眼鏡がない

バイクで出かけたのに。
行った先のイベントで、運転時眼鏡使用制限がある運転用眼鏡を、失くしてしまった。
似たような眼鏡が誰かの自転車の前のかごにあったのをどこかで見たような気がしたんだけど、すぐにまた振り返って見たらもうその自転車はいなくなってしまった。

主催者席には届けたけど難しいよなぁ。

ただ、今の職場に入るときの健康診断では、その制限を十分にクリアできるだけの視力は取り戻して入るんだけどね。
とりあえず、イベントが終わるまで待つことにした。
終わって見つからなかったらそのときはそのときよ。

夕方になって、主催者が何度か眼鏡を持ってきたが、どれも違った。だんだんと近い眼鏡に近づいてはきたが、違うものは違う。

そのうちに若い女性が私に遊んで行かないかと声をかけてきた。
ついて行った先では、毎回残虐な殺戮が行なわれ、女性らは死んで行った。
そうやって時間を過ごしているうちにイベントが終わった。眼鏡は出てこない。

諦めて、バイクの方に向かった。

すると私に声をかけてくる人がいた。
見たことがある人だ。
それは私が勤めた二つ目の会社の社長さんで、私が社会人になって12年間お世話になった人だった。

いつも夢に出てくる人で、最初はまた同じ職場で働きたいと思い、次の夢では、アルバイトしないかと言われ、次の夢では仕事を与えられ、その次は職場に招かれ、どれも夢で終わったその人。

話があるというのでついて行ったら、いつの間にかバスに乗っていた。




そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

# by WofNaka | 2017-04-21 23:23 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

ある日の通勤電車

今日は月に僅かしかない早での日。
早でと言っても、普段の通勤時間帯なのだが。
私は常が遅でだから。
座って行きたいと思いひと電車遅らせて、今日のホームの暗黙のルールに従って列に並んだ。
それでも多分、座れるはず。

電車が到着する直前だった。
今日に限って反対側から出ますのアナウンス。すべてが水泡にきした。

そんな、先が思いやられる朝だよ。


今日は久しぶりに通勤読書してます。
以前は読書のために通勤電車に乗ってたようなところがあったから。
でも、没頭し過ぎて、降り忘れることはないけど、どこを走っているのかわからなかったり、逆に走っているかもと慌てたり。
iPhoneの使用環境が良くなってから暫く読書から遠ざかってた。
そうしたら今度は読み出すことができなくなってしまった。困った。
でも、今回は我慢してしばらく読み進めていたら、やっとのめり込めるようになってきた。嬉しい。
通勤電車が楽しみになるから。

そんな朝だよ。




帰りの電車はいつも最後尾に乗る。
最後尾の最後尾の左側だ。
一番空いているから。

ホームにたどり着いた時に既に電車がいる時は、最寄りの乗車口に飛び込んで、左側が開く駅で少しずつ定位置に移動していく。
終点が最寄り駅なので、到着しても慌てない。みんなが忙しく階段やエスカレーターで登っていくのを目で追った後で、ゆっくり登る。

今日もそんな帰りの電車だったんだけど、思いのほか目の前の席が空いたので座ってしまった。

これで、またいつものパターンを崩してしまった。

こういうのも、疲れるんだなぁ。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by WofNaka | 2017-04-13 21:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

