

 果たして。。。やはり、玄関の前に立っていたその人。

 どうみても関わりたくない人なので放置して居留守を構えることとした。

 そして、また庭を見ていると、なにか奇怪なものが横切って行くのが見えた。

 まるでそれは、ナナフシのおばけ。全長が1mほどのナナフシだった。

 なんか、この家はもう自然の宝庫だな。

 このまま自然の中に朽ち果てさせてもいいのかもしれない。

 何もせず、ここを跡にしてもいいのかも。

 ゴミも、虫も、人も、そのままに。



そんな夢を見た。

とても身体が痛い。

とてつもなくダルく疲れていた。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-09-22 15:30 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka