<   2018年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

本当に簡単なのかどうかを確認するために

あ〜んなに敬遠していたホームページ作りですが、最近、いろんな人から、これ簡単だよ、って教えてもらったりするので、【本当に簡単なのかどうかを確認するために】いろいろとチャレンジしています。
ホームページを作りたい、という声が多いのですが、よく話しをしてみると、ブログで足りたりする場合もあって、そこはじっくりと話を聞いて対応してたりします。もちろん職場での話ですがね。
でも、自分でも作ってみないと話が続かないこともあり、一念発起して、先日はWixで掲示板を、今日はアメーバオウンというのでここと同じ名前の写真専用ブログ(WofNaka)を立ち上げてます。
 
で、本当に【簡単か】ということですが、言葉を知っていて、なんとかできるレベルかなと思います。なかなかこれを、誰にでも【簡単】なレベルにしていくのは大変です。
 
そして、実は一番大変なのが、作ってからになります。
家も建てただけで、誰も住まなければ、どんどん使えないものになっていきますが、あれと同じ、ってことです。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-02-27 20:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

元同僚

近所を歩いていると、年に何回かか、何年かに1回か、昔の同僚の会うことがある。

昨日も、まさにそんな感じで、道を歩いていた元同様にばったりと出会った。

いつ会っても昔のままのそいつ、多少年は取ったかもしれないけれど。

そしていつものように路上でお互いの近況を語り合ったり、職場の状況を教えてもらったりしていた。

で、いつもならここで、じゃぁ、と言って別れるんだけど、今回は、懐かしさが先に立ってしまって、付いていってしまったんだな。

そして、途中、当時の社長の家の前を通り過ぎようとした時、大きなワゴン車が止まっていて、中が賑やかだったので、つい覗いてみたら、社長を中心として昔の懐かしい顔ぶれがそこにいた。

何のイベントなのかはわからなかったけれど、懐かしさが先に立ってしまっていたし、社長とお話したいこともあって、つい車の中に入ってしまった。

元同僚たちはきさくに中に向い入れてくれていて、一番奥の席で、久しぶりに話に花が咲いた。

と、ところでそういえば社長は、と見ると、すでに車の中にはいなかった。

あー。やっぱり、私と会うのが嫌なんだな、と思ったから、特に何も言わずに、走っている車の中で、おしゃべりを続けていた。

しばらく走ったところで、そろそろおいとましようかと、言葉に出して、適当なところで車を止めて欲しい旨を伝えたら、止まった場所は、社長の自宅の前だった。

そして、中に通された。

玄関の奥の部屋では、灯りがぼんやりと点いていて、なにやら読経のようなものが低く長く聞こえて来ていた。

元同僚たちに何があったのか聞いたら。。。

社長の奥さんと娘さんが、昨日亡くなったんだよ、って。
私はびっくりして、声がでなかった。
社長の奥さんと小さい頃の娘さんも知っていたから。

二人同時に、なんで、と思ったら、自宅にある回転式のベッドに挟まれてしまったらしい。

そして、その時、ふと思い出したのは、あ、その回転式ベッドって知っている。
社長のお宅に呼ばれた時に、あった、あのベッドだったから。
今日、これが届いてね、ということで見せてもらったものだった。

あー。あれで、こうなっちゃったんだ。

社長は、私と会いたいとかそういうレベルではなく、忙しい、心に余裕がないだけだったんだなぁ。と思って、私も社長宅を後にした。






そんな夢を見た。


社長宅でベッドを見せられたのも、もちろん夢なんだけど、何年か前に見た夢も、ここで思い出すことになった。
それにしても、なんてリアルな夢が続くんだ。

最近の夢は、本当に、自分の近くの人たちがたくさん登場する。
夢の中で、私は、たくさんの人たちと出会えている。

そして、私は寝ている最中に息ができなくて、何度も寝返りを打っている記憶もあるんだな。

ま、それも夢かもしれないんだけど。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-02-27 10:00 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

トイレの話

女性用のトイレは、入る機会がほとんどありませんし、おそらく、記事にはならないんだと思います。

男性用の場合、例えば、洋式トイレしかない施設の場合の話ですけどね。

用の足しかたとしては、便座を上げて立ってやる方法と便座に座ってやる方法の2種類に分かれると思うのです。ふつう。

便座に座ってやる場合は、それほど汚れる要因はありませんが、たまに、あれのサイズや向きによって、尿が便座と本体の隙間から出てしまって、床を汚すことがありますね。私は結構やっちまいます。家でですが。暴露しちゃうと。考え事をしている時なんかにです。もちろん、掃除はすぐしますけれどね。

便座を上げてやる場合は、なかなかこれは技術を要します。
男性専用のあさがおの場合は、かなり前進することで、射程範囲が広くなりますから、距離も短くなるので、理論的にはそこの範囲内で収まるのですが、洋式を利用して立ってやる場合には、なかなかあの枠の中に入れるのは大変です。オリンピック出場レベルです。

おちんをホースのように考えてしまうと、それほど難しいように思えないかもしれませんが、なかなかどうして、そんな長くも大きくもないわけですからね。
しかも、尿は、ある意味、ほとばしるように出ますから、そうなると、出口の形状にもよりますが、扇状になる場合とか、いろいろと大変です。
また、尿道の状況でも、勢いによっては別なルートを通ってしまってうまくいかない方もいるわけです。

写真なんか載せられませんから。説明が大変ですけどね。

さて、そういう難しさの話をしたくて、この記事を書こうとしたのではありません。

どういうことが男性用の洋式トイレで起きているか、という話です。
①用を足した後で水を流さない。
②トイレの電気を消さない。
③足下を汚してしまう。
④便座に尿が付いてしまう。
などなどですね。

①は、責められません。最近のトイレは技術的に進んでいて、人がその場を立ち去る、または便座に重さが掛からなくなると、水を流してくれる。
それだけではありません。最近のトイレは、トイレに入ると蓋が自動的に開いたり、時間が経過すると、蓋が閉じたりするのがあります。
義両親の家のトイレに入った時は、そうなったことを知らされておりませんでしたから、思わず、「こんにちは」とトイレに言ってしまった私です。

②も、コンビニとかのトイレや最近できた施設のトイレは、人が入ると勝手に点灯してくれます。だから、これも責められません。

③これは、気がつかずにトイレを出てしまったり、気がついても意に介さないのかもしれませんし、まぁ、これも酷くなければ責められることでもありません。汚れていたら、次の人がきれいにすれば良いことなので。

で、④なんですが。。。
なんでそんなことが起きたのか、ということから始まりますよね。
便座を降ろしたままで立って用を足した、ということはわかるのですね。
でも、なんでそういうことになったのかがわからないわけですよ。わざとやっているようにも思えないのです。

ま、これは、つまりは職場でのトイレの話をしているんですけどね。

誰でもいつでも(開館していれば)トイレを使っていいですよ、って書いてあるから、誰でも使っていいことになっています。

最初①も②も気になってました。
でも、最近のトイレがそうだから、きっと利用した人も、普段そういうトイレを使っているんだろうな、と、うらやましいな、とさえ思い込んでしまえば、特に何の感情もわきません。③だって、普段から、利用する他の施設のトイレも、使った後で汚れていたら、自分の性でなくても簡単にきれいにしてはいるので、とりたててどうこうすることもありません。

でも、④だけはね、困りました。

実は、誰が使った後でこうなったのかはわかってました。
でも、それほど難しいことではないように思えたので、どうしてこういう使い方になったのかがわかりませんでした。
理由や原因がわからなければ対策の打ちようがないからです。

トイレの使い方を教えるにしても、外部の人が使った後で、トイレをチェックしに行って、汚れていたときにそれを説明するわけにもいかないわけですよ。

さて、どうするか、と言う話になりました。

ある職員が、便器に高さ的に届かなかったからじゃないのかな、と。

そこには私も気がつきませんでした。大人目線、上から目線だったから、気づかなかったんですね。
そう考えてみたら、とても納得がいく理由のひとつだったんです。
では、なぜ便座を上げなかったのか。

便器は、蓋と便座と便器で構成されていますから、蓋まで閉じてあれば、蓋、便座の2枚を持ち上げなければなりません。
大人にはなんのことない作業ですが、子供に、それに完璧さを要求できるか、ということですよ。

ところで、私は、座って用を足すのですが、自宅のトイレは、特に冬場は便座にヒーターが入っていて温かいのですが、付けっぱなしだと電気代に影響、つまりは私のお小遣いに影響するわけです。そこで、用を足した後は、蓋まで閉じることをしています。これによって、ヒーターのスイッチが切れるためです。蓋さえ閉めれば、省エネに繋がって、私の小遣いが少額なりとも増えることに繋がるわけですよ。

そして、職場のトイレにはヒーターがないのですが、つい、蓋まで閉めてしまうのですね。
職場のトイレは、男女共用ではなく、きちんと個室として別れていますから、男性用は特に蓋を閉めるまでしなくてもいいわけです。

なので、④の対策としては、便座を常に上げておく、でしょうかね。

もうね、トイレごときで誰も責めたくないんですわ。
結果はどうであれ、気持ちよく使ってほしいのです。






「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-02-26 21:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

あなた認知症でない?

