World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

題なんかつけられるか

私が布団に横になっていたら、足を揉んで欲しいと私のところに来た。

我が家では普通にある光景なんだけどね。

今日は何か少し違う。

そして私の布団の上に乗っかっている娘に手を伸ばして気がついた。

下に何もはいてないじゃない。うら若き乙女が、なんてはしたない。

でも、娘は気がついていないかのようだ。

半信半疑のまま、私は娘の左足の腿から揉み始めた。気がついたらやめようと思いながら。

しかも私の息子は、意識しまいとしても無理な話だったから、少しずつ少しずつ成長し始めていた。

右足に移る時に、その中心にちょっとだけ触って気がついてもらおうとして、つい、引っ掻いてしまった。

それでも、娘は無表情だった。

やっと揉み終わって娘が布団から降りた時にちょっと睨まれただけで。

私の息子のことは、気がついていただろうか。
当たっていたと思うんだけどね。





そんな夢を見た。
[PR]
トラックバックURL : https://wofnaka.exblog.jp/tb/238033682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2017-11-30 08:15 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka