<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

LeadEX110のバッテリーを外してみた

家内のバイクのエンジンが掛らなくなって、どれぐらい時間が経っただろう。
すぐにチェックすると、熱中症になりそうな気候だったから、たぶん、7月ぐらいじゃないかなぁ。

やっと涼しくなって、天気も良いので、やっと重い腰をあげた。

参考にしたサイトはこちら
とても詳しく書いてあって参考になりました。

順を追って作業を説明しますね。

1。作業前のバイクを正面から

a0265144_15043652.jpg
 まな板の鯉、というのでしょうか。
 バイクはそうだったかもしれませんが、私には、無事にここまで戻せるのか、という一抹の不安があります。

2。ネジを外していく
 ここは、参考にしたサイトをご覧ください。
 ネジはきつく締めてありますから、山を壊さないように、大きめのしっかりとしたドライバーを使うのがいいですし、幾分、体重をかけて回すとカチッという音とともに緩みますので、慎重に、バイクの中に落とさないように作業しましょう。
a0265144_15073866.jpg
 カバーを外すのが大変でした。
 爪を壊さないようにしなければなりませんでしたが、参考にしたサイトに書いてあるように、下方向にずらしたら外すことができました。
 根気強く、ゆっくりと、上の方から少しずつ隙間を作って、少し揺らしながらやったら、外せましたよ。

 外したカバーはこちら。(裏側からの撮影です)
a0265144_15095013.jpg

3。カバーを外したら

 カバーを外したら、参考サイトの様子とは違ってました。
 バッテリーの位置が、正面から見て、左側に寄っていたのと、バッテリーを止めるネジも違いました。
 なので、ここからは、こちらの記事で。

4。バッテリーの電圧は?

a0265144_15131414.jpg
 7Vでしたね。放っておいてしまいましたからね。
 通常は13Vぐらい欲しい電圧なのでね。

5。バッテリーを外します

 5−1。マイナスから

  定石通り、マイナスから外しますが、端子のところがボロボロになってますね。これを見て、バッテリーへの補充電をやめて購入することに決めました。
a0265144_15143767.jpg
 5−2。プラスも外す
  プラスを外します。こちらの端子はそれほどでもありません。やはりカバーの威力でしょうね。
a0265144_15161793.jpg
  ここでの注意は、外した端子(線を)バッテリーに触れないようにしておくことですが、このバイクはそれほど難しくなさそうですね。

 5−3。バッテリーを押さえている金具を外す

  初めは、押さえている1箇所のネジを緩めるだけで金具が外れると思っていましたが、甘かったでした。
  結局、そのネジを取ったら、はるかに簡単に金具を外すことができました。
a0265144_15204851.jpg
a0265144_15211642.jpg
  少しわかりにくいかもしれませんが、奥の方で四角く見えるところを、その先のフックにひっかけてバッテリーを押さえるようになっていました。

 5−4。バッテリーを外す
a0265144_15232218.jpg
  満身創痍なバッテリーでした。

  

  今までバッテリーが入っていたところです。
a0265144_15235464.jpg

 念の為、バッテリーの金具
a0265144_15243710.jpg
6。今回の作業で使った工具と外した部品たち

a0265144_15255110.jpg
  ドライバーは、もう少しもつところが太くて、ちゃんとしたやつの方が力が伝わっていいと思います。

7。バッテリーを購入するまで、一旦カバーをすることに

  手術で言えば、悪いところは取ったけれど。。。のような感じですかね。
  ネジとカバーを取り付けていきますが、カバーはしっかり嵌めていません。外す時にそこがとても難しかったから。ゆるく入れて、ネジもゆるく締めてあります。
a0265144_15284421.jpg
  なんとなくなって見えますよね。

8。こんな時だから、ついでに

  私が乗っているPCXのバッテリーの電圧もチェックしました。
  こちらは大丈夫そうでした。
a0265144_15295882.jpg
  ま、これぐらいないとね。


さて、次回は、いよいよバッテリーの取り付けですが、その前に、購入しないと。
お楽しみに。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2018-10-30 21:01 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)

背後から拳銃で

施設に来る人にはいろんな人がいて、その来館する人を選んだり拒んだりはできないのが普通。
そしてきた人に対応をするんだけれど、

今朝は、障害を持っていると思われる女性が訪ねてきた。

私にさかんに声をかけるんだけれど、ちょっと陰りがあって、そしてなんらかの誘いをかけてくる。

あー、嫌だなぁ、と思ったが、出かける用事があったので、その旨を伝えて出かけた。


交番に免許証の更新の件で相談に行きたかったんだ。
そして、交番にでかけたのだが、どうも様子が怪しい。

制服を着た警官ではなさそう。
若い男とその後ろに少し背が高い男がいた。

様子が変だったけれど、知らんぷりをして、免許証の更新について聞きたいことがあるんだけど、と若い男に声をかけた。
後ろの背が高い男が、若い男に向かって、それはお前が得意とするところだから、お前が対応しろ、と言った。

なんだかなぁ、そんな話があるのかなぁ。

嫌な感じがしたので、また来ます、と言って、交番から帰ろうと出口に向かった時だった。

なんか背後に嫌な予感が。
とっさに振り向いたら、若い男が私の頭に小さい拳銃を突きつけていた。

私は全く動けなかった。
逃げられないし、こんなところで人生に幕を下ろしてしまうのか、と、ちょっと残念な気分になった。

男に反撃する余裕もなくただ立ち尽くすことしかできなかった。





幸いなことに、そこで目が覚めた。

心臓の鼓動が異様に高かった。
今日は24時間心電図のホルターをつけていたから、きっとそこには心臓のデータとして残されたものと思う。

そして、命があってよかった。
嫌な予感がして振り向いてよかった、と思った。





そんな夢を見た。

「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-10-26 20:04 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

眠い

ここんところの毎週の4連続勤務で、さすがに4日目は疲れがピークになって、夜は泥のように寝てしまいます。

そして翌日、所属している◎のボランティアとしての活動です。
大きなイベントがあるらしく地域に混じっての活動のようです。

今日は、木を切ってね、と。
そしていきなりチェーンソーを預けられます。

一抱えもありそうな長さが20mは悠にあると思われる立派な木を1人で切り倒すのが、今日の活動らしいのです。
何本切れば終わりなのかも告げられず、どの木を切ればいいのかも告げられず、自分の判断で、あれやこれやを探しながら、1本にかなりの時間と労力を費やして切って倒していきました。

それがひと段落した。

今度は、プレゼンのデータができたというので、それを見て欲しいと言われて、建物の中に入った。
流され表示しているプレゼン資料が終わるまでもなく、字が小さい、流すのが早い、などなどダメ出しをしていく。
これを作った担当者が、私の、それでは文章を思いっきり削除していきましょうか、の言葉にガックリと肩を落としている。
いやいや、これからが楽しい作業の時間じゃないか、と声をかけようとしたら、もうその姿はどこにもいなかった。

仕方がないので、その建物の向かいにある建物を覗きにいくと、そこでは、出し物のダンスを大勢の人が練習していた。
あれ、これ、どこかで見たことがあるような。

そう、たしか1年ぐらい前にも同じようなものを見たぞ。
メンバーは少し変わっている、っていうか若返っているというか。
もちろん、馴染み深い方もいるんだが。
そして、監督、コーチらしい、いかにも指導者っぽい一団が前方に陣取っていて、上から目線でダンスを見ている。

私は、さっきの木の切り倒しの疲れか、いつのまにか寝ているんだけれど、ダンスをしている人たちの中で爆睡しているんだな。
起きようとするんだけれど、体が全く動かない。動かせない。

でも、ダンスをしている人はお構いなし。それをうまく避けながらダンスを練習しているんだ。

でも、そこでも私は言いたかった。
人が多すぎるよ! と。



そして、やっと体を動かして邪魔にならない場所まで移動して気が付いた。




そんな夢を見た。
眠いのだ。起きても眠い。足がつりそう。疲れたー。





「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ


[PR]
by WofNaka | 2018-10-16 08:49 | 夢の話 | Trackback | Comments(0)

台風の後の話

台風24号はすごかったですね。
そんでもって、台風一過の翌朝の天気がいいこと。

ところが交通機関、特に鉄道はあちらこちらでほぼ運転見合わせ。
今日は出勤日だったので、風も弱そうだったので、最初からバイクで行くことを考えておりました。

道路への落下物、倒木などがあることを想定してはおりましたが、まさか。。。

まさか道がことごとく渋滞しているとは思っても見ませんでした。
でも、余裕を持って、いつもよりも1時間以上も余裕を持って、2時間半も余裕を持っての出発でした。

その往路(赤矢印で)と復路(青矢印、一部往路と重なる部分は赤で)を地図にプロットしました。
a0265144_23425627.png

いつも以上にぐちゃぐちゃなのが私にはわかるのですね。
復路はいつもの道なのですが、復路は復路で、これまた想定外のことがあって。。。

一言で言うと、今回は、地元の車が入って行く道に、迷わず突っ込んで、付いていって、新しい道を覚えた感がありました。
もっとも、本当に、全く渋滞で動かない時しか使う必要がない道ではありますが、助かりましたよ。地元の方には。


そして、復路ですが、復路は、これほど気温が下がると思っていなかった私は、真夏の格好だったんです。
帰宅しようとして職場の外に出た私は、やばい、と思いました。
あまりに軽装で出かけてしまっていたからでした。

このままだと、途中の気温低下で手足が動かなくなる可能性が非常に大きかったんです。
でも、他に何も暖かそうな服は持っていませんでした。合羽以外は。

そこで、ダメ元で、合羽を着込んで、一刻も早く帰宅しようと思ったんです。
まだまだ職場では仕事をしている人もいましたけれど、ごめんなさい、と言って慌てての帰宅になりました。

そして、急いでいたために、往路で落ちているのがわかっていた大きな板を踏んでしまうという失敗をしています。
幸いなことに釘とかはなかったようで、パンクもせずに助かりましたが、気が付いた時には、すでに板を踏んでいた後でした。

あとは、2、3日前に土手の草刈りをしていたので、道路には草の塊がそこここに落ちていたので、なるべく道路のセンターライン寄りを走る、急カーブでは減速するなど注意しました。

往路では、コカコーラの2Lのペットボトルを危うく踏みそうになったのですが、前を走っていた軽のバンが、慎重に走ってくれたおかげで、僅差で避けることができました。

いやー、思った以上に大変でしたよ。




「にほんブログ村」に参加しています。下の絵、またはボタンを押していただけませんか。
[PR]
by WofNaka | 2018-10-01 23:53 | バイク&無線 | Trackback | Comments(0)


1961年生れ/東ニ病気ノコドモアレバ…西ニツカレタ母アレバ…南ニ死ニサウナ人アレバ…北ニケンクヮヤソショウガアレバ…/弱い立場中心の世の中に/陸前高田市が故郷 @WofNaka


by WofNaka

更新通知を受け取る

最新のコメント

コメント追記です。 ..
by WofNaka at 23:23
てるさん こんにちは。 ..
by WofNaka at 23:20
こんにちは  いろいろ..
by てる at 20:42
hirosi906さん..
by WofNaka at 17:02
お久しぶりです。 仲睦..
by hirosi906 at 22:37
これは正夢になりました。
by WofNaka at 22:46
姐さん こんにちは。 ..
by WofNaka at 22:57
私も、今の会社に拾われた..
by なおぼんR at 18:13
ね。 まず家内もハムで..
by WofNaka at 10:37
どうして奥様は電鍵のある..
by なおぼんR at 22:51

カテゴリ

日記
夢の話
アマチュア無線
バイク&無線
災害&ボランティア
病気
震災タイムライン
ご挨拶

お気に入り

フォロー中のブログ

杏ダイアリー
やさしい時間
マリちゃんワールド
ホッと Photo Life
【徒然なるままに・・・】
心のままに 感じるままに2
元気がイチバン!
大弁如訥

記事ランキング

以前の記事

2019年 12月
2018年 12月
2018年 11月
more...

検索