World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

悠久の時を生きて

英雄は2004年9月からでしたが、年内に悠久に変更になります。

2004年というと、私のボランティア元年。ボランティアされる側だと思っていた私がボランティアする側に変わった記念すべき時でした。

そのボランティアですが、体力の限界で、一線から退こうかとも思っていましたが、もう少しやってみるべかな、と。

もともと英雄になろうと思って始めたわけではないけれど、もう英雄にならなくてもいい。

悠久の時を生きてみるのもいいかな、と。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by WofNaka | 2017-12-25 20:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

島でのイベント

今日は、小さな島で開かれる宿泊付きのイベントに参加するので、出かけている。

行き先などは小さなチラシに書いてあるが、島の名前とイベント会場の名前しか掲載されてなくて、シンプルという表現もできるけど、これはあまりに手抜きだろうとさえ思えてくる。

いくつかの交通手段で、最後は単発の飛行機で島にたどり着いた。

着陸は死ぬかと思った。プロペラが、滑走路の端にある民家の庭にまで入って止まった。翼は滑走路となりの家スレスレだった。

でもまあ、無事着陸できた。

飛行機から降りたけど、今度は途方に暮れた。家はあるけど人の気配が無い。ここからの交通手段が何か、検討がつかない。

同乗の人とあれやこれや探して、やっと一段高いところにある畑に登って、そこで働く女性に声を掛けることができた。

チラシを見せた。

小さい島だから場所はわかるだろうと思って。

女性は!バスが出てるからと、バス停まで案内してくれた。広い畑を斜めに渡り、今度はその女性の大きな家の中を通って。途中、玄関の前には、大きな柱のような包むが横たわっていて、邪魔だったけど。そしてその女性のご主人にも玄関でばったりでくわして。でも女性は、早く早くと急かすから、ご主人との挨拶もそこそこに。なんとか通りまででたら、さっきまでの同乗者は、もう居なかった。

女性に連れられて、バス停に着いたら、次のバスまであと2分。その次が、二時間後だったから、ギリギリセーフだった。
女性は、じゃあと言って、お礼を言う間も無く帰って行った。

程なくしてバスが到着した。バスに乗ろうとしたら、運転手さんが降りてきた。
ここで休憩なのか。のんびりしたものだ。運転手さんにチラシを見せると、あー、と言ったきり。
バスの中からなんかしら大きな箱をいくつか運び出して、そこに組み立て始めた。すると、近所の子供たちが集まってきた。

運転手さんはこれから手品をやります、とか言って、お菓子の準備を始めた。
バスは、と気が気じゃなかった私だったが、それを察した運転手さん、大丈夫、私はそのイベントの主催者側だからと。

私は安心して、この手品を見せてもらうことにした。運転手さん、用意ができてまだ余裕があるのか、マイケルジャクソンのムーンウォークなんか始めちゃったり、多芸なようだ。

さて、私は少し余裕が出てきたら、トイレに行きたくなった。見渡してもわからなかったので、集まっている人にトイレの場所を聞いた。
そこの大きな建物の中にあるから。
公社のような建物だった。

荷物は持ってトイレに向かった。


すぐにトイレから戻ったつもりだったが、辺りが静かだった。

嫌な予感がした。

バス停の付近と思われる付近には誰もいない、どころか、バス停も民家もなかった。

手に持っていたチラシには写真だけ載っていて、場所もイベント名も何も載ってなかった。

ここはどこだ、そういえば、私は誰だ。




そんな夢を見た。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
# by WofNaka | 2017-12-25 20:45 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
 先月、結婚20年を報告しましたが、今日は、家族がそろって住んで20年の記念日なのですが、こんなことを覚えていて、20年と騒いでいるのは、家族の中では私だけなんですよね。

なぜか。

私には、結婚した日や、家族で住み始めた日というのは人生の中の大きな出来事なんですが、家内や子供達にとっては、それほどでもない。

もっと正確に表現するならば。。。

親子3人の中に、私が迷いこんだ日、ということになりますか。

それが良かったのかどうか、という話は、聞けませんでしたけど。

というわけで、ひとり感慨深げに過ごしている今日です。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by WofNaka | 2017-12-24 19:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

使っただけなのに

もうすぐ年末。

今日は近くのスーパーに買い出しに出かけた。

一日だけでは済まなかったので、実は、ここ数日、毎日のように出かけているんだが。

いくら年末といえども、こんなに物価って高かったっけ?


だってさ、かごにちょっとしか買っていないのに、毎回7,8千円もするんだよね。

なんかおかしいんじゃないのこの店。

で、レシートを見て驚いた。

実際に買っているものは、2、3千円なんだけど、カゴ代として5,6千円と書かれている。

カゴって、あの買い物したものを入れてレジに運ぶだけのあのカゴか?

どうもそうらしい。

毎回、カゴは使うから毎日、ただ使うだけで数千円も取られている、って何これ?





そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
# by WofNaka | 2017-12-24 14:41 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

iPhoneからケーブルが

昨日、iPhoneを不覚にも落としてしまった。

落とさない為の工夫をいろいろしていたのに。

動作は大丈夫だったんだけど、ちょっと液晶表示がおかしいかも、ぐらいだったんだが、今朝起きて見たらカバーが外れてて、中から白いケーブルと銅線がクルクル巻いてあったのが、全部あふれてしまってた。
まるで、お腹から内臓があふれ出た感じ。出勤前だったから、どうしようか焦った。これがないとね。
仕方がないので、飛び出している線を、ヘアピンを使って巻き戻して無事に中に収める事に成功した。かなりの時間を費やしてしまった。
戻して蓋をしたが、そもそもスケルトンなので、中の部品の配置が見える。
つい、あまりにもきれいに修復が出来たので、娘らに自慢してしまった。



そんな夢を見た。
朝、iPhoneは何も不具合も無く、正常だった。
[PR]
# by WofNaka | 2017-12-09 09:27 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)
ゲームは余りやらない私ですが、実は、やり始めるとはまる傾向にあって、はまると本当に抜けられなくなるって感じです。

そこで、そこから抜けるのにどうするかっていうと、大抵は、消す、ですね。

今回も、新しくiPhoneを7にした後で、ゲーム三昧。

めったに、バッテリー切れなんてないのに、最近は一日の中でも何回もバッテリー切れを起こす。

休日はゲームしかしていないんじゃないか、ぐらいの勢いで、ここ1ヶ月ぐらい、休日に何をやっていたか、って、ゲーム以外の記憶がないほどです。

そこで、あまりのていたらくに愛想がつきて、さっき、ほとんどのゲームを削除してしまいました。

これでいいんですよ。きっと。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by WofNaka | 2017-12-06 19:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

東に出かけるのだ

東西線に乗って東方面に出かけようとしているのだが、何が目的だったのか、どうしも思い出せない。

それより、ここからは地下に入って、地下にあるホームから電車に乗れるはずだのに、どうしもホームにおりる改札が見つからない。

それも、近頃できた、大きめのショッピングモールの性で、今までだと、簡単に地下への道がわかったのが、いろんな細工がしてあって、簡単に見つけられないようになっているから。

例えば、時間とともに、登り階段の下側の高さが上がるもの。高さが上がってしまうから夕方になると、出口がホームの天井付近になってしまって、頭がつかえてホームには出られないようになる、とか。
例えば、登りのエスカレーターが途中でその形を変えて、その途中からタイミングがよくないと、その横の改札にたどり着けない、とか。
ショッピングモールの地上を歩いて行くと、次の駅までたどり着くから、そのまま歩いて目的地にまで行けそうな錯覚がある、とか。
入り口を間違えると、空港に行くリムジンバスの口になっていて引き返せなくなる、とか。
またできたばかりのショッピングモールで、店員があっちこっちから動員されているらしく、道を尋ねるとかえって違う場所に案内されたり、店員の都合が良い場所に誘導されてしまう。

ともかく、私は、東西線に乗りたいだけなんだけど、どうしてもそこにたどり着けない。
もう、何しに出かけたいのかさえ、わからなくなってきた。


そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
# by WofNaka | 2017-12-05 11:29 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

あー、またしても

もう何回も夢にまで見た人との会話が、やっと実現。

それも偶然乗り合わせたバスの最後尾の横がけの座席で、隣同士になれた。

もう随分と古い話だから、確執のようなものはとっくに取れているだろうから、過去にそうであったかのように、ゆったりとお話ができるものと思って、声を掛けようとした時のこと。

ちょっと離れたところから鳴る、無情な目覚ましの音。



あー、なんてこった。

今回も夢だったのか。

あー、もう夢でしか会うことができない、そんな遠くまでいってしまったのか。




そんな夢を見た。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
# by WofNaka | 2017-12-04 23:07 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka