World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

カテゴリ:日記( 479 )

様々な経験を

 半世紀を生きてきて、そう言えば、様々な経験をさせてもらった。

 これは、全て、私の財産なのだなぁ。

<住む>
 ・両親がいる自宅(実家)に住む
 ・学生時代の下宿
 ・学生時代の兄弟でのアパート住まい
 ・就職して会社の寮で生活する
 ・寮を出て一人でアパート住まい
 ・結婚してアパート住まい
 ・マンションを購入しての住まい

<働く>
 ・学生時代のアルバイトは1つだけだったけど
 ・社員として就職
 ・アルバイトのような、でも給料をもらう仕事をする
 ・課長として働く
 ・派遣社員として働く
 ・アルバイトとして1年働く
 ・嘱託職員として採用される

<職場>
 ・1つ目の会社で引っ越しを経験
 ・2つ目の会社で設立を経験、引っ越しも
 ・3つ目のよくわからない職場で、引っ越しも
 ・4つ目の会社で倒産を経験、引っ越しも
 ・5つ目の会社で合併を経験、引っ越しも
 ・6つ目の派遣先で、何度も引っ越しを
 ・7つ目のアルバイトでは引っ越しはしなかった
 ・そして8つ目の職場での初日が引っ越しで、翌日はオープンを経験

<仕事>
 ・残業最高時間210時間、いつもいるね、って言われた
 ・給料袋が立ったことがあった
 ・有給休暇がたまって60日になった
 ・新人女性に徹夜をさせてしまった、それも2回も
 ・飛行機で東京ー福井ー田辺ー東京と飛び回った
 ・片道7時間で日帰りの出張もよくあった
 ・出張先で私が倒れたために休暇を貰えた同僚たちだった
 ・福井での2泊3日の完徹の後、東京に戻ってすぐに九州出張
 ・荷物と一緒に箱詰めで納品され1週間もの間、行方知れずになったことがあった
 ・職場には車で通った
 ・歩いて通った
   ・・・
 ・出退勤さえよければ何も問題がないんだよ、と言われ
 ・杖をついて出勤するなと言われた
 ・開腹手術後1週間で出社せよと言われた
 ・一人だけ何度も青酸燻蒸されてしまった
 ・おまえのために日程が遅れると言われた(違うのに)
 ・この報告は明日朝まででいいから、とやさしく深夜に言われた(寝るなってこと?)

<会社>
 ・会社内での引っ越し経験
 ・会社設立に関わる
 ・会社倒産(寸前)に関わる
 ・会社合併に関わる
 ・職場のオープニングに関わる

<11X番の方々など>
 ・寮生の体調不良で救急車を初めて呼ぶ
 ・道端に変に腰掛けている人が体調不良で救急車を呼ぶ
 ・通りの建物で非常ベルが鳴動。いつまでたっても鳴り止まないために消防車を呼ぶ
 ・職場の防火訓練で、110番、119番への電話の仕方を学ぶ
 ・当て逃げを目撃し110番通報する
 ・私が駐車違反をして110番通報される
 ・私の正しい駐車が駐車違反と勘違いされて110番通報される
 ・私の駐車場所に他の車が駐車していたと勘違いして110番通報する 勘違いは大家だった
 ・私の駐車場所に他の車が駐車していたので110番通報する 常習犯だった
 ・家まであと一歩のところで体調を崩し、さっきまでいた病院に救急搬送される
 ・掛ってはいけない病院に救急搬送される
 ・高速道路を幼児がいて、高速警察隊に急報する
 ・高速道路におおきなソファーが落ちていて、高速警察隊に急報する
 ・退院した夜に別な病院に救急搬送される
 ・取引先での会議中、体調を崩して救急搬送され一躍有名になる
 ・ボランティア先で深夜救急搬送される