逃げ惑う

私はプロ野球選手。

世の中の大多数の人が知っている、超有名な選手。

でも、私は、最近気がついたことがあった。

ツムツムをやっていて、体調を崩すことがあった。

いつもじゃない、たまーに。

そのうちに、あるキャラクターを使って大量につなげた時に、その症状がでることがわかった。

しかも、その症状は、致命的なアナフィラキシーショックであることも。

そしてさらには、常々アナフィラキシーショックのリスクを抱えていることも知っていた。


今日はオフ日。

買い物をしに、いつものショッピングモールに出かけた。

その2階にいるときだった。

目の前を何かがよぎっていったと思った。

目の調子が悪いのか、疲れているのかもしれないと思った。

ところが周囲から悲鳴が聞こえ始めていた。そして逃げ惑う人々が。

てっきり自分に向けられたファンの叫びかもと錯覚した。

もうどこに出かけても日常の光景だったから、勘違いするのも無理はなかった。


でも、今回はちがった。ものすごい量のミツバチが飛んでいた。

やばい。

当然だ。

アナフィラキシーショックを避けなければならないと、とっさに思った。

逃げ惑う人々の中に紛れて、地階に移動した。

ここの階はゲームセンターが入っている。しかもグロイ系のゲームセンターが多く、そして迷路のようになっている。

いつも、ゲームをしたいわけではないのに迷いこんで、いっちゃっている若い男女らに取り囲まれたりしてしまう、いわば、入ってはいけない場所だった。

でも、今回は仕方がない。

でも、やはり入るのは失敗だったかもしれない。

案の定、またゲームセンターの迷路に巻き込まれてしまった。

そして、どれもやりたくない、グロいゲームの数々の中、自分にもできるツムツムのゲームのところにたどり着いた。

これならできる。

確信を持って言い切れた。

そしてゲームを開始したのだけれど、やはりここにも危険が。

私が体調を崩すキャラクター専用で、しかも超長くつなげられるシーンが何度もあった。

ダメだ、ここもダメだ。

そしてまた超迷路のゲームセンターを逃げ惑った。





そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]

# by WofNaka | 2017-04-11 08:02 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

超高層階マンション

私はプロ野球選手。

超有名で、高校球児からは羨望の眼差しを送られる存在。

そんな私は、実は高校を出ていない。

でも、そのことが私の中ではとてもネックになっていて、なんとかしないといけないと思っていた。

なので、ある年の3月。

私自身は初めて、そしてどことも知らぬ高校に出かけた。

何をするかって?

もちろん、校長に会って、卒業証書を不正に入手しようと思ってだ。

そしてとある高校の最寄り駅にたどり着いた。

ここの高校は、駅直結の超高層ビルマンションの中にある高校。

駅を降りてすぐに、上履きに履き替えて高校にエレベータで上がっていく。

校長室が何階にあるのかわからなかったので、そこにいた高校生に尋ねた。

38階だと教えてくれた。

で、君は何階に住んでいるの、と聞くと、108階、と教えてくれた。ここはそんな超高層マンションだった。

でも、聞いた相手が悪かったかもしれない。

その高校生は私を知っていたから。

誰にも知られずに高校卒業の資格を得るために、名も知られていない高校に来たはずだったのに、知られてしまったではないか。

ちょっと途方に暮れた。





そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

過去見た夢のリストです
過去見た夢のリストです2。

[PR]

# by WofNaka | 2017-04-11 07:46 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)  

50MHzのアンテナを上げました

50MHzと言えば、1980年から始めて、学生時代には、仙台市を中心にOMさんと移動運用三昧でした。

上京後の国立市に12年住んでいた時も自作のダイポールアンテナで頻繁に出ておりました。

そして、今のこの穴蔵になってからも、L型のアンテナを自作して出ていたバンドでしたけれど、一昨年にマンションの改修工事の時に降ろしてからずっと上げずにきておりました50MHz。

暖かい季節になったので、また上げてみようかなという気分になり、ジャンクの材料を組み合わせて50MHzのGPを上げました。

a0265144_17485021.png
 所狭しですよ。

 ローテーターにくっついているアンテナは、見えないAWXとその下にある1200MHzの10エレメントのループアンテナ、そして今回の50MHzのGP。それ以外には、腕を出してその先に21MHz用のモービルホイップです。

 この垂直系のアンテナの調整が難しいんだ。

 21MHzのアンテナはコメットのモービルホイップ(HR21)ですが、マンションの建物の影響があって、先端を10cmも切ったんです。
それがあるので今回も50MHzの143cmのロッドアンテナを10cm以上縮めたんですよね。21MHzのカウンターポイズは3本。50MHzのカウンターポイズは4本。
でも、建物がもろに影響していて、どうしてもSWRが下がりません。

