World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ
 本日、ここに、新生の「World of Naka-chan」ブログを作成いたしました。

 いままでの方もこれからの方も、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-21 15:46 | ご挨拶 | Trackback | Comments(2)

PCX バッテリー交換 OK

PCX用 バッテリー装備 到着ぅ

 今日は午前中からお出かけしたかったので、ちょっと時間的に余裕がないかなぁ、とか思いながらもバッテリー交換にチャレンジしました。

 所要時間30分。

 結果、エンジンかかりました。

★準備したもの)

  新しいバッテリー(12.75V)
  プラスのしっかりしたドライバー
  軍手
  テスター

★手順は、前に試していたので、バッテリーが見えるところまでは実施済み。

 ①ゴムバンドをはずします。

 ②次に、マイナスから外すんですよ。  これは鉄則です。

    プラスは、プラスの朱色のカバーがしてありますので、マイナスを外すとき
   には、手などに触れないようにカバーはつけておくと安全でしょう。

   この外した後のマイナスのケーブルが短くて、バッテリーに寄り添いそうに
   なるのを押さえておくのが大変でした。

 ③次に、プラスを外す。

    こいつも外した後、執拗にバッテリーの端子に寄り添いそうになるので大変
   でした。

  なので、ゴムバンド、両ケーブルを片手で押さえておくのに、手がもう1本
  ほしかったです。

  だから、部品等は、バイクに近づけず、でも手の届くところに置くのが良いと
  思いました。


 ④さて、バッテリーを引っこ抜こうとしたとき、どこに引っかかるのか、
  電源ケーブルやゴムの材質の性でしょうか、バッテリーがなかなか抜けません。
  結構時間を使いました。

 ⑤そして、今度は真逆の作業です。

 ⑥新しいバッテリーを入れる前に、両端子のねじ受けを、先に入れておかなければ
  行けませんが、入れ方があるのか、外に飛び出さないようにしておきます。
  そうしないと、装着中にねじ受けがバイクの中にはずれ落ちてしまう可能性があり
  ます。(たぶん)

 ⑦で、バッテリーを入れるときも、同じことが言えて、電源ケーブルがバッテリー
  に寄り添おうとするので、神経を使いました。

   電源ケーブルをバッテリーの両端子につなぐまでは気が抜けません。

 ⑧まず、プラスの端子をつけます。
  このとき、マイナスケーブルが作業中にマイナス端子に触れないように注意が必要
  です。

  ねじをしっかり締めます。ねじ受けがきちんと受けてくれるまで回します。

  そして朱色のカバーをかけます。

 ⑨次に、マイナス側です。

  マイナス側は、さっきまで、あんなに接続したくてうずうずしていたようでしたが、
  最後にちょっとだけ拗ねました。ねじ受けが中心から内側に移動してしまって、ねじ
  を受けてくれません。
  仕方がないので、テスターの端子を使って、ねじ受けを中心にそっとずらしてあげま
  した。最後のあがきも、無事おさめ、両端子の接続が終わりました。

 もう、99%完了したも同然、とおもいきや。。。。

 バッテリー部屋の最後のねじをはめるときに、失態をしてしまいました。
 内側で開いて、止める形のねじの内側に開く部分4本のうち2本が欠けてしまったのです。
ちょっと力を入れて押しすぎたようです。

 最終的には、きちんとねじ止めされたようですけど、注意しないといけませんね。

 ⑩全部を元通りにして、エンジンをかけてみました。

  一発でかかりました。

  まぁ、当然と言えば当然ですけどね。

 さて、古いバッテリーの電圧ですが、11.7Vもありました。
 たった、1VでPCXさんはエンジンがかからないようです。
 (まるで、私のようです)

 ということは、バッテリーのへたり具合で、この1Vを保持できないと、エンジンがかからない、ということでしょうかね。
バイクに車用の電圧計つけちゃおうかな。危なくって。。。



 さて、写真はないの。。。えっえぇー。。。

 何せ、手がもう1本ほしい状況でしたし、
 時間的にも余裕がなかったものですからぁぁぁぁ。




【追伸】
 実は、これが、車も含めて、初めてのバッテリー交換なのでした。
車は免許を取得してから30年以上経つんですけどね。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-21 09:08 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
PCX バッテリー交換準備

 ということで、自分でも交換できそうだったので、即効で、バッテリーとバッテリー充電器、それからテスターを買い求めました。(左から充電器、真ん中がテスター、右がバッテリー(まだ箱の中))
a0265144_18163647.jpg


実際の交換は次の土曜日までお預けです。

さて、真ん中のテスターなんですけどね。
届いたときはこんな箱でした。
a0265144_18165429.jpg

まるで、電卓を間違って買ったようでした。しかも保証書は中国語だし。とても、故障になっても言えません。たぶん通じないと思います。

a0265144_1817326.jpg

しかも、なんかね、着ぐるみ着ているみたいでなんか可愛いの。
最初電池カバーかなぁって必死にあけた蓋が、実は、立てかけるスタンドだったり(笑)。もう家内と二人で、このテスターは大丈夫か、とか、変に盛り上がってしまいました。


まぁ、使えるか、って言われたら、使えましたよ。文字がでかいのがうれしいかな。

ところで、この3セット。費用は全部で8000円弱でした。

週末が楽しみです。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-17 22:24 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

PCX バッテリー交換準備

PCXはバッテリーに難ありか

 PCXのバッテリーに難がある話は、以前投稿していますが、では、他の人がやっているように、自分にも交換できるのかどうか、まずは現状を確認することに。

 まず、我が家のPCXの全体を写してみました。ちょっと暗いのよね。
a0265144_1884069.jpg


 座席のシートを開けてみたら。。。
a0265144_18123899.jpg


 さらに、ドライバーでちょっとねじを緩めて、ねじを引っ張り出したら、簡単に開けることができました。
a0265144_18125552.jpg


 どうやら、簡単というのは本当なようです。で、ついでに電圧を測ってみました。
a0265144_18135314.jpg

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、10Vちょっとしかないようです。本来は12Vあるようですので、かなり電圧が下がっていることがわかります。

もっとも、このテスターも買い換えたいほど古いものなのですが。。。


 ということで、結論としては、私も自分でバッテリー交換してみたい、となります。


 なお、万が一失敗しても、私のアマチュア無線用のバッテリーに変わるだけなので、何ら問題はないってことですよ。

では、次回をご期待ください。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-15 14:52 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
 家内が見た目の格好よさだけで選んだHONDAのバイクのPCXですが、購入して約1年ちょっと経過します。

PCX

 雪や凍結の恐れがあった冬季には乗っていなかったのですが、2月に私が免許を取得したのを機にエンジンを回そうとしたところ、半年間も乗っていなかったSUZUKIのアドレスV125は咳き込みながらもエンジンがかかったのに、1ヶ月ほど乗っていなかったPCXはかからなかったのです。

 問題は、バッテリーでした。

 PCXは電子制御機器が載っている、言わば、今流行のバイクであり、アドレスVは昔タイプのバイクと言いますか、まぁ普通のバイクなわけです。
で、メーカーが言いますのは、バイクに乗っていなくても電子制御機器に電気を送り続けるので、バッテリーは使用しているんですよ、とのこと。

 車庫に眠っている間にも制御し続けなければいけない装備って何よ。というのが私の意見。外に強制的にバッテリーとの接続を切るスイッチをつけて欲しいもの。

 今まで私は車に乗ることが多かったのですが、これが車だったら、文句なしに、高性能のでかい容量のバッテリーに替えているところです。でも如何せん、慣れないバイクなのでありました。
で、家内が調べたところによりますと、このPCX、やはりバッテリーが切れてしまうトラブルが多いそうです。コンビにに寄ってエンジンをかけようとしたらダメだったとかいうのです。

 先日の私も、マンションのスロープを降りきったところでエンジンがかからなかったため、スロープを登るのに自分のバッテリーを使い果たしてしまいました。結構悲惨な状態になりました。
しかも通常、1週間前にエンジンがかかったら今日もかかるでしょう。

 格好はいいんだけど、こんな不安定はバイクは乗りたくない!!

 これが正直なそのときの私の気持ちでした。



 でも、まだ支払いが残っている。。。

 ということで、車でもやったバッテリー交換作戦を検討中です。

 YTZ7Sという12V、6Aのバッテリーだそうです。メーカー価格とそのへんのお店価格に大きな開きがあり、風の便りでは、そのへんのお店で購入して、バッテリーチャージャーで自分で充電している、という話を耳にしました。

 私も無線をやる関係から、そういうの好きだし、きっとバッテリー交換だってなんとかなるかも、とかね。知り合いに好きな人もいるしね。今月中に、ちょっと試してみようと思います。

 バイク自体はいいのよねぇ。乗りやすいしね。大きいから、道路を走っていて安心だしね。

メーカーには、ここを、なんとかして欲しいものです。はい。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-11 21:29 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

バイクが2台とも。。。

 今日は、かかりつけのお医者さんのところに出かけた後で、(通称)ヒマラヤ(平△城◇公園)の無線の人たちの花見に行こうと思っていました。

 1週間ぶりのバイク(PCX)に乗れると思うと、わくわくします。

 ところが、バッテリーが上がっていてエンジンが掛かりません。
うちのマンションは、道路に出るのに、数十cmの段差があり、1.5mほどのスロープを下らなければなりませんが、いつもは、そのスロープを下ったところでエンジンをかけます。
今日も、通常通りに下ったところでエンジンをかけようとしたのです。

 何度やってもかかりませんでした。

 途方に暮れました。

 なぜかって?

 駐輪場には、スロープを登らなければならず、いつもはエンジンをかけて、乗って登っているからです。

 今日はそのエンジンがありません。

 結局、勢いをつけて、エンジンなしで登りましたが、登りきる直前で力が尽きてしまいました。なので、一旦、そのままの状態でブレーキをかけて、息を整えた後で、残りを登りきる事ができました。

 もう、一日分の体力を、そこで使い果たしました。



 一旦部屋に戻ってから、今度は、2台めのアドレスVで挑戦です。

こちらは、半年乗っていなくてもエンジンが掛かったという実績から、全くもって安心していたのですが。。。

今度は、荷物を入れるバッグの鍵が開きません。

何度やってもダメでした。




 今日は「バイクに乗ってはいけない日」なのかもしれません。

 しかも体力は使い切っていましたし。





 花見もなくなりました。
[PR]
# by WofNaka | 2012-04-07 11:51 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
 PCXのトランスミッションは、無段変速式(Vマチック)です。
今まで車に乗っていた私は、ATにも関わらず、ドライブ(D)モードでの走行ではなく、頻繁にギアをアップしたりダウンしたりしてエンジンブレーキを使っておりました。
で、バイクのATとなると、当然、ギアチェンジはできないから、走行していても、減速はブレーキを握るしかないと思っていたのです。

 ところが今日、バイクに乗って、止まるまでちょっと余裕があったので、ほんの少しアクセルをふかしてみたところ、ギアがダウンしたような軽いショックの後、スピードが落ちました。
まるで、車でギアダウンしたかのようでした。続けて何度か同じようなことをして、どんどんとスピードが落ちていきます。

 で、結局、止まる数m前まできたとき、急にニュートラルに入ったかのような、抵抗を感じない回転を感じ、そこで軽くブレーキを握って止まることができたのです。
つまり、40km/h以上で走行して、アクセルをちょっとふかしながらギアダウンして、超低速でブレーキをかけて止まった、みたいなブレーキングになったということです。

 こんなことって可能なのでしょうか。

 まぁ、こんな運転を期待するのなら、バイクもマニュアル取れよ、ってことなんですがね、もう、体がついていきませんよ。高速は走りたいけどね。
[PR]
# by WofNaka | 2012-03-24 15:36 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)
 先月に50の手習いで、小型ATの自動二輪を取りまして、十分かなぁとか思ったんですけどね、やっぱり高速乗れて、もうちょっと遠くにも出かけたいって思うようになりました。

 今、ほぼ2週間に1回はPCXに乗っているので、このまま続けば、きっと中型も不自由なく運転できそうな気がしてきます。一度は断念した中型免許ですけど、近年中に実現したいと思っています。

 っていうか、一番やりたいのは、家内とのバイクツーリングなんですよね。
[PR]
# by WofNaka | 2012-03-20 20:52 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka