World of Naka-chan

wofnaka.exblog.jp

1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka

ブログトップ

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の抱負 2018年

今年は。。。自分のスタンスを守って、ペースを崩さない。

【仕事】
 自分には合っているはずなのだ。自分の良いところを延ばそう。
 そこを信じて進むのみ。

【バイク】
 通勤、通院、買い物以外みたいな走りをする。
 無線機も付けるし。アンテナも作って付ける、

【アマチュア無線】
 アンテナを作る。1200MHzの測定器を購入する。
 アマチュア精神をさらに発揮して、無線やるぞー。

【社会活動】
 昨年に引き続き自分で抱え込まないようにしよう。

【クラインフェルター症候群(KS)】
 自分のスタンスを守る。ペースを崩さない。CSも。

【主夫】
 できるところからコツコツやろう。

【病気】
 年々増えていく。できないことが増えていく。
 なかなか精神的に厳しいところではあるけれどだ。

【ホームページ関係】
 ホームページは作らない。仕事だけにする。

【勉強】
 英語を毎日コツコツとやる。

【ライフワーク】
 ・東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…
 ・弱い立場中心の世の中に
 ⇒引き続き、まだまだ長い道のりだけど、思いは続くのだ。


「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-01-03 18:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ヒグマ対策

国内では、特に北海道にいるヒグマが人を餌にする動物だと思っています。

もっとも、ここ1,2年では北海道以外にも生息するツキノワグマも驚異ではありますが。

そして、私は、このヒグマとの出会いがとても怖く、北海道に行くこと、北海道に宿泊することが怖くてしかたがないのです。

今日は、そんな北海道の山間に出かけています。

なぜ、こんなところに出かけているのかは、自分でもわかっていません。

そして、その「やまあい」の側を、鮭が遡上する川も流れているんです。

今は冬で、周囲は雪化粧しているんです。ヒグマも冬眠の時期ではありますが、そんな中でも大正時代にせい惨な事件が起きていますから、油断はできません。

そんな山間で何をしているのか、って?

ヒグマ対策で、来ているんですよ、よりによって。

もう一刻も早く、ここを立ち去りたいけれども、そんなに簡単にできる作業ではありません。一冬かかるかもしれない工事です。

それを、なぜか私一人で担当しているんですから困ったものです。

川から山に向かって登っていく坂道のまん中に、丸太ん棒が刺さっていまして、そこに有刺鉄線が張られていて、それで、万が一、ヒグマと遭遇したときにわずかでも命を長らえるために使うらしいのです。

ヒグマに有刺鉄線が効くかなんて、私には理解を超えます。

まったく効かない気の方が大きいのですけれど、地元の方々はそうしているようです。

私の作戦は、とりあえず木に逃げる、そして木の上に人が入れるほどの枠を作ってそこに逃げ込む、というものです。

そして、手近にある木に登れるようなさらなる丸太を調達して、配置するように、さっき指示を出したところです。

さて、どうなるんでしょうね。






そこで目が覚めました。

しかも、ヒグマって木登りが上手だったな、と今気がついたところです。


そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-01-02 22:20 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

仕事始め

例年より少し早めの仕事始めになった。

でも、今日は、少し早めに終わるみたいだし、実際には出たい人だけ来ていい、みたいなそんなラフな仕事始めだったけど、みんな来ちゃうんだよね。

フフフ。

そんな和やかな雰囲気での仕事始め。

本当にいい職場だと思うよ。



でも、今日は、みな、何かに忙しく動いている。
ま、仕事始めだから、なんだろうけれど、なんていうか、別なレベルでの雰囲気なんだなぁ。

いつもと変わらないのがうちのボス。マイペースなボスです。

若い正職員は、朝からのお客さん対応なのか、ちょっと余裕がないみたいで、すぐに打合せに入っている模様。

嘱託の私と同年代の職員と私は、小さい窓際の机の領分争いをしていた。

最初は、私の方が優勢だったんだけど、私がパソコンなんかをいじくってちょっとの間、隙をみせて戻ったら、すっかり挽回されていて、結局、私は4割ほどの領域になっていた。まぁ、仕方がないか、仕事の量も違うもの。

そして、もう一人の年輩の職員は、建物の外回りを中心に、なにやらガサゴソと忙しい。まぁ、いつもの光景だった。


私は、自分の領域の確保に失敗して、挽回のチャンスがないことを知ると、休憩に入ったらしい、若い正職員に声を掛けた。

でも、キリっとした鋭い目つきで睨み返された後で、こう言われた。

今日から別な部署になったのよね、私。今、研修を受けているんだから、声をかけないでね。って。


ちょっとびっくり、大きくがっかり。


そして、あー、年と共に、職場も変わっていくんだなぁ、と思ったら、次の夢で起こされた。



そんな初夢だった。
いやな予感がしちゃうよね。こんな夢は、すぐさま他の人にばらして、正夢にしちゃダメだよね。



そんな夢を見た。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-01-02 15:30 | 夢の話 | Trackback | Comments(1)

by WofNaka