結果、51MHzで2.0。アンテナは130cmぐらい、カウンターポイズは140cmほど。

最初は、アンテナが143cmで、カウンターポイズは150cm。これで共振周波数が37MHz。
次に、カウンターポイズを145cm、アンテナを135cmで、42MHz。この後、なんなか周波数が上がらず。。。
カウンターポイズを135cm、アンテナを125cmぐらいまでやって、52MHzでした。

せっかくアンテナアナライザーがあるのに。。。宝の持ち腐れなんじゃないかって、落ち込みます。

結局、この状態で、無線機に搭載されているアンテナチューナーで調整して使うことにしましたけれど、もう一度挑戦したい。
これじゃ、ちょっとね。納得がいかんわ。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。


[PR]

# by WofNaka | 2017-04-01 18:11 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(0)  

PCXバッテリー交換(取り外しから取り付けまで)

2012年4月に交換したバッテリーが、5年ももってくれて、今回現役をリタイアいたしました。
つまりは、エンジンが掛からなくなったということですね。
そこで、PCXからのバッテリー外しと、購入したバッテリーの取り付けを1つの記事にいたしました。

<取り外し>
・用意したもの・・・軍手、テスター、プラスドライバー

①最初に電源電圧の測定
 12.12Vでした。
a0265144_10093087.jpg
 ちなみに、どれぐらいあればエンジンが掛かるか。12.60Vあれば掛かります。わずか0.5Vの差ですね。
a0265144_10114182.jpg

②バッテリーを外します。
 鉄則は、マイナスが先、次にプラスを外す、取り付けはその逆。プラスが先、マイナスが後です。
 バッテリーのプラスのワイヤーは結構余分な長さがあるので取り外しは楽だし、外した後に、バッテリーに触れないようにするのは楽ですが、問題はマイナス側。まずワイヤーに余裕がありません。なので、外した後で、バッテリーから離せません。それでも取り外しはいいんですけどね。

③端子を外したら、後はゴム先の留め金があるのでそれを外して、バッテリーを引っ張り出します。
5年前に取り外した時は、純正のバッテリーでしたけど、なんかバッテリーがちょっと大きいのか、なかなか抜き出せなくて苦労しました。
滑り止めがついている軍手でバッテリーを上下左右に揺らしながら、やっとこさ取り出すことができましたっけ。
その後に入れた「CTZ-7S」は少し余裕があるのか、それほど苦労はしませんでした。
a0265144_10164234.jpg
<バッテリー取り付け>
・用意した物・・・テスター、プラスドライバー

①バッテリーの電圧を計ります。13.04V やはりかなり高いですよね、取り外し時と比べると。
a0265144_10221851.jpg
②ネジ受けを付けて、ネジが留まることを確認します。
付属品で、ネジとネジ受けが入っています。それを、バッテリーにつけられることを確認します。これができないのに、バッテリーの端子を付けることはできませんから。
a0265144_10253512.jpg
③バッテリーの受け側はこうなってます。
写真が縦になってますからわかりづらいかもしれませんが、中央が、バッテリーを入れる奥の面になります。
なんの変哲もない、ただのボックスなんですね。
a0265144_10263223.jpg
④いよいよ装着。プラスからでしたよ。
a0265144_10290390.jpg
 まずはバッテリーをボックス内に入れます。
ここで注意は、マイナス側のケーブルが短いので、端子に触れそうになるところです。なので、プラスの端子が取り付けられるぐらいまでおしこまずに、プラス側を取り付けました。

⑤かなりしんどいでした。
 まず、②で付けたネジを取り外します。なぜ、ここで取り外すか、なんですけどね。バッテリーをボックスに挿入する過程で、ネジ受けやネジがどっかにころがってしまうのを防ぎたかったからです。ネジは後でも取り付けられますが、この体制でネジ受けを入れるのはスペース的に大変です。なので先にバッテリーにつけておかなければなりません。