<病気?>
 ・幼年期、はしかに罹った兄の傍で無常にも遊ばされるが、果敢にも移らなかった
 ・小学2年生、角膜炎と診断され、6年生までの学校帰りをほぼ毎日眼科に通う
 ・小学6年生、強制集団歯科検診で虫歯を10本近く抜かれトラウマになる
 ・中学1年生、指に震えがある事を教師に指摘される 半世紀もかかり全身の震えに発展する
 ・中学1年生、S字結腸が1回転しているのがわかる 大腸検査ができない
 ・中学1年生、貧血と診断されるが、以降女性の基準値内と判明
 ・大学1年生、体力測定でぎっくり腰になる
 ・大学4年生、友達から風疹をうつされる
 ・25歳の秋、クラインフェルター症候群(KS)と診断される
 ・25歳の頃僧帽弁閉鎖不全と診断される
 ・26歳の夏、急性A型肝炎で入院する
 ・32歳の夏心肥大疑いありと診断される
 ・35歳の春、自転車自爆事故を起こす
 ・41歳の冬、ハウスダストアレルギーと診断される
 ・42歳の頃、尿路結石と診断される
 ・42歳の頃、胆石と診断される
 ・44歳の夏、鬱病と診断され中期療養通院する
 ・45歳の冬、胆石のため胆嚢摘出手術を受ける
 ・49歳の秋、血尿が出て半年間悩まされる
 ・50歳の春、骨密度81%の骨粗しょう症と診断される
 ・50歳の春、睡眠障害と診断される
 ・50歳の春、歯の治療のため都内の大学病院に掛かる
 ・50歳の夏、頭部白癬と診断される
 ・50歳の夏、不規則抗体保持者とわかる
 ・50歳の夏、尿路結石で結石除去のため手術を受けるも失敗に終わる
 ・50歳の冬、尿路結石で結石除去のため開腹手術を受ける
 ・51歳の冬、上下15本の入れ歯が入る
 ・51歳の春、全身の震えが本態性振戦と診断されるが薬で鬱状態になる
 ・51歳の春、鬱でなく仕事の適応障害と診断される
 ・52歳の夏、右側腎臓に結石が見つかり経過観察中
 ・52歳の夏、肝機能障害がNASHと診断される
 ・52歳の秋、左足付け根の痛みであぐらが掛けなくなる
 ・52歳の秋、福島の足湯ボランティアに参加するも、深夜救急搬送される
 ・52歳の秋、手の震えのために履歴書が書けず、会社の応募を断念する
 ・53歳の夏、右側の五十肩になる
 ・54歳の夏、リウマチの初期症状と診断される
 ・54歳の夏、陳旧性肺結核と診断される
 ・54歳の夏、血尿と結石が出続ける
 ・54歳の秋、骨密度69%で骨粗しょう症と診断される

<スポーツ>
 ・小学4年〜中学3年生、卓球クラブに所属
 ・小学5年生、剣道を1年やった
 ・大学1年生、前期の体育で剣道を選択
 ・大学1年生、後期の体育でスキーを選択
 ・大学4年生、スケートを初めてやった
 ・社会人になって、最初の会社の社内の卓球同好会に入会
 ・25歳の頃、空手入門、入院で辞めた
 ・2つめの会社の時、有志で卓球練習を半年ほどやった
 ・自転車で奥多摩湖、秩父の入口、二子玉、大垂水峠などに行った

<旅行>
 ・1歳、母の背中におんぶされて東京に行く。汽車に乗るところ、三浦三崎の夕暮れを覚えている。
 ・小学1年生の春、1年生なのに保育所の時の格好をされて東京に行く。
 ・子供の頃、福島のハワイアンセンターと飯坂温泉に父の会社の旅行で行く。
 ・子供の頃、秋保温泉に父の会社の旅行で行く。
 ・小学?年生、家族で東京に行く。三浦三崎と中野の伯母さんのところ、高井戸の母の知人のところに行く。
 ・小学6年生、通っていたとなりの市の眼科から自宅まで歩く。多分、10kmほどかと。
 ・大学4年生、友人と長野旅行をする。
 ・23歳の夏、家族旅行で花巻温泉に行く。
 ・25歳の夏、レンタカーで両親と日帰りで遠野に初ドライブ。
 ・26歳の夏、レンタカーで両親と日帰りで宮古ー釜石にドライブ。
 ・26歳の秋、親戚らと榛名湖に旅行に行く。
 ・27歳の夏、最初の会社の社内旅行に行く。
 ・28歳の春、両親を連れて東北旅行に行く。初めての宿泊。
 ・28歳の夏、中国人の同僚とレンタカーで東北旅行をする。
 ・29歳の秋、両親を連れてレンタカーで十和田湖に旅行をする。帰りに道を間違えて鳴子温泉で一泊する。
 ・30歳の春、親戚らと両親とレンタカーで弘前の桜を見に旅行する。これが父との最後の旅行になる。
 ・32歳の春、同僚とマイカーで八幡平、田沢湖、十和田湖に旅行をする。
 ・33歳の秋、会社の旅行で初の海外旅行、パラオに行く。
 ・34歳の冬、阪神・淡路大震災の2日前、バスで兵庫、大阪に行く。
 ・35歳の夏、友人らと鬼怒川温泉に旅行する。
 ・35歳の冬、会社の旅行で箱根に旅行する。
 ・36歳の夏、友人と湯河原に旅行する。
 ・36歳の夏、友人と東北旅行に行く。
 ・36歳の秋、婚前旅行で家族で淡路島に旅行する。
 ・37歳の秋、家族で軽井沢に旅行する。
 ・38歳の秋、義両親と家族で東京湾クルーズに出かける。
 ・39歳の夏、義両親と家族で北海道旅行に行く。
 ・39歳の秋、義両親と家族で山梨旅行に行く。
 ・41歳の秋、家族と友人と河口湖に出かける。
 ・47歳の夏、夫婦で羽田空港ホテルに宿泊する。
 ・48歳の春、夫婦で羽田空港ホテルに宿泊する。
 ・50歳の秋、友人を三島に訪ねる。
 ・51歳の秋、家族のうち3人で帰省する。
 ・52歳の秋、友人と国見温泉に旅行する。
 ・56歳の夏、いとこ会で松島に旅行する。
 ・56歳の夏、高校の同級会があり帰省、2泊する。


 まずはここまで


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-09-26 20:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

インラインホッケー

いつもの帰宅時の南武線。

最後尾に乗る私の前に、乗降客の移動に注意しながら注意深く、大きな黒いバッグを抱えるようにして立っている女性がおりました。
いつもなら自転車を折りたたんでバッグに入れて乗っている人がいるのですが、今日の方のは自転車が2台は入るほどの大きなものでした。
そしてそのバッグからは長い棒が飛び出ていました。

なんだろう。

興味が一旦湧いて来ると、もう止められない。

自転車の人にも声をかけることがあるが、今日も、もう声をかけずにはいられなかった。

長い棒は、明らかにホッケーで使う道具。
それで思いつくのはアイスホッケーしかない。

アイスホッケーですか? と聞いた。

でも違うのね。
アイスホッケーとルールなどがほぼ同じ、インラインホッケーというらしい。初めて聞く名前のスポーツだった。

一旦、声をかけてしまったら、もう止まらない、わからないこと全部聞いてしまった。
試合が終わって、今日だけは自宅にその装備を運ぶんだそうな。

みんなこんなに荷物が多いの?
いえ、私はキーパーだから、と。

そんなに体格が大きい人ではなかったし、腕っ節も強そうではなかった。

どうしてキーパーになったの?
他にやる人がいなくて。

あー、そういう時に、自分から志願する人なんだなぁ、とその人柄に惚れた。

もう止まらないのよ、いろいろと聞きたくて。

高校生の時は何をやっていたの?
バレーボールを。

いやいや楽しい。
新しいことを聞くのは実に楽しい。

ほとんどのことを聞いて、最後に聞いたのは、
オリンピックにあるの?
ないんです、とのこと。

そっかー、ないのか。
ちょうど4年生の時にオリンピックの計算だ。
でもまぁ、まだ若いから次のオリンピックで種目になるかもしれないしね。

いろいろと聞いてしまってごめんね、と言って、応援してますから、と言って別れた。



いやー、新しいことを聞くって楽しい。
これからアイスホッケーだけでなく、ちょっと新しいスポーツにも目を向けていこうかな、と思いました。

頑張れ! 日本◯◯大学。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-09-21 21:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)

3人のポルナレフ

中学生の頃から歌詞の意味もわからないままにずーーーーーーっと半世紀ほど聴いているミッシェル・ポルナレフ。

当時は、あの独特なメガネ姿だった。
ずーーーーーっと素顔を知らぬまま、つい最近になってYoutubeを見るようになって、やっと素顔を知ることになる。

そして今、70歳をすぎたポルナレフ。
最近は、ポルナレフファンとのSNS上での交流もあって、新しい曲を知ることもある。


この私にとっての3人のポルナレフ。
もちろん同一人物であるが、まだまだ見慣れない人でもあって、違和感があるんだなぁ。

何が好きで、歌詞もわからずにずっと聴き続けているのか、というのもあるが、何か、ずっと私の体の中で心地よいものがあるんだろうと思う。


ところで、私は高校の時、ブラスバンド部に所属していたのだが、その時に時々訪れて指導してくれた先輩はポルナレフに似ていたな、と思う。
同じようなメガネしてたし、見た目、ポルナレフだったなぁ、と。
あの方も、もしかしたらファンだったのか。



さて、半世紀近くもずっと聴いてきて、そして、卒業の寄せ書きに、ポルナレフの歌詞を引用し、そんな青春を共に過ごしたポルナレフだったけれど、好きではない曲もあったし、ベストを聴くならこの曲は必ず入れる、という曲もある。でも、きっと歌詞を知ったなら、好きになる曲もまだまだあるんだろうな、って思う。
これからは、歌詞を知って、もっと聴き続けていきたいと思う。

そうそう、今日、7月3日はポルナレフの誕生日とのこと。今年で74歳。

私とは、17年違う。


ミッシェル・ポルナレフさん、誕生日おめでとう。
これからも、長く、歌丸さんのようにとは言わないが、元気で良い歌を歌ってくださいね。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-07-03 21:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)

洋楽との出会い1

私が洋楽と初めて会ったのは。。。

たぶん、中学1年生の頃だと。
実家の離れ(家を建てる時に住んでいた、前の家を取り壊して作った部屋)が中学2年だった兄の勉強部屋になっていた時のこと。
その部屋には当時、兄が取得して使うようになっていたアマチュア無線機があって、私も影響で、それで遠く離れた地の交信を聞くためにその部屋を訪れていた時のことではないかな、と思う。

その部屋に、兄の友達が来ていて、そこで初めてミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」を聞くことになる。
たしか、楽譜が掲載されているギター関連の雑誌があって、そこに「ホリディ」と書いてあったのを記憶しているけれど、それが「愛の休日」じゃないんじゃないかな、とも思う。
でも、私の中で「ホリディ」という言葉が残ったことは確か。

同じ頃、ビートルズやカーペンターズ、レターメンも聴いているから、そのあたりが同時進行にはなる。

そして、私は、この4組のミュージシャンに、イ・プー、というイタリアのミュージシャンも加わった5組でこの後、聞き入っていくことになる。

1974年のこと。

だと、思っていたが。。。
辻褄が合わないことが出て来た。

ミッシェル・ポルナレフの東京公演が1973年にあって、それに先立って民放で夜流れたライブ演奏(たぶん、1972年公演)を録音していたことを考えると、1973年にはすでに知っていることになる、から、もしかすると1972年、つまりは小学6年生の時だったかもしれない。
ま、誤差の範囲かもしれないんだけれど、結構重要な気がする。
人生の中で初めて買ったカセットテープに、この民放で流れた1972年11月20日の公演が入っているから。
火の玉ロックとジェニジェニが入った放送が。
のちにこの人生初めての貴重なテープは廃棄してしまっているが、本当に勿体無いことをしたと思う。

そして、それから20年も経ったある日、当時お付き合いをしていた方から、そんなにポルナレフが好きならと、1972年の公演のレコードをプレゼントされることに。

いやー、全く、まとまりませんな。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-05-21 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ほてつ科

漢字で書くと補綴科。

今日は久しぶりの歯医者さんの日。
近所ではやってくれないので都心に出かける。

待合室で待っていたら、隣にいたおばあちゃんとその娘らしき人が、あれなんて読むんだろうね、って。

答えが出そうになかったので、横から「ほてつ」って読むんですよ、と。

そしていつものように、私とその親子でひとしきり話に花が咲いた。
 
なんでも、娘さん(私より年上かな)今日時間が取れて歯医者さんに同行できたから、今日は少し遅いけれど母の日にする、と宣言(笑)。

今日は何を食べてもいいからね。

おばあちゃん「子供は育てるものだねー」と感慨深げにつぶやいた。

孫娘はどうやら英語の勉強をしているらしかった。やっぱりしゃべらないとね、と積極的指導。
 
ほどなく、私の順番が来たので、Good day! と言いたかったけれど、お大事に、という余裕しか私にはなかった。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-05-15 20:12 | 日記 | Trackback | Comments(2)

腰骨ツンツン

今日の歯医者さん、都心まで出かけたけれど、家を出る時間がギリギリになってしまって、中央線の特別快速に乗ることに。
しかもギュウギュウ詰め。

嫌だなぁ、ってね。誰しもが思う満員電車だろうけれど、私は最近は特に嫌だ。
できることなら時間を気にせずに済むならば、ゆっくりでもいいから少し空間に余裕が欲しいものだ。

そして電車の中では、あ、これはきついだろうなぁ、という光景が見えた。

立っている人はだいたい3層になる。
座席の前に立つ人と立っている人の真ん中に立つ列と。

その真ん中に立っている女性の皮のバッグの端の尖った部分が、座っている人の前に立つ女性の腰骨付近を押していた。

すぐ横にいた私だったから、あー、痴漢と間違えられたら厄介だな、と思って、少しずつ離れようとするんだけれど、混雑しているから。

そのうちに、押されている人が少しずつ場所を移動する。

押している側の女性は携帯をいじっていて全く気が付いていない。
まぁ、だいだいそうだよね、こういうの気がつかないのは、▼性に多いよね、と思いながら。

押している方が降りたのは新宿駅だったけれど、押されている人が移動できたのはたったの10センチ。

腰骨から脇腹に移動したぐらいかな。

いずれにしても嫌だったろうな、と思った。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-05-15 20:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

出勤時の服装

数年前までは、スーツが基本で、暑さ寒さ対策として、スーツの下に工夫をしていた。

今は、スーツを着ること自体が希で、朝晩の気温に合わせて服装を選んでいる。

一番影響が大きかったのは、バイクに乗るようになってからだな。

もう、周囲が半袖であろうが、自分が寒いかもと感じたら厚着で出かけられるようになった。

今日だって、帰宅時間の気温の予報が17度だったからダウンを着て出かけた。

街ゆく人のなかには半袖の人も多かった中でのダウン。

以前なら結構、勇気がいる格好だけど、実際の帰宅時の気温は15度以下。

ダウンでもちょっと肌寒さを感じた。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-05-07 22:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

首が落ちてる!

今日、お昼を食べに職場から最寄り駅方面に向かって歩いていた時のこと。

道の途中に、何やら光るものがあった。

なんだろうと思って近づくと、先の尖ったものが落ちていた。
危険だから、とりあえず拾って、捨て場に困りながら歩いていたら、また同じ形のものが落ちていた。
そして、バス通りまでの間に数本のものを拾った。
ここまで来ると、その先が心配になる。

どう考えても、バス通りにも落ちていそうだったから。

果たして、その予想は的中した。

バス通りに三個のそれが落ちていて、トラックがそれを踏んで通っていた。

誰が何の為に、と思うのは仕方がないこと。

どうしたものかと、とりあえず職場に電話した。

釘が何本も落ちている、と。

そうしたら、電話に出た同僚から、首が落ちてるの? と叫ばれた。

いや、釘だから。

なかなか伝わらない。

くーぎー、やっと通じた。

道の途中に何個も首が落ちてたら、職場ではなく警察に電話するってよ。

結局、110番通報した。

その後、待っていると四人の警官が四方から自転車で現れて、私の個人情報をしっかりと記録した後でまた四方に散って行った。

私も事情を説明して、後は宜しく、と。

そして私は駅方面に急いだ。お腹が空いていたから。

そしてまた、釘を見つけた。

あろうことか、直進が出来ない交差点で、そいつは直進したらしい。

すぐに、もとの場所に警官を呼びに戻る。

今度は、警官と一緒にそのまま駅方面に向かうと、やはり落ちていた。

駅に着いたので、今度こそ警官に、宜しくと言ったけど、その後どうなったかはわからない。

なぜ、等間隔で、一個ずつなのか、なぜ、直進したのか、疑問だらけだ。

警官曰く、事件性はないと思われる。おそらく、自転車か何かではないか、と。

ま、事件性がなくてもいいんだけどね、とばっちりを受けて人が傷つかなければいいんだよ、私は。


さて、職場に戻ったら、首が落ちている事件として、しばらく騒がしかった。
[PR]
by WofNaka | 2018-04-05 22:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)
なんて情熱的なんでしょう。
職場に昨日プレゼントされた花の花言葉です。
 
私の人生の中でも花の名前は何度も聞いていたものの、その花を見たことは、おそらく初めて。
プレゼントして下さった方は、すぐに帰られたので、その花の名前は職員の誰もが覚えておらず。
職場に来る方々に、この花を知ってますか? と尋ねるも、どなたからも わからないとのお返事。本当になぞでした。
 
今日、職場でイベントがあって、そこに参加された親子のお母さんにダメもとで聞いたところ「アネモネ」と即答。花屋さんの方でした。
球根の花で、この季節の花でした。

でも、ネットで調べて見ると、謎が多い花のようだし、毒があるという記事も見受けられました。
切った時には、茎から出る水などに注意ということが書いてありました。
 
やはり綺麗な花にはトゲがあり、情熱的な花には毒がある、ということなのでしょうか。


a0265144_21070634.jpg


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-03-17 21:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

私と狛江市との関係

私の今の職場は狛江市にあって、今でこそ、毎日仕事に出かけているけれど、実は、私と狛江市の関係はかなり昔からある。

①北の端っこにある大学病院が私を受け入れてくれる貴重な病院。何回入院して手術を受けたか。そして家族にとっても。
②知人がその大学病院の近くに住んでいて、毎月のように通ったことがあった。
③音楽系の友人がさらに少し離れたところに住んでいる。
④ある方の実家が、ほぼ中心地にあって、一度挨拶に行った。
⑤国立・立川方面から多摩川沿いに下って品川方面にアクセスするルートを探っていた時に水道道路を利用していた。
⑥国立・立川方面から多摩川沿いに下って蒲田、大井埠頭方面にアクセスするルートを探っていた時によく抜け道として利用していた。
⑦⑤⑥を走っている時に、桜がきれいな道があって、今そのそばに職場がある。

面接に行った時に、そこがあまりにもふだんから利用していた道沿いにあって、驚いた。

今は仕事で自転車で走ることもあるけれど、きっと、以前の方が縦横無尽に走っていた気がする。
そして、今は、そこが職場なのだよね。

a0265144_23225399.png



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-03-07 23:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

by WofNaka