World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

注射

昨日の午後は、年老いた女性が帰るとの事で、心配で皆で送って行った。

着いた駅は東京駅だった。何線に乗るのかな。皆はぞろぞろと後に続いた。

ここで乗り換えね、と降りた駅は名古屋だった。新幹線ね。

次に降りたのは、岐阜羽島駅だった。

もう夜になっていて。

皆は、帰りをどうしよう、となった。

東京駅まで新幹線で戻る組と、ここから中央本線経由でも帰れるかな、一泊組とに分かれた。

一泊組はさっそく宿を探した。高い山のすそ野にある温泉宿だった。

明日の予定を話し合いながら、皆でがやがやと過ごした。

一泊組は、幼児をベビーカーに乗せた若いお母さんが二人、うちの女性職員が一人、そして私だった。
私は東京駅経由で戻るより、中央線一本で帰る方を選んだのだ。

その宿から山の方を見上げると、左手は手入れされたような針葉樹林の間を一本の道が山頂方向に向かって続き、右手は所々岩が突き出て急峻なまま山頂まで続いていた。月明かりを受けて神々しく照らされていた。美しかった。

そろそろ疲れて来たので休もうと部屋に戻った。皆はソファに腰掛けていたので私も空いている席に腰掛けた。

と、あるお母さんがバックの中をごそごそして、何かを取り出した。まずは子どもの腕をまくってブスッと刺した。何かわからないけど。細い注射器だった。もう一人の子どもにも続けて刺したあと、当然のように私にも針を向けた。
とんでもないことだった。
私とそのお母さんとはつかみ合いになりながら、なんとか針の向きを変えることに成功した。
お母さんは、私も打つからと、私が注射器を握ったまま、自分の肩に刺した。

訳がわからない注射をするのは、私には致命的。

でも隙あらば寝ている間にでも打とうという殺気さえ感じた。

私は寝るどころではなくなった。この宿から逃げ出すことを必死に考え始めた。この冬山の夜中の宿からだ。





そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-11-30 08:59 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 ホームページの作成だけは嫌だと思って避けて来た私が、もう逃げられない、仕事でホームページ作成、いや運用に携わることになってしまった。

 あんなに避けてたのに。

 しかも立ち上げから。

 まいったとしか言いようがない。

 そして、もうひとつのブログの方のホームページというか当事者参加型のブログの立ち上げをどうしようかと悩んでいたところ、家内から一言。

WordPressだっていつまで使えるかわからないんだから、いっその事、テキストで作ってみたら、と。

そこかぁ。

そこからかぁ。

超ハードルが高いじゃないか。

壁新聞みたいでもいいじゃないか、とも言われた。

つまりは形にとらわれずに、できるところからやってみたらいいじゃない、ということだ。

実は、1、2年前にもそうやって、0からテキストで挑戦したことがあったんだけどね。

挫折してましてね。

ま、のんびりやってみるのもありかもしれんな、と。 




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2016-11-25 22:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

車での避難

津浪からの避難では、徒歩で安全地帯に逃げられるのならそれがいい。

私の故郷のように、高台まで2kmもあるような場所では、車に頼るはありだと思う。

しかも高齢の方に徒歩は難しいだろう。

車は避難所で、プライバシーを守ってくれる、ってのも頭をよぎるだろう。命があれば。


でも、窓は開けて走らないと周囲の音が聞こえなくなる。

水に囲まれたら脱出できない。

渋滞に嵌ったらどうにもならない。


3.11の夕方、都心でも大渋滞だった。

あれでもし火災が燃え広がっていたら、せっかくの防火帯である幅広の道路には、可燃物が置き去りにされることになり役立たない。

置き去りにもルールがあるが、みんなキーは持って出ちゃうだろうし、窓だってロックしちゃうだろうしね。


話しは変わるが、先日の福岡の陥没。道路は地面じゃないんだな、建築物なんだな、という教訓ですね。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

[PR]
by WofNaka | 2016-11-23 22:46 | 災害&ボランティア | Trackback | Comments(0)