 で、プラス端子にネジを通して留めるのですが、ネジ受けがちゃんと受けてくれません。ここだけの作業で30分ぐらい格闘しました。ネジ受けが中心に来てくれないと、受けてくれないのです。そこで活躍したのがテスター端子。バッテリーのネジ穴とネジ受けがまっすぐになるようにそーっと位置調整をしてから、ネジをプラス端子に入れて一気にドライバーで回しまして、やっとがっちりとつけることができました。

 次にマイナスです。
 マイナス側は、ワイヤーが短いので、バッテリーをかなり奥に押し込んでからの作業になりましたから、大変でした。最終的には、ネジ受けをテスター端子で脇から押さえた形で、ネジを留めることに成功しました。こちらも15分ぐらい掛かりました。

 そして、プラス側もきっちり留めてあるのを確認して、バッテリーを押し込みました。

⑥留め金をかける。
 ゴムの留め金をきっちり掛けます。
a0265144_10384562.jpg
⑦再度電圧を計ります。ちょっと見にくいですが、13.04Vと表示されています。
a0265144_10405097.jpg
⑧そして、カバーをかけて。エンジンを掛けてみます。

 ちょっと弱々しくエンジンが掛かりました。

 5年前には、ちゃんと元気にエンジンが掛かったので、ちょっと心配。

 少し、走ってこないといけないかなー、とか、これから雨だなー、とか。そんな憂鬱さです。


 でも、まずはバッテリー交換ができたので、安心です。

 ということで、お疲れ様でした。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

にほんブログ村

[PR]

# by WofNaka | 2017-03-31 10:43 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)  

もう一度、おしゃべりがしたかった

 あー、もう一度、おしゃべりがしたかった。

 そんな人がおります。

 なぜ、もう、なのか。

 それは、もう一度お会いできずに、亡くなられたからです。


 なんででしょうかね。

 私の故郷の幼なじみの両親のお顔、って、だいたいがすぐに思い出せるんですよね。

 不思議ですよね。

 多感な時期に、いつお邪魔しても、気軽に家に入れてもらえて、知らず知らずのうちに記憶されたからなんでしょうね。


 その方も、そんな中のお一人でした。

 その方の名付け親は、どういう気持ちで、そのような名前を付けたんでしょう。

 人にパワーを造ってあげなさい、という意味だったのでしょうか。

 それとも、そのご両親から一字ずつ取ったのでしょうか。

 ともかく、その方の存在は大きかったですよ。子供ながらも。有名でしたしね。


 最後におしゃべりしたのは、同級会があった時だから、もう20年以上も前のことでしょうかね。

 若い私たちの話に入ってきて、一緒になっておしゃべりをしてくれました。

 あー、あのときのことが今でも思い出せます。


 その後に震災があって。その方の家はとても高台にあったから、安否はまったく心配はしませんでした。あの家まで津浪が来ていたら、私の故郷は完全に水没したでしょうから。


 90歳を越えて、大往生とのことでしたけれど、もっと元気でいて欲しかったでした。


 またいつか。お話する機会はあるでしょうか。

 そんな日が来ることを楽しみにしたいと思います。



 ご冥福をお祈りいたします。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]

# by WofNaka | 2017-03-22 22:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)  

PCX エンスト

いやー、そろそろバッテリーもへたってきたのかな、とか思ってましたけれど、いきなり交差点でエンスト。

焦りました。

交差点で渋滞にはまって、久しぶりにアイドリングストップSWをオンにしてたのですが、アクセルを回したんですが、エンジンが掛かりませんでした。

仕方がないので、バイクを端に寄せて、再度、エンジンを切って、エンジンを掛けたら、今度は大丈夫でした。

交差点を越えて、その先で、再度、エンジンを切って、かけ直しでも問題がありませんでした。

いやー、こえーわー。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。

[PR]

# by WofNaka | 2017-03-20 15:18 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)