昨日本社に久しぶりに出かけた。
今年になって初めてかと思うぐらい久しぶりに。
事務処理の為に、なんだけど。

まず、誰が事務担当なのかわからない。環境が変わると、慣れない私なので、それだけで困ってしまう。
ウロウロしていたら、足下に、何か落ちている。拾ってみると、手のひらに入るほどのマスコットキャラクターの人形だ。

やっと見つけた事務担当に、書類とマスコットを持って行き、書類を渡した後に、これ落ちてましたと言うと、超嫌な顔をされた。

拾得物の処理の仕方忘れたの?
そう言われて、850円と用紙を渡されて、警察に持って行けと、付け加えられた。
社内での拾得物のそれもマスコットを警察か?
とは思ったけどね、会社の規則なのかもしれない。

持たされたお金は、収入印紙代らしい。
書き方を確認してもらいに事務担当にまた行くと。
書き方はあっているけどね、あなた認知症だから、その担当者のところにも行きなさい、と同じフロアの担当者の方を指指された。

認知症担当者は、事務担当者より優しかった。ホッとした。

そのまま、外に連れ出されて、よくよく顔を見て驚いた。私の兄の同級生の女性だったから。
何年ぶりだろうか。そんな話をしながら、山の上にある建物の側に来た時だった。

ゴーって凄い音がしたと思ったら、とてつもなく大きな岩が、上空から落ちてきた。隕石だった。大きいために、すぐに落下地点は破壊され、衝撃波が襲ってきた。
こちらは、かなり離れていたから、直接的な影響はなかったけれど、山の下まで、真っ赤な炎が押し寄せていて、本社は炎の中だった。

認知症担当者は、私を放って、山の下に駆け降りて行ったけど、それは死ににいくようなものだったが、止める余裕もなかった。









そんな夢を見た。
最近の夢は、正夢が多いから、ちょっと心配なんだよね。
[PR]
by WofNaka | 2018-02-26 09:00 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

◎◎さん、元気?

最近はじめたSNSのニックネームを使って、「◎◎さん元気?」と言ってくる、職場関係の方がいる。

そう、私かもと思った、あなたです。

災害が起きると元気になる、あ、これは誤解を招くな。
災害への対応が得意な方で、あ、これも誤解を招くかも。

災害現場に出かけて苦労しながら、その地でやりくりして活動し、そのことで有名になった人、んーん、どれもうまく表現できないな。

ま、その人がですよ、被災地で、個人で集まってきたボランティアを集めて、グループ分けをしているんですね。
で、その中に、あきらかに完璧そうな装備な人を必ず3,4人置いて、それ以外のボランティアをさらに数人集めて一つのグループを作っているんです。

そこの場所を、病み上がりだけどまだ咳が酷い、つまりは私が、通り抜けていこうとしたら、こう言われた。

「◎◎さん、元気? 咳をしているようだけど、大丈夫。参加していいからね」と。


ほ、本当かよー。KNさん。こんなに咳が酷いのに、活動できるわけないでしょう。と思った私でした。





そんな夢を見た。

最近、職場で見聞きしたことが、即、その日のうちに夢に出る。
なんて単純なんだ。それとも余裕がない、ネタがないってことか。

正夢もあったりして大変なんだけど。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-02-20 13:17 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

散財

職場にいつも来て、ボランティアしてくれる方がいる。
自然なスタイルなので、そんな人がもっと出入りするような場所になったらいいかも、と思っている。

そんな中、私はその人にプレゼントしたいと思い、雑貨屋さんに来ている。
結構おしゃれな人なので、革製品の小物を買おうと思っていた。
つい、店員さんに勧められるままに一つ四万円もする商品を手にとり、そのオプションも付けたら、十万円を超えるものを買ってしまっていた。

あー、支払いが大変だなぁと思いつつ、リボにすればいいかと、とんでもないことを考えながら買ってしまった。










そんな夢を見た。

もちろん全て私の性だから。
[PR]
by WofNaka | 2018-02-17 08:58 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

こっちはボランティアなんだから

今日は、自治体の中に混じっての活動とその後で、次のイベントの打ち合わせもする予定。

こっちの団体は最近知名度が上がってきているので、ボランティアだけど、それ以上のものの要求もあったりする。

活動の方は、私が他団体に混じってその団体のメンバーとして活動することになっていた。

山の中の林道沿いに、その日見学に来る市民の席があるのだが、その列のすぐ後ろにゴミ置場が、いや正確には屎尿置場らしき場所があったので、どうしようかと思っていたが、どんどんそこに置かれていくので、見守っていた。
男のあの形をしたウンとかもあって、変なんだけどね。

ところが後から、そのことが問題になった。

誰がやった、というよりも、誰がそれを放置したか、ということを。

当然、それは私の持ち場なわけで、でも、初参加の私を責めないのね、表では。目はこっちを睨んでいても。


そして、次のイベントの打ち合わせになり、仕事でも連携をとるTさんとの打ち合わせとなった。

今日の活動の責めを、ここでされた訳ではないのだろうが、終始、こっちの団体に向けた、しかも、組織内への批判をされて、正直閉口した。
そもそも、うちらはボランティアだから。
仕事じゃないから。

そこがわかってないのかね、というような、なんとも言えない嫌な話だった。











そんな夢を見た。
[PR]
by WofNaka | 2018-02-17 08:50 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

まさか、ヘッドハンティングされたと思っているの?

むかし、一緒に働いた同僚の訃報を聞いた。

くも膜下出血だったらしい。


一言で表すと、その同僚は、とても合理的なやつだった。

自分にとってよい職場を転々とした、というと悪く聞こえるけれど、そんなやつだった。

一時期、私と意気投合して、その同僚宅に行ったり、一緒に東北旅行したこともあった。

そいつがいたおかげで、私にとって初めての海外旅行のパラオにも出かけることができた。

その旅先で、言われた。

社会人としても技術者としても未熟だった私が、当時の社長に引っ張られて入ったことを、ヘッドハンティングされたと思っているのか、と問われた。

そして、そうは思っていなかったけれど、何も答えられなかった私だった。

社長が私を憐れんで引っ張ってくれたんだ、と言っているんだった。

面と向かってそう言われると、答えられないものなんだけれど、その言葉を思い出した。


その後、そいつが、亡くなるまで働いていた会社に出向した時に、私の技術の未熟が露呈して、私がドタキャンしてしまったために、何年かして、私は、社長に引っ張られた会社を辞めることになったし、その後、そいつは出向先の会社に就職したことを知った。
つまりは、社長を裏切り、私も辞める方向で社長を裏切ったわけだけど。

ま、人は必ずいつかは死ぬものだけれど、一番、死という言葉がにつかわないやつだったなぁ、と思う。


冥福をお祈りします。

その人の写真を載せておきます。
a0265144_13320779.jpg





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by WofNaka | 2018-02-01 23:55 | 日記 | Trackback | Comments(2)

地獄の使者か

私の職場は、中地下で、少し古風な窓ガラスのかなり広い部屋だ。

そこかしこに本棚があって、通りに面した小さいドアからは、ベルを鳴らすでもなく、人が勝手に出入りしている。

まるで私が見えていないかの如く、ここの本は、本当に勉強になるんだよ、なんて独り言のように言いながら。

私は、裏口から外に出て、川の堤防伝いに、職場から街に入ろうと思った。

街の一角では、筋肉もりもりの男達がたむろして、一心不乱に集団で踊りを踊っている。

そんなところを避けたかったから、さらに堤防を進んで、ちょっとした路地を見つけたから、そこを通ろうとして下を見てギョッとした。

足下には深い深い穴が掘られていて、そこを、さっきの男達とは違った、黒い人、というのか、地獄の使者とでも言うのだろうか、ともかく不気味な集団が走っている。

あわてて、落ちないように足を止めるんだけど、そこをクリアしないと街に入れないんだな。




そんな夢を見た。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-02-01 23:44 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

5才の経営者

結構、手広く商売をしている店があるようで、出かけたんだけど、その経営者が5才児なんだよね。

窓際のソファーに、ゴロンと横になって指をくわえながら、大人顔負けの的確な指示をだしていったり、いっちょ前に非難したりする。

目の前にいるのが子供でなければ、本当に、有能な経営者に見えるんだが、どうしても、そんな子、好きになれないんだな。





そんな夢を見た。



「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-02-01 23:35 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)


1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka


by WofNaka

更新通知を受け取る

最新のコメント

コメント追記です。 ..
by WofNaka at 23:23
てるさん こんにちは。 ..
by WofNaka at 23:20
こんにちは  いろいろ..
by てる at 20:42
hirosi906さん..
by WofNaka at 17:02
お久しぶりです。 仲睦..
by hirosi906 at 22:37
これは正夢になりました。
by WofNaka at 22:46
姐さん こんにちは。 ..
by WofNaka at 22:57
私も、今の会社に拾われた..
by なおぼんR at 18:13
ね。 まず家内もハムで..
by WofNaka at 10:37
どうして奥様は電鍵のある..
by なおぼんR at 22:51

カテゴリ

日記
夢の話
アマチュア無線
バイク&無線
災害&ボランティア
病気
震災タイムライン
ご挨拶

お気に入り

フォロー中のブログ

杏ダイアリー
やさしい時間
マリちゃんワールド
ホッと Photo Life
【徒然なるままに・・・】
心のままに 感じるままに2
元気がイチバン!
大弁如訥

記事ランキング

以前の記事

2019年 12月
2018年 12月
2018年 11月
more...

検索