私の交友関係は広いのか

現在の友達の中で、GID関係が10人、当事者関係が22人、バイクが7人、アマチュア無線が5人、ボランティア関係が5人、仕事が12人、友人・そのまた友人が8人、同郷が10人、その他で8人。

もっとも、友達になったら際限なく増えていくのが、バイク、無線、ボランティア、仕事、同郷となりますが、どれも厳選された方々なんです。

沢山の方々が整理されていきました。

どこかを辿れば繋がる方々にはご遠慮いただきました。

薄情と思われたかもしれませんが、私にとってのここ(Facebook)は、あまり重要ではないのです。
リアルが一番なのです。

また100人に近づいていますから、年内に整理するかもしれません。

さっきまで87人のはずなのに88人と管理されていて、誰が多いのかを調べるのに1時間もかけてしまいました。
そんな私の能力です。

それから、投稿記事のほとんどは公開記事です。

私の友達でなくなったとしてもいつでも見れるわけですから、悲しむ必要はないと思っています。


しかも、重要な投稿は、ここではしません。ブログに書いて、ここにはリンクを貼っているだけです。

ブログの方を見ていれば、私のことはわかるはず。

以前、家内が言ってました。私の行動はブログを見ていればわかる、と。

目の前にいる私を見ているよりも、ブログを読んだ方が理解できる、らしいです。

私はリアルな世界の方が好きです。

リアルな付き合いが私には合っていると思っていますから、これからもリアル世界でのお付き合いをお願いしますね。

ただし、無線の世界は空でお願いしますね。

目の前で話すより無線での話し(交信)の方が断然楽しいので。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2016-11-18 22:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

嫌いな言葉

1。カウンセリング

 今まで何度もカウンセリングを受けた事があるけれど、どれもうまくいかなかった。いろんな事情だったり、変なのにひっかかったり、喧嘩したり。

2。コンサルタント

 どうも好きにならん。その職業。

3。ボランティア

 自分でする時には使うけど「ボランティアだと思って」とか当たり前かのように「ボランティア」を連呼されるのは嫌悪感がある。

4。頑張る

 自分で使うのはいいし、わかっている相手を励ます時に使うのはいいけれど「頑張れ」とか、迷惑千万。

5。体調よくなった?

 私の体調は、ゆっくりと悪い方向にむかっていて、良くはならない状態なのに。「良くなった」「いい」とかしか答えの選択肢にないのは暴力に近いかな、とも思う。

6。LGBT

 最近、あまり好きでなくなった。そもそも自分には関係のない言葉だから。

7。自己責任

 他人に迷惑をかける自己責任。

8。体調管理

 できる人がやればいい。



ま、こんなとこ。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2016-11-17 00:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
 パッチアンテナのその後ですが。。。

 なかなか三脚を持って、バイクで出かけるっていう気分にもなれず。

 なので、ローテーターに強引に付けてみました。

a0265144_12321296.jpg
 これで、約10m未満の5D2Vで引っ張って。。。

 何も聞こえません。

 ちなみに、上についているAWXにも何も入感しません。

 夜を待ちます。


さて、拡大するとこんな感じ。
クリアファイルで帽子を作ってかぶせてありますが、SWRへの影響はないようです。
a0265144_12345677.jpg
 でも、やはり給電部分が弱いようで、いつ壊れるか、ヒヤヒヤものですね。

 夜を待ちます。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。


[PR]
by WofNaka | 2016-11-15 12:35 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)

千?

 月末までに百件の登録が必要だって言われているんですが、まだ半分を越えたところ。

 でも、あのレイアウト変更の手伝いのお陰で、作業がさらに遅くなってしまっていたた、上司が来て、とりあえず600件のデータを確保したから、って言われた。

 600?

 そしてちょっとだけ途方に暮れていたら、もう一人同僚が、500件のデータを確保したからと言って来た。

 え、合わせたら千件越えちゃうじゃん。

 その大量のデータの山を前に、これは夢なんじゃないかと思ったら。。。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-11-14 12:42 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

キーパンチャー

 職場は、本体から少し離れた場所でこじんまりした場所にあります。

 職員はMAX5人でローテーション組んでます。

 今日は珍しく5人がいる日。

 でも、夕方からは誰もいなくなってしまいました。

 帰ったのか、いいえ、そうではありません。

 本体に手伝うように言われて、そっちに出かけているんです。

 私は、まだ仕事が残っていたので、パソコンを持って本体の会社に出かけました。

 ところが、本体の方。今日は妙にバタバタしていて、しかも若い子が多い。

 あ、いや、いつも若い子もいますけど。

 そして、なんと、5つの机の横並びを3列作ってまして、そのために今までの作業場のレイアウト変更をしているんです。

 私は、仕方がないので、その隅っこにパソコンを設置して仕事を始めたんですけどね、移動も激しいのでうるさくて仕事になりません。

 そしてとうとう、私の仕事場も追い出されそうな勢いです。


 もう、こんなざわついたところでは仕事ができそうもないと観念して、いつもの職場に戻ることにしました。

 でも、こんなにざわついているとなんか落ち着きません。うっかりノートパソコンを忘れそうになったりして、何度か戻ったりしてました。

 そのうちに、レイアウト変更が終わったようで、行ってみると、そこには若い子が並んで座っていました。

 その15人の子達は、みなキーパンチャーなんだそうです。

 なんでも、大量のデータ入力が必要だから、急遽入れたんだそうです。

 でも、大量のデータ入力が必要なのは、私の職場の方だよ。

 だってさ、ねぇ、何団体ものデータ入力を控えているんだもの。



そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-11-14 12:36 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

パッチアンテナのその後

 まずは、どうなったかの写真から。

a0265144_22003688.png
 アルミテープでグルグル巻きにした感じに見えるかもしれませんが、その通りです。

 これで何をしたいのかなのですが、カメラの三脚に付けられるように加工途中です。

a0265144_22031592.png
 受け皿はこちらです。

 左側の貫通ネジは、何年前だったか忘れましたが、ハムフェアーで三脚の基台用のものを購入していまして、やって日の目を見たわけです。

そうして、最終的にはこうなるわけですね。
a0265144_22052816.png
MUYさんこんなにしてしまって、すみません。

が、私としては、早く、これで無線をやりたいので。もう少し、お待ちくださいね。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。


[PR]
by WofNaka | 2016-11-12 22:07 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)

日本沈没か

 それは唐突に始った。

 大きな地震が起きたと思った。

 本当に大きな揺れだった。

 何かが砕け落ちるような音とともに、振動が襲ったから。

 そして多くの人々が逃げて来た。

 その逃げて来る人達の話しをまとめてみると、東北の日本海側の海岸線が秋田県から青森県にかけて、大きく長く海に崩れ落ちたというのだ。

 また暫くして、大きな地震があった。

 本当に大きかった。振動も今まで以上のものだった。

 また多くの人々が通っていった。

 どうやら、さらに内陸側の新しくできた海岸線が長く大きく崩れて海におちていったというのだ。

 このままいくと、北東北は日本海側から太平洋側に向かって、どんどんと削られていき、北東北はなくなってしまうかもしれない。

 でも、私がいるこの地までは、まだまだ距離がある、と高をくくっていた。

 ところがだ、今度は東北地方の中心部分にあたる栗駒山で噴火がおきて、山体崩壊を起こし、大きな穴があき、その穴の中では溶岩が煮えたぎっているらしい。そしてその穴をどんどん広げている、という情報が入った。

 しかも、あまりに突然に起こったために、だれも逃げられなかったと。

 果たしてどれだけの人が犠牲になったんだろうか。

 そして悠長に構えていた私が住む地にもその穴の淵が迫って来ていた。

 ともかく熱い。溶岩の熱で熱せられた穴がこちらに迫って来る感じ。

 どんどん陸地が穴の中に崩れていき、もうすぐ太平洋に繋がってしまう。

 そんな中、私を岩手から脱出させて山形に連れて行こうとしている人に案内されて、私はとうとう住み慣れた地を離れて山形に逃げる事を決心したんだった。

 そして、丘の上から、自分の故郷が溶岩の穴の中に崩れ落ちていくのを複雑な思いで見ていた。



そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2016-11-07 09:06 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka