World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

洋楽との出会い1

私が洋楽と初めて会ったのは。。。

たぶん、中学1年生の頃だと。
実家の離れ(家を建てる時に住んでいた、前の家を取り壊して作った部屋)が中学2年だった兄の勉強部屋になっていた時のこと。
その部屋には当時、兄が取得して使うようになっていたアマチュア無線機があって、私も影響で、それで遠く離れた地の交信を聞くためにその部屋を訪れていた時のことではないかな、と思う。

その部屋に、兄の友達が来ていて、そこで初めてミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」を聞くことになる。
たしか、楽譜が掲載されているギター関連の雑誌があって、そこに「ホリディ」と書いてあったのを記憶しているけれど、それが「愛の休日」じゃないんじゃないかな、とも思う。
でも、私の中で「ホリディ」という言葉が残ったことは確か。

同じ頃、ビートルズやカーペンターズ、レターメンも聴いているから、そのあたりが同時進行にはなる。

そして、私は、この4組のミュージシャンに、イ・プー、というイタリアのミュージシャンも加わった5組でこの後、聞き入っていくことになる。

1974年のこと。

だと、思っていたが。。。
辻褄が合わないことが出て来た。

ミッシェル・ポルナレフの東京公演が1973年にあって、それに先立って民放で夜流れたライブ演奏(たぶん、1972年公演)を録音していたことを考えると、1973年にはすでに知っていることになる、から、もしかすると1972年、つまりは小学6年生の時だったかもしれない。
ま、誤差の範囲かもしれないんだけれど、結構重要な気がする。
人生の中で初めて買ったカセットテープに、この民放で流れた1972年11月20日の公演が入っているから。
火の玉ロックとジェニジェニが入った放送が。
のちにこの人生初めての貴重なテープは廃棄してしまっているが、本当に勿体無いことをしたと思う。

そして、それから20年も経ったある日、当時お付き合いをしていた方から、そんなにポルナレフが好きならと、1972年の公演のレコードをプレゼントされることに。

いやー、全く、まとまりませんな。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
トラックバックURL : https://wofnaka.exblog.jp/tb/238535813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by WofNaka | 2018-05-21 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka